TOP > ネタ・話題 > 白饅頭日誌:11月14日「進路指導室にて」|白饅頭|note

白饅頭日誌:11月14日「進路指導室にて」|白饅頭|note

21コメント 2019-11-14 17:05  note.mu

白饅頭日誌:11月14日「進路指導室にて」

ツイッターのコメント(21)

白饅頭日誌:11月14日「進路指導室にて」白饅頭 @terrakei07 “社会心理学に「自己成就予言(あるいは予言の自己成就)」という語がある。他者から明示された予言に対して、それに沿った行動を取るようになってしまい、結果的にその予言が実現してしまうことを説明したものだ“
@terrakei07 辛い記事…しかし

> 私は思わず笑顔になってしまいそうになったが、下唇を噛んで必死に堪えた。

僕はここで笑って激昂させるタイプでした
₍₍ (ง ˆᴗˆ)ว ⁾⁾ワァー
@terrakei07 まぁ、学校教育の場って、こういうものでしょう。鉄拳制裁でなくても「お前はカスだ/になる」と「予言」をすりこむことは可能です。学校でしか教育を受けられないと、そういうリスクがあります。
「彼」のようなカリスマ性のあるハグレは丸め込み社会に組み込む方が合理的なのに、出来ない大人()がいるのは、荒野で育った「彼」率いるハグレが部族への淘汰圧として役立つ事が太古に多かったからかも。
@terrakei07
@terrakei07 すごい…小説みたいだった…
彼、幸せにやってるといいなぁって思った。
めっちゃ懐かしい。笑
自分のとこは生徒指導室とか体育教官室だった。最初は武勇伝になるけど、だんだん腐るというのもわかる。

@terrakei07
@terrakei07 …辛い話ではある…偏見てのは簡単には拭えないし、嘲笑う彼らは自分は正しいと思っているのだ。
「自己成就予言」、逆に自分から他人に向ければ「ピグマリオン効果」あるいはもっと端的に「呪い」になる。負の呪いもあれば正の呪いもある。各位、自分の放っている呪いを認識していますか?

@terrakei07
白饅頭日誌:11月14日「進路指導室にて」

この記事で、高校生のときのことを思い出した。自分が「指導室」に入れられたのは学生時代を振り返って、あの一度きりだ。
白饅頭さんの思い出話を読むたびに思うんですが、同情するしかないほど環境に恵まれていないのに、嫉妬したくなるほど友人(人の縁)に恵まれているのは、やっぱり運のバランスという奴なんでしょうか...
「ちゃんとした大人」になるのは自己責任や自助努力だけじゃなく、周りにどんな大人がいるか、どんな環境かなのかという外的要因も大きい
本当に運ゲーでしかない
そう思わない人も多いんだろうけど
「進路指導室にて」|白饅頭 @terrakei07
昭和に生息していた教師の振る舞いを読むだけで胸くそ悪く感じるのです
不良が体罰の証拠集めて教師をクビにできる現代って素晴らしいですね

@terrakei07
@terrakei07 「きれいごと喋っとるやつらも、結局は汚い人間やんけ」はほんまそれなと思う
@terrakei07 多様性の街神戸シリーズの最新作、どことなく三田誠広の『いちご同盟』を思わせるようなほろ苦い味わいがある。友人が今真っ当に生きていることを願うばかり。間違ってもツイッターランドに来ちゃいけない
何よりも15歳の彼が抱く「諦念」に胸がしめつけられる思いがする。 @terrakei07
内容は笑い事じゃないけど「ドラクエとちゃうんやから、倒した相手からカネを取るなや!」で笑った
@terrakei07
白饅頭日誌:11月14日「進路指導室にて」

授業中に原付集団が入ってくる中学校で、全く同じ。

いやー、シンドイ。親が欠けると俯瞰的になるのかな?自分にちょっと近い感覚な気がする。

周りがパワハラしようが、やる気をそごうが世の中は「自己責任★」

( ͡° ͜ʖ ͡°)
"白饅頭日誌:11月14日「進路指導室にて」|白饅頭|note"
白饅頭少年の関西弁すき
@terrakei07 自己肯定感やポジティブな可能性の片鱗すら示せない『場』に囚われていたって事、なのだろう

貧困と暴力に膿み疲れている
だけど「親切」や「ナイーブさ」を示しても喰いものにされる

皆、場の被害者だ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR