TOP > ネタ・話題 > 「男らしさ、女らしさって何だろう?」 生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|#NoBagForMe PROJECT|note

「男らしさ、女らしさって何だろう?」 生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|#NoBagForMe PROJECT|note

23コメント 2019-08-07 20:13  note.mu

「 #NoBagForMe プロジェクトのスタッフは女性だけですか?」と、お問い合わせをいただきました。プロジェクトを支える面々の、男女比率はほぼ半々。そして、今回パッケージデザインを担当しているのも...

ツイッターのコメント(23)

「らしさ」を分解して考えていけば、わかるようになるのかもしれない。やってなかったなあ / “ 生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note”
生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note
恥ずかしながら プロジェクトを今初めて知った。
めっちゃ良いね〜〜
デザインにおける性差...

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー
デザインにおける性差か…こういうニュアンスをハンドルできる能力ほんとすごい。いかに自分が無意識潜在下でバイアスを持ってるか分かる

生理用品のデザインを生み出す若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT
デザインにおける性差かぁ。 生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
ハヤカワ五味さんたちの生理用品のプロジェクトはダイバーシティのチーム。女性用商品にこそダイバーシティなチームが必要。 ユニチャームの若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT
ジェンダーニュートラルなデザイン/色味はより求められていくけど、一方で店頭の棚で目立たせること・特徴理解・更には好意を持ってもらわないといけない、マス商品ならではの難しさが伝わってくる。ピンク=女の子の色って思い込むのはやめたい。もっともっと議論したい。
ゆうこすさん、がんばっとんなぁ。

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
良い記事。女性向け製品は女性がデザインというステレオタイプがさらっと覆される。生理用品売り場は「気まずい売り場」確かに⇒ 生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
"やっぱり売り場では30秒以内で判断されてしまうので。一瞬で見て、一瞬でわかるようにしないといけないんです。"

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
生理用品のEC化率が低く、90%以上の人が主に店舗購入っておもしろい。言われてみれば確かに。
ソフィのオーガニックコットンシリーズ、個包装もシンプルで最近のお気に入り…この方がデザインしたのか

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
このデザイナーさん素晴らしいな。
-----------------
生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
ああ!このオーガニックコットンのデザインは確かにいいなと思って売り場で見て買いました。なんかこう、「いかにも」感の無さ。
生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note
文中に出てくるデータみたいなことを、勉強会でいっぱい教えてもらうのだけど本当に興味深いの。

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
昨今の生理用品の棚には選択の自由がある。
あ、公式Note、オーガニックコットンのを例に「できない理由」結構説明してくださってた…ありがたい
でも を冠して、しかも期間限定なら、今回振り切っちゃってほしかったな
会社内だけでもあそこまで綺麗めに近づけられるのに、実験には最適だと思うのだけど
本題とはちょっと逸れるかもしれないけどスライドの部分に「生理用品は気まずい商材であるため」ってのが気になる🤔

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
商品数220種類、顧客の売り場滞在時間64秒。そこに並ぶ生理用品のデザインが生まれるまでの秘密がたくさん詰まってる。ぜひ。

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
これは拍手ですわ.......

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
男性が生理用品開発に携わると、時に「男性にはこの痛みがわからないから」と言われたりもする。でもわからないからこそ、想像する心を持った男性が関わってくれている。今日もミーティングしてきたユニ・チャームのデザイナーさん、とてもとても熱い人です…
を担当する、デザイナーのインタビューをアップしました。

生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー|PROJECT|note(ノート)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR