TOP > ネタ・話題 > アナーキー・イン・ザ・UD(1)|全宅銭湯部|note

アナーキー・イン・ザ・UD(1)|全宅銭湯部|note

21コメント 登録日時:2019-09-12 08:34 | noteキャッシュ

「こんなの着るの? で、ポーズ取れって? は、冗談でしょ?」 そう言っているのは、韓国語のわからない俺にもなんとなく伝わる。 「イルボンの男ってほんとクソだよね」 「マジで。どいつもこいつもキモいんだけど」 周りの女がそこに追従する。きっとこんなことを言っているはずだ。 敵意と軽蔑と嘲り。招かれざる客に対するむき出しの感情が女達の顔にはっきりと表れていた。 「うるせえっ!チャッチャと着ろよっ!!」 チワワを抱え...

Twitterのコメント(21)

文才凄いんだけど。
@zentaku1010|note(ノート)
今年目にした文章の中でも自分的にはナンバーワン。文句なし。

@zentaku1010|note(ノート)
@zentaku1010|note(ノート)

最後まで読んでしまった…
すごい。引き込まれるな

@zentaku1010|note(ノート)
かもめ君 ⁦@kamome81⁩ が風俗のライターをやっていた頃の回顧録。スゲえ笑えるんだけど最後少し演歌っぽくて良かった。みんな「いつまでもこんな事していられない」と思いながらも日常に押し流されていくんだよね。

アナーキー・イン・ザ・UD(1)|全宅銭湯部|note
UDだった。
良い、あまりに生々しい
少し昔、場末の東京。↓

俺は頭の中に流れる「寿司食いねェ!」のメロディに乗せてひたすらに原稿を書き散らしていく。

手コキ 足コキ 乳首責め
(ヘイ・ラッシャイ!)
アナル パイズリ パンスト 顔騎
(ヘイ・ラッシャイ!)
圧巻の読み応え。プロの仕事や。
ハードボイルドな情景描写と登場人物の洒脱な言い回しに唸るなど。| zentaku1010|note(ノート)
昔の西川口の香りがして、
郷愁と懐かしさで泣いてる
ヾ(´・ω・`)
「月号のゲラ刷りをぴらぴらと振ってみせる。紙面には弾けるような笑顔で女の胸を揉んでいる飯村さんが写っている。」
その紙面、どこかで見たことがある記憶が微かにあるようなないような気がする

@zentaku1010|note(ノート)
ハードカバーでの出版はいつですか。めちゃくちゃめちゃくちゃめちゃくちゃ面白い。

@zentaku1010|note(ノート)
令和元年下半期芥川賞受賞作品

@zentaku1010|note(ノート)
すごいクオリティ高いんすけど、、

@zentaku1010|note(ノート)
新庄先生の小説かと思った…1ということは続きあるのかな。
@zentaku1010|note(ノート)
変な人しかいない部

@zentaku1010|note(ノート)
アナーキー・イン・ザ・UD(1)
臨場感すごい
これはもう、作品ですね。

@zentaku1010|note(ノート)
内容面白いし文章のテンポ・ノリもいいw

@zentaku1010|note(ノート)
パソコンを立ち上げてから自動書記モードに入るまで、そう時間はかからない。俺は頭の中に流れる「寿司食いねェ!」のメロディに乗せてひたすらに原稿を書き散らしていく。

この感覚が分かる自分がいます…。

@zentaku1010
ひどい話を書きました。18禁です。

アナーキー・イン・ザ・UD(1)|note(ノート)
以上

記事本文: アナーキー・イン・ザ・UD(1)|全宅銭湯部|note

関連記事