TOP > ネタ・話題 > 【月額マガジン版】「賢さ」の正体|白饅頭|note

【月額マガジン版】「賢さ」の正体|白饅頭|note

18コメント 2018-09-07 12:46 | note.muキャッシュ

【月額マガジン版】「賢さ」の正体...

ツイッターのコメント(18)

信頼尺度に依存するのはわかる。だが順番は逆ではないか?。他人を洞察できる能力、仮にミスっても損害をリカバリーできる基礎スペック。これがあるから信頼尺度を上げられるのでは?
まぁ「鶏が先か卵が先か」とは思いますが。
QT
「賢さ」の正体|白饅頭 @terrakei07|note
@terrakei07|note(ノート)  信頼に足る相手の多い環境に身を置く事で信じる力が上がり、信頼できない人がもつ違和感に気が付くのかもしれませんし、高等教育の論理性や知識に意味があるのかもしれません。
「勉強が出来る奴はー金持ちはー美人はー性格が悪い」とか、そういうのは持たざる者を慰めるための阿片みたいなものだと思う。現実はもっと果てし無く救いようのない世界なんだ。
@terrakei07|note(ノート)
他人を信頼しやすい人は「相手が信頼に値する人間かを見極める能力」も兼ね備えていることが多いという不都合な真実
@terrakei07|note(ノート)

コミュ障という社会関係資本が貧弱な存在が信頼に足る人物である、と信頼尺度の高い人間のお眼鏡に適うには/あるいは社会関係資本を豊かにしていくにはどうしたら良いのだろう…
「できる人は何やってもそれなりにできる」案件

@terrakei07|note(ノート)
ヤンキー層は部族を形成する事で上流とは別の「社会関係資本」を構築する。まぁ結局「賢さ」とは無縁と言う話になるし、余所者をパージし続けるしかなくなるんだけど。そして一度そうなったら、その部族ルートから出るのは難しいよな。

「賢さ」の正体|白饅頭 @terrakei07
@terrakei07|note(ノート)
>高等教育の機会を平等に提供すること
全員が偏差値の高い学校に入れる道理が無い。何に付けても差は付くのだから、大人の評価基準に多様性を持たせるのが政府の目指すべき事だろうと思ってしまう。
山岸氏の反対の調査結果を示す文献はないのかな?

@terrakei07|note(ノート)
マガジン購読者は無料でアクセス可能です。マガジン購読者はこちらへどうぞ
一緒に仕事をした他社のリーダーさんが、自分の部下に対して「会話を否定から始めるな」と口を酸っぱくして言っていたのを思い出しました。
@terrakei07|note(ノート)
不都合な真実。紛れもない現実。
@terrakei07|note(ノート)
最後は環境云々関係無くなるけど、その最後に至れるまでの過程に良い環境が必要・・・ってのはここ最近の問題に良くあるオチ。
@terrakei07|note(ノート) 哀しい真実。
もうさ、雑に言うけど貧乏な人って何においても劣化人間なんじゃないの?
コレ個人単位で見ると不幸すぎるけど、もしかして人間という種の繁栄の為の自身への間引き活動なのかな..。
否定するより受け容れることから始めた方が大概何でも理解は進みますわな。
ちゃんと話を聞くとはそういうことかと。
他人を信じない人は、否定することのみを是としているので受容の幅が無く、結果協業が出来ないというのは割と見る光景ではある。
今日のnote、嫌すぎる。
「高学歴者ほど他人との信頼関係に恵まれ、騙されにくく、問題解決能力にすぐれ、社会的なスキルの蓄積も豊富になっていく。」ツイッタランドやはてな村の惨状を見てなほさう仰るなら私から言へることは何もない。 / “【月額マガジン版】「賢…”
@terrakei07|note(ノート)
経験則でなんとなく感じていた事が言語化されてスッキリした 「ちょろい人」というのは0か1かで人を判断していて量的な位置づけができない印象がある
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR