TOP > ネタ・話題 > デンマークの投票率が高い理由を、人々の日常から探ってみた|さわぐり|note

デンマークの投票率が高い理由を、人々の日常から探ってみた|さわぐり|note

18コメント 2019-05-18 06:54  note.mu

ーあなたはなぜ投票に行くのですか? 民主主義を守るための権利であり義務だから 自分の意見を反映するための機会だから 上の2つは、デンマークで投票に関する質問をするとよく返ってくる答えだ。日本語にす...

ツイッターのコメント(18)


民主主義が嫌いな日本と民主主義を大切にするデンマークの差は絶望的かもだ。


★デンマークの投票率が高い理由を、人々の日常から探ってみた|さわぐり @sawaguricph
「複数の人間が何かを決める際には、意見の相違があることを前提としながら、それを闘いを通じてではなく、対話を通じ意思決定をしていくという行為」
ちょっと長いけれど、参考になる! というか、デンマークと日本との差がありすぎる!
デンマーク🇩🇰のデモクラチって?
人の言葉や書いてあるものにまずは疑いを持ち、自分で調べ、自分の頭で考え、自分の意見を持ち、それを言動に表す。
コレが自由であり民主主義なんだという教育が日本には存在しない!
この記事が最高におもしろい。人々の日常から探っていく視点に学ばされまくりです。日常的な対話、一人ひとりが自己の意見を述べ、尊重されることの積み重ねが本当に大事なのだと実感しました。
以下、記事の本文から引用します。
感心して読んだ。日本ではむしろ与党が投票日を上げたくないのを隠そうともしないんたもの。溜息が出る。→
でも、投票に行かなかった人の多くはこういう記事は読まないんだよなぁ。|
良い記事。「みて!デンマークはこんなに投票率が高いよ!それに比べてウチは…」みたいなことではなく、
まず「誰でも意見が言えて、他人の意見に耳を貸すこともできる」という根っこのスキルは、異国文化と比べるまでもなく社会人として持っとくべきじゃね?ということ。
☝️デンマーク🇩🇰の民主主義と教育
あぁ日本はポンコツから早く立ち直ろう
普段の暮らしで、上下関係や支配関係ではなくって『民主的に』話し合って意見を伝え合って物事を決めるのが当たり前な社会だったら選挙もぐっと身近になるんだろうな…
政府の動画で、こういう表現できるのがいいなあ
「自分の意見を言う勇気がありますか、他の人にあなたが正しい・間違ってると思っていることが伝えられますか、物事がどうあるべきと考えているかを人に伝えられますか。わたしたちのほとんどが、(続)
国政選挙で85%前後の投票率を誇るデンマーク。その政治への関心の高さの背景には、“デモクラチ”の概念があるといいます。
子どもへの教育のしかたや国会の取り組みなどを例に、日常に根づく“デモクラチ”についてさわぐりさん @sawaguricph がまとめてくれました。
とても読み応えのある記事。日本語の「民主主義」という言葉はかたすぎて、本来指してほしい意味から少々離れている気がしないでもない。
(ノート)
「海外の人って日常的に政治の話するらしいよ」ってよく聞くけど、デンマーク(または北欧)の場合はこういう教育や文化が一人ひとりに浸透してるからなんだ
「自分の意見を言う勇気がありますか、他の人にあなたが正しい・間違ってると思っていることが伝えられますか、物事がどうあるべきと考えているかを人に伝えられますか。」
来月国政選挙があるデンマーク。北欧は投票率が高いといわれるけれど、それはなぜなのか。わたしなりに理由を探ってみました(長いので注意です)。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR