TOP > ネタ・話題 > 白饅頭日誌:5月24日「キモチップが描き出す『快適化する社会』のジレンマ」|白饅頭|note

白饅頭日誌:5月24日「キモチップが描き出す『快適化する社会』のジレンマ」|白饅頭|note

17コメント 2019-05-24 17:19 | note.muキャッシュ

チップの代わりに手書きでお礼を書く「キモチップ」がキモイと話題にゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 【簡単に説明すると】 ・チップの代わりに手書きでお礼を書く「キモチップ」がキモnews.nicovideo.jp  2015年3月に発売された文具「キモチップ(KIMO TIP)」が、なぜか2019年5月に炎上した件についての話だ。  そもそものところ、別に悪さをしたわ...

ツイッターのコメント(17)

「キモい」人間は24時間、365日、加害者であることを免れない。
どんなに清潔に、おしゃれに、立ち振舞い改めようとも。

@terrakei07|note(ノート)
不快感の発現閾値を下げている、かぁ…なるほどなー
@terrakei07|note(ノート)
5月15日の記事で書かれていた「無害で脱色される世界」における、脱色しきれなかった有害な人。それに似たものを感じます。

どこへ行くのかわからない。けれど、消えることはない以上、どこか見えない場所に行き着くことは間違いないという、得体のしれない不安があります。
@terrakei07
多少の不快を愛嬌もって上手にスルーする
『時代劇とかでよく見る看板娘ムーヴ』の復権は不可能だな。

『全ての商品が自販機で買える化』の方が不快避けのために実現しそう。
@terrakei07|note(ノート)

これ、余計な手間を増やす邪魔な客を思い出して自分も腹が立ったが、「キモい」という言葉に関しては一貫性を欠いていたな。
「キモチップが描き出す『快適化する社会』のジレンマ」|@terrakei07

> 「キモい」は「キモいという不快感を他人に与える加害行為」であり、キモい人間を遠ざけたり排除したりすることは「加害者を非難(被害を救済)しているにすぎない」と認識されているからだ。
@terrakei07|note(ノート)
またゲイボルグ案件か……
白饅頭日誌:「キモチップが描き出す『快適化する社会』のジレンマ」|白饅頭 @terrakei07
この炎上については何も知らなかったんだけどホント、キモ認定されると社会的に詰みますね。
この快適を目指す動きの果ては「孤立無援の群衆」という矛盾した社会なのでしょう。
@terrakei07|note(ノート)
世界はもう、心を峻別するゲーテッドコミュニティと化しているのか
そして、ゲートの中には誰もいなくなるという
気づかされてしまった
自分の行動と言動を省みてみようと思った

@terrakei07|note(ノート)
透明なおっさんになりたい。
@terrakei07|note(ノート)
@terrakei07|note(ノート)  個人的にはキモいかどうかより「小切手を模した」という形態の問題だと思ったな。「無償の善意」を有価証券の形にしてしまったのは端的に本末転倒じゃない?
モヤモヤしてたことを言語化してくれたって感じだ/ @terrakei07|note(ノート)
不快な存在を喜々として排斥しようと行動→悲しいかな、この行動が周囲から不快な存在認定されて周囲から誰も居なくなる→「私が理解されないのは周りが間違ってるからだ!」と認知を捻じ曲げ、手近なデカい主語を攻撃し始める、ってスキームやね。
@terrakei07
御田寺さんのキモチップ批判への批判よかったです。
>出された料理を賞賛したり感謝したりすることはもちろん「一目惚れをしたらさりげなく電話番号を……」といったことも、製作者からは想定されていたようだ(ちなみに「キモチップ」の考案者は中年男性である)。

いや、え?これ制作者公認だったの!?うわキツ……
今日のマガジンタイムですよ!!! / @terrakei07|note(ノート)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR