TOP > ネタ・話題・トピック > note > 白饅頭日誌:12...

白饅頭日誌:12月9日「努力との良好な付きあい方」|白饅頭|note

17コメント 登録日時:2018-12-09 17:03 | noteキャッシュ

白饅頭日誌:12月9日「努力との良好な付きあい方」...

Twitterのコメント(17)

ここ最近で一番納得した記事だった!
@terrakei07|note(ノート)
三月のライオンの山崎順慶の台詞を思い出した

@terrakei07|note(ノート)
以前、NHK のオイコノミアで、努力と運についてやってたのを思い出した。

@terrakei07|note(ノート)
@terrakei07|note


>――努力というのは結局のところ「運のよさ」を高めるための作業でしかない。
>来るかどうかもわからないチャンスがもしも来たとき、その成功率を高めるためのものだ。
「幸運の女神には前髪しかない」
努力して一瞬のチャンスをつかめるように備えるのです!

...この世に女神様がいるならいつかお会いしたいものですね

@terrakei07|note(ノート)
@terrakei07|note(ノート)
周りの人もそういう考え方だとなお良いよね。周りが古いと異端扱いで終了だもん。まあ考えを変える気は無いけど
努力さえしていれば良いわけではないが、努力をサボって良い言い訳なんかなかった。 // @terrakei07|note(ノート)
凄まじい努力をしていても、運と才能がなければチャンスがめぐってこない。

運と才能があっても、努力していなければチャンスをつかむことができない。

どちらにしろ努力は前提。

@terrakei07|note(ノート)
テンプレ的ですが私的に「努力」とは「我慢」「苦痛」と言った字句とほぼ同義ですな…。
日誌で書かれる努力の捉え方がもっと広まり、ストレスの軽減に繋がればと切に願う。
苦痛 @terrakei07|note(ノート)
@terrakei07|note(ノート)
努力というか、何かを行う際に、その効率的な模索が大事だとは思う

ただ、参加者全員がそれを行うし、そこに参加する早さや傾ける時間等が違うので(失敗ではないけど)負ける、と.
@terrakei07|note(ノート)
いろんな意味で今の自分にとても刺さる文章でした
@terrakei07|note(ノート)
>成功しなかった努力は無駄な努力
にならざるを得ない遠くてレアな夢を、向上心の名の下に追わされてる気がする。一般庶民は目の前を確実に一歩進むための努力で十分じゃないのか。
@terrakei07|note(ノート) 昨日の私のnoteとかぶる内容ですが、才能がある人間が全くサボらずに、才能がない努力をサボらない人間を追い越していく様は絶望的であった。
@terrakei07|note(ノート) "けれども、失敗や敗北は努力不足ではない。私たちが必死に祈ったにもかかわらず微笑まなかったこいつが悪いのだ。" 予告通り、今日は光属性だったので涙ぐんでも良いと思う。
@terrakei07|note(ノート)

人事を尽くして天命を待つ、ですかね

努力をする事自体は良いしするに越したことはないですが、だからと言って努力をした成功者が幸運に恵まれなかった事にはなりませんしね
よし、当たるまで努力しよう。やっぱりこういう話はどこででも聞くけれど(ちょっと失礼ですね、すみません)どこででも何度も聞きたい。

白饅頭氏だって、最初は無名だったのだから。
はい、それではマガジン更新です!! / @terrakei07|note(ノート)
以上

記事本文: 白饅頭日誌:12月9日「努力との良好な付きあい方」|白饅頭|note

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。