TOP > ネタ・話題 > どの市町村で差がついているのか? 新潟県知事選の得票率と得票数を地図化|はる/みらい選挙プロジェクト(情勢分析ノート)|note

どの市町村で差がついているのか? 新潟県知事選の得票率と得票数を地図化|はる/みらい選挙プロジェクト(情勢分析ノート)|note

20コメント 2018-06-11 07:21  note.mu

今回の新潟県知事選は前回よりも投票率が上昇し、各社で出口調査が食い違う接戦の末、自民・公明の支持する花角英世氏が当選を確実にしました。 図1.今回の選挙の得票数 まず、今回の選挙の得票数を確...

ツイッターのコメント(20)

新潟県知事選の得票率と得票数を地図化|みらい選挙プロジェクト情勢分析ノート|note

佐渡と粟島は投票率も高いし花角さんに入れた人の割合も高い。
打越さんの今後の予定はどうなっているのかな🙄?
@aki_ai777 取り急ぎまとめてくれた方がいるみたいです。


たしかに年寄りの方が多いですね(察し
(ノート)

やっぱり下世話な話、前職の米山氏のスキャンダルが影響したかも?
面白いなあ。池ちかさんスタートをやっと切った感じでいってほしいなあ。
中越沖地震の被害地域を連想しました。
(ノート)
花角氏の故郷・佐渡が真っ赤。柏崎刈羽で事故が起きたら佐渡が被害を被る上、逃げれないのに。
大票田を押さえた事が勝因、という事ですかね。
新潟知事選の投票分析。
興味深いです。
(ノート)
※極めて興味深く価値のある数値データ。戦略vs勢いの結果、戦略が勝ったという印象
投票率もハズレた。新潟市が1番低いよおお!話題になっていなかったもんなぁ。 /  新潟県知事選の得票率と得票数を地図化 (note(ノート))
今回は、候補の出身地である佐渡市と若年層が多い新潟市中央区で圧勝したのが大きかったですね!
得票率分布図、地域別、前回との比較。どのようにして勝敗が決まったのか総括し、次の選挙に活かそう! / “ 新潟県知事選の得票率と得票数を地図化|はる/みらい選挙プロジェクト(情勢分析ノート)|no…”
池田候補の地元である柏崎から近くの長岡市で投票率が下がった原因が気になる。ここの投票率が高ければ恐らく結果はひっくり返ってた
一口に「新潟県」といっても地域差が大きいな。上中越、魚沼は池田押しだったようだ。
" 池田千賀子氏の得票率は46.2% "
はるさんの分析。
これはかなり面白い。
新潟県知事選の得票率と得票数を地図化|はる/みらい選挙プロジェクト(情勢分析ノート) 都市部は野党有利、投票率が伸びると野党有利、言われていたことと逆ですね。
新潟県知事選の得票率と得票数を地図化


ひとまず大至急で図表を公開しておきます。検討に活用してください。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR