TOP > ネタ・話題 > なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか~企業成長の節の超え方~14000字以上|Hirocy w/バタフライボード|note

なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか~企業成長の節の超え方~14000字以上|Hirocy w/バタフライボード|note

24コメント 2019-08-11 18:18  note.mu

なぜサイバーエージェントは高収益体質を維持できるのだろうか?秘訣は人事組織制度にあるのではないか。 現在あなたの会社も、成長の節で、組織や人事制度が錆びついていないだろうか?サイバーエージェントも同...

ツイッターのコメント(24)

制度が生まれるサイクルは早いが、成果に繋がらなければリセットする。
人事制度設計の考え方は「安心と挑戦はセットで考える」。
成長段階ごとの人事組織の構築として参考になる。

なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか〜企業成長の節の超え方| @hirocy_vision
読み応えがあったがこれは良くまとめていると思う。

@hirocy_vision|note(ノート)
平均勤続3.6年なんだ。
割と短いんだ。そんな印象なかった。
仕組みと体制と個人を見つめる姿勢が大切。

"全役員が社員と個別面談をし「困っていることはないか」「組織風土はどうか」を質問して現場の「しらけ」を察知する努力をしている。"

@hirocy_vision|note(ノート)
やっぱり凄い。
色んな角度から、議論しつくして
強い組織ができてるんだろうな。
マトリクスがかけそうな人事制度。
中の人かと思うほどよくまとまっています。人事必見ですね。
(全部が全部ではないと思うけど)トップリーダー2名でここまで牽引していることがすごすぎます。
ようやく読み終えた。けど、これ、どの経営者だろうが人事だろうが、マネジメントに関連する人なら絶対に読んだ方がいいnote。よくまとまってる。

なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか〜企業成長の節の超え方〜14000字以上 @hirocy_vision|note(ノート)
どのような人事制度を構築しても辞める人は辞める。
ただ、社員がより働きやすい環境にしていく為には制度を作らなければいけないし、仕組みの運用がなされなければならない。
何年前に作られたルールの上に成り立たせようとする組織って意外に多いから読んでみてもらいたい!
長いけどすごいわかりやすい。組織の人事制度、体制づくりにすごく悩んでるけど、結局、社長含め経営陣が優先度高めて取り組まないと意味がないような。
ただ人事担当に任せるだけじゃ意味ない。
なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか@hirocy_vision|note(ノート)
ビジョン。全てはビジョン。それなしには組織論など論ずるに値しないと考える。

@hirocy_vision|note(ノート)
真の凄さの1%もほんとはわかってないのかもしれないけど、社会人経験を積むとなぜサイバーがすごいのかがわかってきた。| @hirocy_vision|note(ノート)
おもしろかった

@hirocy_vision|note(ノート)
このレベルの記事が無料で読める世の中ヤベェ!スゲェ!!
会社でぬくぬくやってる場合じゃないですよ!!

@hirocy_vision|note(ノート)
> 経営と社員に信頼される人事の要諦とは、
1成果の定義から始めること
2経営と現場の通訳になること
3運用で成功まで導くこと

なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか〜企業成長の節の超え方|Hirocy @hirocy_vision|note(ノート)
@hirocy_vision|note(ノート) あとで読もう
CAの人事施策がまとめられており、勉強になる。拡大する上では経営陣のカリスマ性だけでなく、人事もHRBPの役割が求められていくだろうとのこと。個人的にCAは制度の運用が上手な印象。直近ではジレームワークなどつい言いたくなるネーミングセンスが抜群。
@hirocy_vision
制度に独特なネーミングを施し、息を吹いているのと、「白けさせない」と的を射た言葉を使ってるところが個人的真髄ポイント。

@hirocy_vision
長文ですが、とっても面白いです

w/バタフライボード|note
サイバーエージェントの人事制の変遷と現状の施策の具体例、JAL再編の事例から今後より成長するためにどのような施策を行うとよいかについての考察が書かれている。めっちゃ面白かった。 / “なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか〜企業成長の節の超え方〜14000字…”
あとで読む
w/バタフライボード|note
なぜサイバーエージェントの人事組織は強いのか〜企業成長の節の超え方〜14000字以上

MBA時代の組織開発の事例分析レポーとでサトイバーエージェントの成長の節を、稲盛流のアメーバ経営で対策という、アメーバをこよなく愛した分析です、ぜひご覧ください。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR