TOP > ネタ・話題 > ヘイトスピーチとしての「慰安婦」問題をどうするか――杉田水脈議員の差別煽動と「主戦場」について|梁英聖|note

ヘイトスピーチとしての「慰安婦」問題をどうするか――杉田水脈議員の差別煽動と「主戦場」について|梁英聖|note

16コメント 2019-06-01 02:11  note.mu

杉田水脈議員が5月29日に、国会でまたヘイトスピーチを行った。その発言は、それじたいが差別煽動のプロパガンダと言って良いぐらい悪質である。 非常に悪質で、看過できない。 にもかかわらず、現時点では...

ツイッターのコメント(16)

今回も「慰安婦問題と女性に対する暴力は全くの別問題ではありますが、〜」
「杉田議員らは「慰安婦」問題を絡めさえすれば、どんなに酷い差別や暴言を吐いてもメディアは沈黙することをよく知っている」
梁英聖『ヘイトスピーチとしての「慰安婦」問題をどうするか』2019/6/1
杉田を出されは右派は痛いね。福島も出して欲しかった。すごいスピードだから基礎知識がないと見るの大変かも。
@ikaryakuchan >『主戦場』は上の構図が見えているから、あえて両論併記的な映画をつくり、極右とヘイトの醜悪さをさらけ出すことを意識的にやってのけたからだ。

陥れる気満々だったことは、バラしていいんだろうか(´・ω・`)?
ヘイトスピーチとしての「慰安婦」問題をどうするか――杉田水脈議員の差別煽動と「主戦場」について|梁英聖|
日本軍「慰安婦」が「性奴隷ではない」というヘイトスピーチを行っている。

何を言ってるかわからない
妄想で他人を貶めるのは止めたまへ。大学院で何かを研究しているそうだが論理破綻甚だしく読む価値など無い。
ヘイトスピーチ?
「朝鮮人、死ね!」はヘイトスピーチであり、言うべきでない。
但し「慰安婦について、こういう考えもある」は表現の自由の範囲内。
「韓国は....」と言った途端に「ヘイトスピーチだ」は、表現の自由を抑圧する行為で憲法違反。
始まった、愛国の国士議員の言葉狩り。
杉田水脈さんが「日本軍「慰安婦」が「性奴隷ではない」というヘイトスピーチを行っているだって
しかし慰安婦は性奴隷でないとは日本政府見解。ヘイトスピーチを行っているのは日本政府ということになる(FB投稿より)どうする、国民?
慰安婦は、朝日新聞社の捏造記事をネタにした国際詐欺事件でしょ?
大東亜戦争の後、米軍が散々調査したのに慰安婦の証拠は出てこなかったのが証拠

ヘイトスピーチとしての「慰安婦」問題をどうするか――杉田水脈議員の差別煽動と「主戦場」について|梁英聖|note
クソだな、こいつ。
慰安婦問題を政治の場で解決できる力量が今の日本の側にない。彼らは、日本人の軍国主義をあおってるだけ。植民地にされて現代的建築たててもらって感謝しないなどの思想もレイプ犯に通じる低能思考、日本中、悪化は良貨を駆逐する、状態。
委員長がなぜこの時間を質疑として許したのか?と思うような聞くに耐えない時間だった。
「在特会は路上をヘイト画像の撮影現場にしているのに対して、杉田議員は国会をヘイト画像の撮影現場にしているだけだ。」
※ 慰安婦に関連する問題発言は注目されなかったために、何を言っても許されるという空気が出来上がってしまった。
私も歴史修正主義とレイシズムの相互強化構造については指摘してきたが、これは歴史修正主義固有のロジックを軽視し過ぎでまずい。/
卓見。恐ろしいことが予言されている。「杉田議員らは「慰安婦」問題を絡めさえすれば、どんなに酷い差別や暴言を吐いてもメディアは沈黙することをよく知っている。5月29日の国会でのヘイトスピーチを皮切りに、杉田議員は以前のように積極的に差別を煽動すると思われる」。
《みんな反論する時に……ヘイトスピーチや極右台頭という次元で社会がどのように破壊されているかという問題が見えないのである》
note更新しました。リベラル派は主戦場がどこなのかをはき違えているのではという危惧から書いています。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR