TOP > ネタ・話題 > 年収240万円→年収1,000万への転職術|moto|note

年収240万円→年収1,000万への転職術|moto|note

58コメント 登録日時:2018-11-01 21:34 | noteキャッシュ

voicyで「年収240万円から年収1,000万円への転職術」を配信しましたが、文章でも整理してみようと思い、簡単ではありますがnoteにまとめてみました。 はじめに 簡単に自己紹介をさせてください。僕は今31歳で、これまで5社経験してます。現在の収入は年収1,250万、副業は年収2,000万円のダブルインカムで生活してます。 現在に至るまでの年収推移は、1社目年収240万、2社目年収330万、3社目540万...

Twitterのコメント(58)

深夜に読んでみよう(๑´ڡ`๑)

転職4回で年収240万円→年収1,000万円を実現した「軸ずらし転職」|motoさん @moto_recruit|note(ノート)
転職4回で年収240万円→年収1,000万円を実現した「軸ずらし転職」|motoさん @moto_recruit|note(ノート)
@moto_recruit|note(ノート)
あくまでも離れすぎないのが重要なのね。
実践したら年収130万UPのオファー頂けた。もっと年収上げている方もいるし、業界の横ずらしはおすすめだと実感。
次はFintech領域でチャレンジしていきます!

@moto_recruit|note(ノート)
今更感ありますがmotoさん理論の通り稼げる業界で働くことが一番の近道。

外資IT営業は間違いなくこの条件に該当しますね

新卒5年の平均年収2000万の僕が保障します。

@moto_recruit|note(ノート)
motoさんのnote購入。
自分みたいな転職中/転職検討の人はもちろん、キャリアについて真剣に考えている人は絶対読んだ方がいい!!

ありがとうございます*^^*

---

@moto_recruit|note(ノート)
今更ながらmotoさんのノート購入。
具体的な転職のテクニック。年収がいかにして決まるか。新しい視点が見えた。転職エージェントとしてこれも1つの広がりになりました。

@moto_recruit|note(ノート)
voicyでは無料なのにnoteでは有料なのなぜ?
@moto_recruit|note(ノート)
似たようなnoteが出てますが、実体験に基づいた本家本元のnoteはこちらです。 @moto_recruit|note(ノート)
今いる業界の経験を活かせて、イケてる業界に行くってことね!
ただ、イケてない業界の方が課題山積みで仕事の面白みが強そうな気がしないでもない。


@moto_recruit|note(ノート)
着眼点があまり見たことなく、参考になった。
就活生にもおすすめのnote。
@moto_recruit|note(ノート)
でファンになったmotoさん@moto_recruit のnote購入。Voicy更新頻度アップの助けになあれ!

@moto_recruit|note(ノート)
とても参考になりました。
年収を上げるために「生産性の高い業界に行く」ことは納得。
周りの同年代を見ても業界で全然年収が違う。では職種はどうか?やはり売上と利益を生み出す営業が一番もらえるのだろうか...。転職での職種の変更はなかなか難しいイメージがある。
TwitterやVoicyで発信されてる内容が
いつでも読み直せる形に整理されてて非常に助かります。

年収アップを目指すなら
-業界か職種をずらして転職
-日々の実績が大切

@moto_recruit|note(ノート)
@moto_recruit|note(ノート)

購入&拝読しました。
まずは日々の仕事の実績が重要ですね。
年収UPを目的に転職活動してて、大手から内定を頂けた。
@moto_recruitさんのnoteでの「軸ずらし転職」を実践して、年収ベースで約300万UPのオファー。本当に感謝です。

@moto_recruit|note(ノート)
あと転職する前にこのnote読むのはとてもおすすめ。
市場の流れを読んだ上でどうやって自分の価値を高めていくのか。
とても勉強になります^^
転職4回でわかった年収240万円→年収1,000万円への転職術|moto @moto_recruit|note(ノート)
大手含め、それなりのポストに辿り着かないと年収1000万になるのは難しい。
ただ、そこを目指す選択肢は出世争いに勝ち抜くだけじゃないし、転職からステップアップする方法もある良い参考例。

@moto_recruit|note(ノート)
転職で年収をあげるのはテクニックの部分も結構大きい🤔

年収は前職をスライドが多いから、昇給少ないとこを渡り歩いてて、年収上がらない人も周りに多い😭

転職回数多いけど年収変わらない人とかはこれ読むか、⁦@moto_recruit⁩ さんのVoicy聞いて勉強した方がいい💡
購入して読ませて頂きました。

コミットすべき所にコミットし
未経験というアドバンテージを
恐れず挑戦する行動力こそが
実現の要因かと。

悩む暇があれば飛び込んでみる。
この一点に尽きる⚽️

@moto_recruit|note(ノート)
どうも今の時代は早くゴールするのではなくて、いつまでもレースが続けられる様にしていかなくちゃいけないっぽい。ベストセラーよりロングセラー。「軸ずらし転職」は現代においての最適解かも。

@moto_recruit|note(ノート)
ちなみに、motoさんのこのnoteのアイキャッチが好きすぎて私も同じイラストレーターさん(川添むつみさん)のイラストをアイキャッチにしてみた。

noteは「みんなのフォトギャラリー」という機能があって、クリエイターの作品をページヘッダーに使わせてもらえる。良き。
やはり年収上げるには報酬の高い業界行くのが一番近道
私は2回転職し、年収300万→1000万までアップ⤴️
ただ自分で勉強は絶対必要 自己投資で結構金使った!
嫁の説得大変だった笑
@moto_recruit|note(ノート)
目から鱗だ!これで500円は安い!同じ業界が続いてしまったので、今度転職するときは、業界を変えていきたいなー @moto_recruit|note(ノート)
年収のあげる転職の仕方の具体論が書かれている。やはり、どの業界に行くかで大分違う。
@moto_recruit|note(ノート)
「僕がバカでも業界が伸びているから、平均くらいにはなる」と考えて、起業したことを思い出しました。転職で成功するキーワードもこのnoteに書いてある「軸」にあると思います。

@moto_recruit|note(ノート)
為になる。ありがとうございます。
私は逆でIT→販売→看板で業界と地域を変えては年収を落としてきたな。
でもどこの業界へ行っても確かに軸は変わってない。パソコンに向かって何か作ってる。そしてアフィリしてる今も。
改めてだけど刺さる記事。僕の場合は常に営業職で毎回別業界だったから、業界が変わるとどれだけ年収が変わるか実感する。

@moto_recruit|note(ノート)
軸ずらし転職で給料を上げる場合のポイントは

・「業界」を変える
・「企業規模」を大きくする

ことだよね。職種を変えるのはよほどのことがない限りしないこと

@moto_recruit|note(ノート)
これは読まれるだろうなというnote記事。ななめ読みしても読める文章のきれいさ。
@moto_recruit|note(ノート)
確かに。
業界(会社の規模など)と役職で年収は決まっちゃうからなぁ

@moto_recruit|note(ノート)
転職して年収を上げるなら、これから伸びる業界に早い段階で身を置くのが重要。

特に最初の就職で低年収の仕事に就いたなら20代の内に動かないと、1,000万を超えるのはほぼ無理。

@moto_recruit|note(ノート)
たしかにマーケ支援会社側とかコンサルだけじゃなくて、特に金融とか事業会社でのマーケ職はよさそうだ。C向け金融のデジタルマーケ周りっておいしそう_φ(・_・

@moto_recruit|note(ノート)
この部分はありそうでウケる。そこから次が難しそう。投資と回収の時期を間違うと早めに打ち止めが来る印象。
—-
彼は33歳で3社経験、広告業界のマーケティング職、大...
この記事の1番のポイントは、「日々の仕事での実績も大切」の箇所だと思う。

年収アップのノウハウ学んでも、そもそも実績を出していないと厳しい。
まずは目の前の仕事で成果を出すことが大事。

@moto_recruit|note(ノート)
同職種、同業界への転職はしやすい。年収240万円→年収1,000万への転職術|moto|note
転職まったく興味がなくても、めちゃめちゃ面白い記事。
書き方も簡潔なのに引き込まれます。
@moto_recruit さん スーパーレジ打ちからスタートしてたことに衝撃・・
ぼくも業界変えて300万くらい本業の年収上がった気がする。

みんな業界変える嫌がるよね

@moto_recruit|note(ノート)
同業同職種への転職は確かに年収アップにインパクト低いでしょうね。

業界×職種としての整理、年収アップの軸ずらし、すごいわかりやすい。転職考えている人に勧めたい記事。

@moto_recruit|note(ノート)
これは転職や副業考えていない人も読むべき。

営業だった前職では他部署の給料を妬むやつが多かったけど、そこは商材の単価が数十倍だったんだよね‥今思えばバカバカしいな笑

@moto_recruit|note(ノート)
「給料=職種×業界」か。
近い業界とは言えど、転職先でも活躍するためには知識の概念化が必要なんだろうな。実績を作り、それから得た経験や知識を概念化して活用できる状態にすること。
これが無料で読めるのは語彙がないですが凄い事だなと思う。/ @moto_recruit|note(ノート)
良記事^_^
キャリアの掛け合わせが自分の強みを作るのよね^_^
新卒入社で同じ業界にいると気付きにくいのよね実際
> @moto_recruit|note(ノート)
いや〜面白いなぁ。
数字や思考過程も生々しい。
でも考え方が理論的で、すぐに実践出来そうな感じ。

年収240万円→年収1,000万への転職術
motoさんはVoicyきっかけで知りました。こちらの読んでると脳内にmotoさんの丁寧に話す声が聴こえてきます。
リアルに次の一歩!を模索中なこともあり、より内容が響きます。

@moto_recruit|note(ノート)
いやぁ、本当におもしろい。
私の考えもほぼ同じです。

業界を変える: 実は難しくない
役職を上げる: 転職後に試練
会社規模を大きくする: 転職後に試練
職種を変える: 変えない方が積み上がる

@moto_recruit|note(ノート)
読了しました。

業界×職種で、転職時にコントラブルな業界を年収が高い業界とする事であげると言うことですね。
結論、日々の業務における実績が大事
仕事、頑張りましょう。

@moto_recruit|note(ノート)
このnoteが暗に示しているけど、年収を上げるために一番簡単なのはtoBの業界にいくこと。

toCの業界の方が華やかだし実社会への影響がイメージしやすいからみんな憧れるけど、toBの方が大きなお金が動くので、収入も高くなる。

M&Aの世界はその代表。会社の売買やからね。
地元のホームセンターのくだりから、一気に読んでしまった。「親近感」で掴んで、スラスラ読ませるなぁ。

@moto_recruit|note(ノート)
具体的で凄いですね。転職サイトでもここまで生々しいケーススタディは出てこないですよね。

自分も家業で働いてた時は手取り16万円だった。その頃の冬はずっと同じセーター着て営業行ってたなぁ。

@moto_recruit|note(ノート)
noteになってたのも驚いたけど、まさかの無料…!

@moto_recruit|note(ノート)
Voicyでも聴いていましたが、文章でも復習できて良かったです。

「最も大切なのは日々の業務で実績を出すこと」

まさにおっしゃる通りだと思います。

1日1日を全力で生き抜いていきます。

@moto_recruit|note(ノート)
moto氏と自分が書いたnote…似ているw 競合他者が圧倒的過ぎてつらみ(◜ᴗ◝ )

@moto_recruit|note(ノート)
本日よりnoteをはじめました。まずは僕は実際にやってきた年収を上げる転職方法について書いてみたので、よかったらフォローお願いします。 @moto_recruit|note(ノート)
以上

記事本文: 年収240万円→年収1,000万への転職術|moto|note

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。