TOP > ネタ・話題・トピック > note > 僕がヤフーを辞め...

僕がヤフーを辞めた4つの理由|宇野 雄(saladdays)|note

23コメント 登録日時:2018-12-09 12:46 | noteキャッシュ

6年間努めたヤフー株式会社を退職します。在籍は2019年の1月末までですが、12/5(水)が最終出社日でした。今は絶賛有給消化中(全57日のうち4日目)です。 これはいわゆる退職エントリーではありますが、別にここからヤフーの悪口を並べるつもりはありません。どちらかというとその退職するに至る根本にあった僕のデザイナーとしての仕事のスタンスやキャリアの考え方や、ちょっと生臭いお金のお話をできればと思います。 ...

Twitterのコメント(23)

わかる。そしてスキルの掛け算の話もわかる。器用貧乏といい言葉はもう終わったと思う

>社内独自技術に対する依存度が高まり「今世の中に求められる人材と乖離が出てきているのではないか」という危機感を感じたのです。
noteのタイトル画像をアップしなおせばキレイになるということを教わったので再アップしてみた。キレイ!満足!(という体で再ポスト)

グラフの元データは捨ててたのでいいや。。
@saladdays|note(ノート)
成長曲線の鈍化。スゲー共感する
6年間って言いながら給与グラフ10年分あるのはなぜ?
@saladdays|note(ノート)
👀 給与グラフが趣深いな...w
見てる:
キャリアパスの参考になります。
@saladdays|note(ノート)
@saladdays|note(ノート)

今はこう考える時代ですね。
・ヤフーでの実績をきちんと積めた
・自分の成長の鈍化を感じた
・自分の学んだことを更に活かせる場に行きたかった
・市場価値をより高め続けるための戦略
お疲れ様でした! / “ 雄(saladdays)|note”
市場価値の上昇の鈍化のとこ、分かりみが深い... / @saladdays|note(ノート)
「社内の人とのつながりや社内独自技術に対する依存度が高まり「今世の中に求められる人材と乖離が出てきているのではないか」という危機感」
...今の会社に10年いて、これは常々感じる。

@saladdays|note(ノート)
>よりコアなUIデザインに踏み込んでいくか、他の能力と掛け算をしていくかです。僕は後者を選びました。

「スキルの掛け算」は確かに有効なのですが、「プロダクトアウト」ではなく「マーケットイン」的な掛け算をしていく必要があるのでその点は注意が必要ですね〜(^.^;)
「一流になれなくても超二流にはなれる!」(原文の算用数字を漢数字に書き換え)はわかるなー。
宇野さんおつかれさまでした。キャリア設計。
次回作が気になりますね

@saladdays|note(ノート)
黒帯経験者の話,なかなか面白かった

@saladdays|note(ノート)
仕事をいつも楽しそうにしているのが最高だなぁと思う宇野さん

@saladdays|note(ノート)
宇野さんお疲れ様でした! / @saladdays|note(ノート)
あら宇野さん退職されるのか。お疲れ様でした! Reading... 雄(saladdays)|note
掛け算の話はすごいわかる。
僕も器用貧乏タイプだから掛け算必須。

@saladdays|note(ノート)
@saladdays|note(ノート)

社内価値と市場価値をモニターして判断基準にするのまじ大事だなと思う
ヤフー宇野さん @saladdays の退職エントリ。

そうなんですよね。大企業に長く居るほど独自の生態系に最適化される。それが悪い訳ではないし、人の千倍の出力を出せるほど最適化する人もいる。

しかし企業は進化するし、人が価値を発揮できるフェーズが変わる事もあると思う
以上

記事本文: 僕がヤフーを辞めた4つの理由|宇野 雄(saladdays)|note

関連記事