TOP > ネタ・話題 > 悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ|竹内明|note

悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ|竹内明|note

10コメント 登録日時:2018-01-29 22:34 | noteキャッシュ

トランプ大統領就任から一年。アメリカでは「白人至上主義者」と呼ばれる集団が跋扈している。「遠いアメリカでの出来事だろう」という見方もある。だが、人種論争に無頓着な日本人だからこそ、彼らの思想を知り、自国に潜む問題を考える必要があるのではないか。ネオナチ政党の指導者マシュー・ハインバック(26歳)の単独インタビューの後編です。 ■「白人国家」って? 去年10月、テネシー州で行わ...

Twitterのコメント(10)

悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ|竹内明 @nygangsta0327|note(ノート)
人種ごとに国が別れればってのはたしかにそうだが
人種差別の実態を書きました。前編後編あるのでぜひお読みください。|nygangsta|note(ノート)
日本は差別主義者にとって理想的な国なんだって。→
悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ|竹内明|note(ノート)
「移民どころか、難民にも門戸を閉ざす。同じ北東アジアの隣国からの人々を排除すべきだと叫ぶ集団が社会に跋扈し、ネット空間が差別的な発言で溢れる。日本は白人至上主義者にとって理想の国家像だったのだ」当然感 / “悪名高き白人至上主義…”
「日本は白人至上主義者にとって理想の国家像だったのだ」←これは周知されたい。ノルウェーで77人殺した極右大量殺人者ブレイビクをはじめ、欧米の極右にとって日本は理想国家よ。 / “悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トラン…”
悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ|良い記事メモ|note(ノート)

神さま?はどうしていろんな人種をつくったのかねぇ…
悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ|良い記事メモ|note(ノート)
「同じ北東アジアの隣国からの人々を排除すべきだと叫ぶ集団が社会に跋扈し、ネット空間が差別的な発言で溢れる。日本は白人至上主義者にとって理想の国家像だったのだ」

ひゃっはー
(ノート)
よく殺されなかったな
以上

記事本文: 悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ|竹内明|note

関連記事