TOP > ネタ・話題 > 同人文化という金脈で『スコップを売って』一山当てたいならこれくらい知っとけという話|南柯そう/仲村|note

同人文化という金脈で『スコップを売って』一山当てたいならこれくらい知っとけという話|南柯そう/仲村|note

17コメント 2018-08-30 22:36  note.mu

「同人誌も電子化しちゃえばいいのに」というツイートが(何度目かの)反響を呼んでいるようで、自分のTLでもさまざな意見を目にします。そこにデジタルコンテンツにうるさい私がやってきましたよ。 だいたいそ...

ツイッターのコメント(17)

(ノート)  同人誌と電子書籍の話。3万人が出す30部を扱う覚悟はあるのか。まさにまさに。
(ノート)

"買い手は、出展者の大多数がアマチュア作家であることを大前提に、多少の拙さや歪さも飲み込んだ前向きな消費者です"

今はどうかな…
「3万人が出す30部を扱う覚悟はあるのか」デジタル配信や即売会など、参加する前に知っておきたい同人市場を詳しくまとめてみました @naaankaso
(ノート)
面白い記事だった!
(ノート) よくまとめてらっしゃる
な市場」(※商業書籍の市場に比較した表現、)にアクセスしないと買えません。公開出版の流通と「閉鎖的」な流通の話は、次の記事に少し出てきます:
仲村さん、マンガだけでなく理性的なテキストもイケるというのがすごい / 同人文化という金脈で『スコップを売って』一山当てたいならこれくらい知っとけという話|南柯そう/仲村|note
事実のデータや具体的な活動ケースをあげながら、同人作品の流通について分析した良記事。同人作家を食い物にしたい心ある業者さんも要チェックやで:
ふと、ゴールドラッシュを生み出した「メディア」ってどんなものなんだろうかと思った。「ここにチャンスがあるぞー!」ということが人々に認知されなければ、そもそもゴールドラッシュは生まれないわけで。 / “同人文化という金脈で『スコッ…”
(ノート) CDセールスとライブの例えが秀逸。「なるほどなー」と「そうなのよー」が凝縮されてて面白い。
これなんか有益なこと書いていそうですごくふわっとしたことしか書いてないようにしか読めなかったが、置かれている文脈の違いか ’’)
(ノート)
あとで読む
読んでた 最後にF/Zeroの話題も少し
まとまってた
“つまり、即売会にとって代わる、もしくは匹敵する一大プラットフォームを目指すならまず「3万人の作家すべてが30部をだせるもの、その30部を求めて読者がやってこれるもの」が第一の条件ではないかと思うのです” / “同人文化という金…”
同人文化という金脈で『スコップを売って』一山当てたいならこれくらい知っとけという話

流行りに乗っかって書いた。外野はよく何で同人者こうしないのっていうけど、同人者からすっとお前らの提案の方がすっとんきょうだからな!?という日ごろの思いをぶちまけた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR