TOP > ネタ・話題 > 台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|七億ちゃん|note

台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|七億ちゃん|note

200コメント 登録日時:2019-10-13 14:26 | noteキャッシュ

 養生テープで窓に目張りをして、Amazonで水を注文する。日持ちのするパンやカップ麺、無洗米を買い置き、カセットボンベや電池、懐中電灯に携帯ラジオまで確保して、モバイルバッテリーを満充電に。  浴槽や洗濯機に水を溜め、すぐに避難ができるようリュックサックに諸々を詰める。暇つぶしのためiPadに映画を何本かダウンロードすれば、台風19号への準備は万全だ。相方と二人三脚で台風対策に精を出した。  私はこれまで...

Twitterのコメント(200)

人のこころを持たない人が増えてきているのかな。それこそ人にあらずではないか。

@nanaoku_h|note(ノート)
もしもホームレスを救えないというのなら「だったら払った税金返せ」と私は胸を張って言う。
台風の日、ツイッターに地獄を見た

私は運が良かった|七億ちゃん @nanaoku_h|note(ノート)
@nanaoku_h|note(ノート)

社会的な大切な視点だと思う。
自分は運がいいだけ。
他者の立場を考えられる想像力を持っていたい。

@nanaoku_h|note(ノート)
@nanaoku_h|note(ノート)

避難所ホームレス拒否問題のついての記事です
素晴らしい!記事だね。

【「努力をしなかったお前が悪い」と言う人間がいるのなら、さっさと台風に吹き飛ばされてほしい。】...
「彼らは「運次第で人間の生活はどれだけ努力していてもたやすく壊れる」ということを、それがいつ自分に降りかかるのかということをいつまでも理解しないのだ。」
久しぶりに目頭が熱くなる記事だった。運に恵まれた人間が弱者を見下し、賢しらに説教を垂れるこの世は正に地獄。自己責任論に与している連中は優しさが足りないというセンチメンタルな話だけではなく、近代社会に関する知識も未来を見据えるための想像力も致命的に足りない。
台東区 生命の選抜を行ったわけですね。。。

僕が思うのは、若者よ、俺もだけど一緒に選挙行こう。

@nanaoku_h|note(ノート)
私も少なくない税金を払っている身の上だが、税金とはこの国に今行きているものの命や生活を選別せず救い、補うために払われている金であり、もしもホームレスを救えないというのなら「だったら払った税金返せ」と私は胸を張って言う

その通り過ぎる。必読。

@nanaoku_h
「「運が悪かった民も救う」義務がある「行政の負うべき仕事」を軽視するか理解を放棄するかして、個人個人に責任を回収させようとする。」 /
<人は誰しも、運悪く明日を奪われる立場である。
住居を奪われ、安心を奪われ、未来を奪われる。

そんな状況で自分以外の誰かに手を差し伸べられなくても誰も責められない。

しかし、そんな状況が存在するからこそ、行政がしっかりと手を差し伸べなくてはならない>
今無事台風から逃れ、家族で夕食を食べられるのは少なくとも私の努力の結果ではない。
自己責任論からどう我々は離れたらよいのか?

@nanaoku_h|note(ノート)
某佐々木氏がFacebookに上げいて、とても良いコラムになっているけどやっぱり彼は文章ちゃんと読めてないみたい。あとコメント欄にも理解出来て無さそうなのが居てヤバい。

@nanaoku_h|note(ノート)
避難所と路上生活者、それに対しわき起こる「ツイッター世論」の地獄。
「ツイッター世論」にどこまでの「真実」をくみ取るべきなのか? どこまで「真に受ける」べきなのか?

@nanaoku_h|note(ノート)
まったくその通り。たまたま運良く助かった、たまたま準備ができた、たまたま努力が報われてきた、それだけだということを、忘れてはいけない。
ぼくもただ運が良かった一人です。

@nanaoku_h|note(ノート)
「もしそれで民がホームレスに手を差し伸べて、共倒れになってしまったとき、その手の人間はおそらく行政に責任を求めることはない。自分達の大好きな「自己責任だ」という言葉で処理しようとするだろう」 / “台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|七億ちゃ…”
区政の長である台東区長は、この件について、どう感じているのだろう。

@nanaoku_h|note(ノート)
「私はただただ運が良かった」まさにこれ。。いつもように生活できている事に感謝しないといけないな。/ @nanaoku_h|note(ノート)
「そもそも『努力ができたか(できるか)どうか』だって運次第である。街中であらゆる物資が売り切れている状況で、必要なものを揃えられず被害を受けた人に
対して『努力をしなかったお前が悪い』と言う人間がいるのなら、さっさと台風に吹き飛ばされてほしい。」
一色版『日本沈没』の一節を引っ張り出すが、日本語圏のツイッターの『空間』が『日本という国の有様・人々の心の有り様をまざまざと見せつける』ものになっているようだ。
Reading: @nanaoku_h|note(ノート)
純度100%混じりっけ無し、言い訳無用でどこをどう見ても「行政が命の選別をした」ケースである。

@nanaoku_h|note(ノート)
行政が基本的人権を易々と無視したことに驚きを禁じ得ず憤りを覚える /
ほんとにそう。災害のときだけじゃなく / @nanaoku_h|note(ノート)
人間の想像力は、驚くほど乏しい。
それを知っているボクは、たまたまラッキーなだけです。

@nanaoku_h|note(ノート)
@m0a0r0u 私もこの話難しいな…とおもって見てたんですがこの記事なるほどと思ったのでお暇な時にでもちょっと見てみてください…
note(ノート)
ブコメしようとしたけどくじけた…。
「人は誰しも、運悪く明日を奪われる立場である」私もそう思います。
ヒトなぞ、地球の上に住む、ちっぽけな生物の一つに過ぎない。
/ @nanaoku_h|note(ノート)
行政が傲慢さから義務を怠ったことによる綻びを、今まさに非常事態の最中にいる民が自己犠牲で補え、でないと偽善だとのたまう人間は、一体誰の顔色を伺い、誰の尻を舐めているのだろう。
記事内文章引用
彼らは「運次第で人間の生活はどれだけ努力していてもたやすく壊れる」ということを、それがいつ自分に降りかかるのかということをいつまでも理解しないのだ。だから「運が悪かった民も救う」義務がある行政…
「弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける。非常事態になると誰しも余裕を失うものだけれど、その日、私はツイッターに確かに地獄を見た」
ほんと、ただただ運が良かっただけで明日は我が身だと思う。
僕の場合、そういう風に考えておかないと他人に優しくできない。

@nanaoku_h|note(ノート)
いやな世の中だな。。
>なにより、誰しもいつホームレスになってしまうのかわからない。私はいつでも、自分がホームレスになっていないのは「運が良かったからだ」と思っている。

@nanaoku_h|note(ノート)
今回の行政の対応がよかったこととは思えないけど、、この人はそれこそトロッコ問題に対してどう意見を持ってるかが気になったりする。  @nanaoku_h|note(ノート)
心細い夜を過ごさず、子供達と遠出出来た事に感謝。
“なにより、誰しもいつホームレスになってしまうのかわからない。私はいつでも、自分がホームレスになっていないのは「運が良かったからだ」と思っている” 単に幸運なのを自分の能力と勘違いするのはよく見るね。 / “台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|七…”
読んでほしい。

@nanaoku_h|note(ノート)
正しい
モヤモヤしてた色々な事が腑に落ちた記事。たまたま運が良かっただけ。この状況を当たり前と思わない。山谷は私が小学生の時、身近に感じた地域だったな。

@nanaoku_h|note(ノート)
@nanaoku_h|note(ノート)
「弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける」
ぞわっとした。神戸で、台風の直後に飛行機で着いたときのことを思い出した。
そう、生き残ったのはただただ運が良かっただけ。台東区がとった選別の傲慢さ…
良い記事でした。
ホームレス=自己責任 ならば単純明快ですが実際はそんなことないですよね。確かにそういう人もいるけど,そうじゃない要素が強かった人もいる。自分もなるかもしれないし。
「ホームレスは臭くて病気持ちだから隣に座られたら行政批判してる当人だって我慢ならないはず」というツイートもあったんだけど、ボタンの掛け違えが甚だしくて

> @nanaoku_h|note(ノート)
税金の使途と民主主義的日常は別次元であるので、自己責任論を否定する気にはなれないかな。運命論的現状の帰結については、私も同じく「運が良かった」と表明します。 /
自己責任論者は自分がその立場に落ちる想像力が足りない。 /
@nanaoku_h|note(ノート)
全体的には間違った事を言ってないとは思うが
なんだろうか、不思議で強烈な違和感と拒否感が出た。
「何かが違う」と。
そう遠くないうちに感じた物の正体が判明するかもね。
何しろ行政のトップが腐ってる国。。。

「弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける。非常事態になると誰しも余裕を失うものだけれど、その日、私はツイッターに確かに地獄を見た」
>一体誰の顔色を伺い、誰の尻を舐めているのだろう
なんでこういう人って、自分の嫌いな意見に反駁する時、相手を貶める方向に盛るんだろうね。
ほとんどの人は「避難所に逃げ込んだ時、隣にホームレスがいたら嫌だ」という自然な感情に従ってるだけだと思うんだが。
共感しかない。
至極同意。
努力はすべき。でも、「努力ができる」こと自体が幸運なことであり、その努力が報われることは更に幸運なこと。埋められない運不運の溝を埋めることこそ、行政の役割。

@nanaoku_h|note(ノート)
@nanaoku_h|note

〈弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける。非常事態になると誰しも余裕を失うものだけれど、その日、私はツイッターに確かに地獄を見た〉
臭いとか汚いとか、不快感だよね。要するに「俺の不快感はホームレスの生命より優先される」という主張なんですよ。臭いのは嫌だけど死ねとは口が裂けても言えないのが文明人だと思うのだけどね。 /
そもそも行政が傲慢さから義務を怠ったことによる綻びを、今まさに非常事態の最中にいる民が自己犠牲で補え、でないと偽善だとのたまう人間は、一体誰の顔色を伺い、誰の尻を舐めているのだろう。

@nanaoku_h
"行政が傲慢さから義務を怠ったことによる綻びを、今まさに非常事態の最中にいる民が自己犠牲で補え、でないと偽善だとのたまう人間は、一体誰の顔色を伺い、誰の尻を舐めているのだろう。"
税金を取られることには敏感だけど、使い道にもっと関心を持ちたい。

@nanaoku_h|note(ノート)
本当に。ホームレスにならずに済んでる私たちはただ運がよかっただけなのに。それを分かってほしい。
行政は住民の生命と財産に責任を負っており、その人たちを守る為の人員と物資は限られているのだから「選別」は当然。何が間違っているのか。

@nanaoku_h|note(ノート)
ダムの急激な物語化には盛り上がりつつ、命の選別には一顧だにしない人々。その無関心さも怖かったかな。

≪「行政に必要な支援と義務を要求する」のと「自分では他者の支援を控える」のは一人の人間の中で当たり前に共存できる。これは善であるか偽善であるかの話ではない≫
@nanaoku_h|note(ノート) 今回の台風で感じたこと憤ったことがここに言語化されてる…直接フォローしてる人にこの手のこと言ってる人を見かけなかったのがせめてもの救い。
僕も台風の日に思った

「運」とは

@nanaoku_h|note(ノート)
ホームレスになるとか生活保護になるとか、誰にでも起こりうること。台東区民じゃないから、と排除。大震災の帰宅困難者にも同じことを言えるのかな。

@nanaoku_h|note(ノート)
人に色々な 過去があって 色々な経験や 思いがある
何が正解かの 答えは無いのかもしれない
でも私は この方が伝えたい事に 共感する
こういう事態の時に人間性が暴かれる
基本的に人生は運の良さが一番重要だと思っている。
運が悪ければこの世に生まれ落ちることもできない訳だし。
勿論努力は重要だけど、それ以上に運は重要。

@nanaoku_h|note(ノート)
概ね同意。今日生きていられるのは、これまで自分がそれなりに重ねた努力を、訪れた不幸がたまたま上回らなかっただけだ。> @nanaoku_h|note(ノート)
「行政が命の選別をした」 命の選別はもちろん許しがたいが、これから左派の皆さんは文化の選別にも敏感になってほしい。  @nanaoku_h|note(ノート)
公共とは何か、税金とは何かという教育が足りないのではと思う。義務教育の中でしっかりと叩き込んでおくべき事柄。

@nanaoku_h|note(ノート)
うん、私はそれでも言います「台東区の判断を一概には責めない」。

@nanaoku_h|note(ノート)
こんな情報を見つけたよ
台東区の職員全員が、いや全ての人が、このエントリーの内容を読み、噛みしめるべきだ。

@nanaoku_h|note(ノート)
読んだ🙆
---
なにより、誰しもいつホームレスになってしまうのかわからない。私はいつでも、自分がホームレスになっていないのは「運が良かったからだ」と思っている。
---
@nanaoku_h|note(ノート)

良記事。
…彼らは「運次第で人間の生活はどれだけ努力していてもたやすく壊れる」ということを、それがいつ自分に降りかかるのかということをいつまでも理解しないのだ…( ˘ω˘ )

@nanaoku_h|note(ノート)
確かにいたな、そんな選別を肯定するクズな連中が。
同意である。
あの状況で命の選別を自治体がやっちゃ駄目だろ
@nanaoku_h|note(ノート)
「理解を放棄した者が追い討ちをかける」というのは、今回の件に限らずいろんな場面で見かけるな、と思った。私もまずは理解することに努めなくては。
@nanaoku_h|note(ノート)
役所を含む、為政者の義務についての話。私にしても、今無事に過ごせているのは、運が良かったに過ぎない。

@nanaoku_h|note(ノート)
@nanaoku_h|note(ノート)
大自然の前では人の努力など運でしか無いって話と行政の役割と台東区避難所のホームレス排除の話と。運でしか無いから行政がいるのに、ね。
災害は怖いね。人の本性が見えてしまうのが怖い。

@nanaoku_h|note(ノート)
ただ、運が良かっただけ。

@nanaoku_h|note(ノート)
言いたいことはわかるがあまり同意できなかった。「自分に降りかかっても助けてもらえるはずがないのになぜ助けてやらないといけないの?」と考える方が自然では? / @nanaoku_h|note(ノート)
「弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける。」
@nanaoku_h|note(ノート)
弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける。非常事態になると誰しも余裕を失うものだけれど、その日、私はツイッターに確かに地獄を見た。

@nanaoku_h|note(ノート)
どれだけ努力したって絶望の淵に立たされることはあるし、明日は我が身。「自分は努力してきた」と誇れる人は強いとも思うけれど、そもそも「努力できる環境」だって運次第なのよね……。
台東区に税金払ってるんですが、
もし荒川が決壊したら上野の山以外が水没するこの区の、この体制、がぜん不安になった。

@nanaoku_h|note(ノート)
「国」は有料会員制クラブではないからね
この考えリバタリアン的思考に近い。賛同できることもある思想だが弱者救済という敗者復活戦に積極的ではないので極端な話勝者一人他皆全員敗者の社会破綻コースへ向かいやすい
ホームレスが避難所に来るのが嫌なら、自分が出ていけば良いのに。/ 日本でノブレスオブリュージュが根づきにくいとしたら、それはどういう理由なんだろう。私は自分が恵まれた立場だということを今回、痛感した。 / “台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|…”
台東区がホームレスを拒絶したのは今回一番驚愕したニュース。行政サービスが一部機能しなかった事例として改善して欲しいけど、こういうクリティカルな場面で機能しないのが分かりましたというのはあまりにもお粗末。
税金を払ってないやつを助けてやる必要がない云々の震源地はこれか
イスラム教のモスクは、ムスリムであれば誰でも泊まれると、友人が言っていた気がします。

@nanaoku_h|note(ノート)
これはほんとそうだと思う。今の自分は運がいいから今の自分でいられる。体を壊す、心を壊す、家庭が崩壊する、会社が潰れる、様々な避けがたい理由でいともたやすく人は転落する。この国は余裕がなくなりすぎてる / “台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|…”
税金を上級国民への上納金と勘違いしている層がいる。行政が行政の役割を果たさないならもう自警団作るしかないね。国の意味なし。 /
避難所にホームレスが受け入れてもらえなかったニュースで思った事を代弁してくれてた
ほんそれなのだ、すっきりした

@nanaoku_h|note(ノート)
バカにつける薬があった。
効くかどうかは、バカさ加減による。
とりあえずとりあえず台東区のやった事がOKだと思う奴は読め。読まねーならお前につける薬は無い。

@nanaoku_h|note(ノート)
@nanaoku_h|note(ノート)

「運次第で人間の生活はどれだけ努力していてもたやすく壊れる」
ホームレスの存在を認識しておきながら、こういうときだけ、「ホームレスの命が・・・」という人はやはり偽善者だわ。男尊女卑のフェミニストとか肉食の動物愛護活動家みたいなもので、矛盾してるんですよ。 / “台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|七億ち…”
この台東区の話だが、わしは驚かない、この国はこれくらい平気でやるんだ

@nanaoku_h|note(ノート)
一人でここまで生きてきた。そう思える人は、単に環境に恵まれていただけなんだよ。

@nanaoku_h|note(ノート)
うわ、文章うまい。 @nanaoku_h|note(ノート)
ホントこれ→"彼らは「運次第で人間の生活はどれだけ努力していてもたやすく壊れる」ということを、それがいつ自分に降りかかるのかということをいつまでも理解しない"/ @nanaoku_h|note(ノート)
今、自分がこの状態であるのは、ほんと、運がいいだけなのにね。
こんなんだから被害が拡大するんじゃないのかな… /
これは……すごい文章を書ける人がいるんだな……。こういうことを書ける人がいるのは、本当にありがたい。
@nanaoku_h|note(ノート)
そういう事だよなと思う

@nanaoku_h|note(ノート)
ノブレス・オブリージュ
@nanaoku_h|note(ノート)

( ´Д`)y━・~~ この人すげーわかってる。
名文。
ツイッターはバカも天才も地獄も天国も可視化する。

@nanaoku_h|note(ノート)
被災するしないは時の運だとわたしも思う。\
"誰しもいつホームレスになってしまうのかわからない。私はいつでも、自分がホームレスになっていないのは「運が良かったからだ」と思っている"> @nanaoku_h|note(ノート)
同意と共感しかない。「生活保護批判の問題でもそうなのだが、彼らは「運次第で人間の生活はどれだけ努力していてもたやすく壊れる」ということを、それがいつ自分に降りかかるのかということをいつまでも理解しないのだ」
@nanaoku_h|note(ノート)
さらっと読めて、論旨が明確。
導入もよい。
ギャグで有名な方が、こういった真面目な記事を書かねばならない辛さよ。この記事を書く労力で愉快なネタの1本も書けたろうに……。差別者のせいで日本が文化的に1つ豊かになり損ねてしまった。 /
@nanaoku_h|note(ノート)

運がいいって思わん人多いよなっ
@nanaoku_h|note(ノート)
「私はいつでも、自分がホームレスになっていないのは「運が良かったからだ」と思っている。」ほんとこの通りだと思う。
自分も今の生活があるのは運が良かっただけだと思ってる。
素晴らしいnoteです。この台風で命の選別をした区政とそれを是とする方への御意見です。是非読んでいただきたいです。今、私があなたが平穏でいられるのは、単に運が良かっただけ。本当にその通りです。
このnote、ただただ頷くのみ。
今住むところがあって、とりあえず収入もあって、なんとか死なないで生きていられるのはたまたま運が良かっただけ。
明日はどうなるかわからない。

@nanaoku_h|note(ノート)
私もいつも、私がこうしていられるのは「運が良かっただけ」と感じている。

「純度100%混じりっけ無し、言い訳無用でどこをどう見ても「行政が命の選別をした」ケースである。」
あの日、行政を責めた人も、その人を責めた人も、なにも言わなかった人も読んで欲しい。どれだけ自分の人生が「運」によるものであるかを、これだけ巧く書いた文章を他に知らない

@nanaoku_h|note(ノート)
災害時に避難所にホームレスの方を受け入れ、その方をケアし、秩序を守り、笑顔を向けるのは行政と、そこに身を寄せ合う全ての人の責務。責任分界を議論するほどの余裕はない。

@nanaoku_h|note(ノート)
ホームレスを避難所がお断りした件についての話。

余裕の無い個人が他人を救えないように、余裕の無い自治体が他コミュニティーの人間を救えないことも出てくるだろうなあ…

@nanaoku_h|note(ノート)
めちゃくちゃいい文章だった。たまたま昨日「公正世界仮説」について調べていたので胸に染みるものがあった。

@nanaoku_h
“人は誰しも、運悪く明日を奪われる立場である。住居を奪われ、安心を奪われ、未来を奪われる。”

本題部分よりも導入部分のこのお方のご実家のお話が興味深かったですわ。
@nanaoku_h|note(ノート)
地獄をさらに地獄にしていいって言うことかな…って
それが許されるなら行政、住民票、税金という制度と単語は存在しないんですが。
@nanaoku_h|note(ノート)
弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける。
ほんとこれ。全文推奨。"税金とはこの国に今行きているものの命や生活を選別せず救い、補うために払われている金であり、もしもホームレスを救えないというのなら「だったら払った税金返せ」と私は胸を張って言うし" / “台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった…”
意見が分かれる難しい問題と思う。私も運が良くてなんとか生活できている、あと少しで詰むところまで行ったけど。 /
あらゆる場面で自己責任論を唱える人に、その認識は間違ってると伝え続けたい。 /
@nanaoku_h|note(ノート)
衛生面を理由に挙げる人もいるけどそれは運用で解決可能な問題であり原則を揺らがせるまでのものではないとおもう(´・ω・`)
そのとおりです。/ @nanaoku_h|note(ノート)
/

権力って時に怖いねー…
人間らしさってなんだろうね
私はいつでも、自分がホームレスになっていないのは「運が良かったからだ」と思っている。
当たり前のことを言えない世の中なんて・・・
「運次第で人間の生活はどれだけ努力していてもたやすく壊れる」
@nanaoku_h|note(ノート)
そうだよ!努力できるかどうかも運次第だし、運のない人を救うのが行政の仕事!
「そのような自己責任論者」は公の役割と私人の立場の区別がついてない、敢えて踏み込んでいえば「公は俺のためだけにあれ」という欲に支配されているのではなかろうか。>
『もしそれで……自分達の大好きな「自己責任だ」という言葉で処理しようとするだろう』
このツイートを読んでこちら側にいるわたし達はたまたま運が良かっただけでいつあちら側に行くかわからないな、と。
このnoteも広く読まれるといいな、と。前半の同じ時代を生きているとは思えなかった貧困下での生活に言葉がつまる。その上での後段で放たれる言葉に打たれる。
弱者の命が行政によってふるいにかけられ、理解を放棄した者達が追い打ちをかける。非常事態になると誰しも余裕を失うものだけれど、その日、私はツイッターに確かに地獄を見た。

|七億ちゃん @nanaoku_h|note(ノート)
「私は運が良かっただけ」 ってめちゃくちゃ分かる…私は今偶然状況に恵まれてそれなりに生きてるけど、いつか辛い状況に陥る可能性って0じゃないものね
“なにより、誰しもいつホームレスになってしまうのかわからない。私はいつでも、自分がホームレスになっていないのは「運が良かったからだ」と思っている” /
@nanaoku_h|note(ノート)
外国の旅行者にも同じ対応するのかな、台東区。
大した資源もない日本から
「情」も無くなるのか、、
”「意外とどうにかなってきた」のはつまるところ、これまでが「運が良かった」だけ”: @nanaoku_h|note(ノート)
もっと見る (残り約50件)

記事本文: 台風の日、ツイッターに地獄を見た私は運が良かった|七億ちゃん|note

関連記事