TOP > ネタ・話題 > スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性|アプリマーケティング研究所|note

スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性|アプリマーケティング研究所|note

78コメント 2019-03-26 11:43  note.mu

最近「暇という感覚」が細分化していて、なんとなく「耳が暇」という感覚ってありませんか? ということについて書いてみました。 目次: ・「暇な感覚」がどんどん拡張している説 ・「お風呂に入ってる時間は...

ツイッターのコメント(78)

▼note(アプリマーケティング研究所):
言わずと知れたおもしろ有益情報コンテンツ発信者。
『耳が暇』という状況に対して切り込む形で「音声配信について」のデータなどを紹介してくれてる。
続きを読むには有料500円、500円を取り返せる程度でいいから有効活用してほしい。
今レクチャーで話しているスマートフォン上で常時接続型のコミュニケーションのあり方と,この記事で書かれている視聴触覚の「暇だから埋めよう(埋まると喜ぶ)」みたいな感覚は類似しているような気がする.
これを元にクラシックの需要を仮定🤔

①単に耳の暇を埋める音声コンテンツ(プレイリストとか)
②むしろゆり戻しで求められるマインドフルネスのための音楽
③本当は無になってリラックスしたい時も暇を感じてしまう現代病のひとのため気休めコンテンツ(①と②の間?)
なにかにつけてこれを感じる。
» スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性|アプリマーケティング研究所|note
何か聞いてなきゃ、見てなきゃ、食べてなきゃって休む暇0

私もそう
@appmarkelabo|note(ノート)
あーこの「暇な感覚」、耳についてはあんまりだけど目ではとても感じるやつ。本かスマートフォンが手放せない>スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性|アプリマーケティング研究所|note
分析がすごい…

@appmarkelabo|note(ノート)
共感しすぎる!でもたまに目耳手が忙しすぎて、爆発しそうになる。そして夜、眠れない笑
@appmarkelabo
分かる…
化粧している時にテレビついてないとすごい暇。(手と目は忙しい)
良記事!!→ @appmarkelabo|note(ノート)
凄まじい、、鋭い洞察!
@appmarkelabo|note(ノート)
ジムのプール行ったが(スマホもヘッドホンも使えず)暇すぎて1km泳いで即帰った。

@appmarkelabo|note(ノート)
@appmarkelabo|note(ノート)
これマジやな スマホとか持ってなかった頃は支度中に暇っていう感情がなかった
耳が暇な時が多い気がする
「スマホに慣れて多くの人が、交差点で信号を待ってるときを「暇だ」と感じる、エスカレーターに乗ってるときを「暇だ」と感じる」 / “スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性|アプリ…”
スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚 - うんわかる。目でも時間コマ切れで捉えて余裕があるって思う感覚も。目耳手それぞれ単品とか、たまに目で追えば済むコンテンツのニーズありそう。
わたしめっちゃこれだわ。一度に2つ以上やらないともったいなく感じてしまう🤤
21世紀もそろそろ1/5が過ぎようとしてるので、人類はこういうニュートラルな活動で目先の利益を追求するようなことをやめて森を見たほうがいいと思う
めっちゃ分かる。こういうときは能動的にコンテンツを探したくないから受動的に楽しめるものが良い。YouTubeの自動再生は微妙。
Spotifyの音声広告の普及やCVRの高さもこの辺の話がベースにあるっていってた

@appmarkelabo|note(ノート)
「暇という感覚」が細分化している

本来暇ではなかった時間を「なんとなく暇だ」と感じてしまう人が増えています。それは、目や耳が空いてると暇に思えてしまうという感覚からきているそう。このnoteでは、まだ少ない「耳の暇」の可能性に注目しています。

@appmarkelabo
(自分が若い人なのかどうかは別として)この感覚わかり過ぎる…なんかめっちゃスッキリした。
温泉にタブレットとイヤホン持ち込みたい…

“例えば、いまの若い人は「お風呂に浸かってるとき」を暇だと感じている人がわりと多いようです。なぜかというと「目や耳が暇だから」”
これは面白い考察だな。

@appmarkelabo|note(ノート)
Airpodsユーザー暦1年半くらいですが、普通のイヤホンをまだ使ってる人が信じられないw 体感的にもAirpodsユーザーは多いと思う。
@yajima_dual これおもしろいっすよ!
スマホ(便利なアプリ)慣れしてくると、こういった副作用があるので要注意ですね…^^;
お風呂でアイスやYouTubeめちゃくちゃわかる〜
というか私の家はお風呂がバカ広いので、1つの部屋だとしている🙌
重度のこれなのですごいわかる。。テレビ見ながらスマフォが当たり前なので、「映画館は映画見るしかできないから暇」なんだよねー、しかも早送りできないし
「暇な感覚」がどんどん拡張しているの、確かに納得感あるな〜。

@appmarkelabo|note(ノート)
それ…!
メイクしながらおかめびびちゃんの人生論系動画聞いたりするなあ。

@appmarkelabo|note(ノート)
この傾向あんまりよくない気がする。
なんでとははっきり言えないんだけど。

@appmarkelabo|note(ノート)
めちゃわかる。

ちょっとズレるけど、これってたとえばTikTokを売る時の枕のトークにも使える。

「いまって暇が細分化されてて、たとえば耳が暇って意識があるんです」

たしかに

だから視覚と聴覚の暇が一気に潰せるTikTokが伸びてるんですよ

なるほど!

的な
@appmarkelabo|note(ノート)
これ完全に依存症だろ。常にスマホ使わないと落ち着かないとか充実じゃなく病気だわ
@appmarkelabo|note(ノート)

すっごくわかる
これ
めっちゃ自分に当てはまってるわと思った
ゲームしてる時とか作業してる時も動画とか音楽とか流してないと気が済まないし
逆に動画だけ見てるのも落ちつかない
めっちゃわかるわーって感じた
最近全く同じこと思ってた。。

お風呂上がりにストレッチしてる時、何か見たり聞いたりしたくなって、ついスマホ触ってしまう

スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚 アプリマーケティング研究所 @appmarkelabo|note(ノート)
"「暇な感覚」がどんどん拡張"
"なんとなく「耳が暇」"

めっちゃわかる…。お風呂入る時はYouTubeで音声だけでわかる動画再生しながら、読書して耳と目の暇を埋めるみたいな。

YouTubeのライフハック系動画は音声だけで理解できるラジオ的コンテンツがどんどん増えてる印象
目も耳も手も使ったら、その分疲れやすくなるだろうよ。しかも、それを歩きながらやったら、より疲れるわな。…で、その疲れを癒すためにマインドフルネスだーで、瞑想するんでしょ。もう、ひとつでいいだろ、意味わからんやろw
なるほど。
まあ気分は良いけど作業とかは捗らないな。しかもこの感覚があると、空白の場合気になって集中出来ないというジレンマ。
あるあるすぎて怖い。。汗

とりあえず、信号待ちとか、電車待ちとかスマホだしがち、お風呂はBluetoothスピーカーで音楽飛ばして聞く程度

スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性|
「暇の拡張」本当にそう!
私はお化粧中はスマホからラジオ流してて、お風呂も防水スピーカー置いてるのでラジオ聞きつつ、お風呂の壁にかけるクレヨンで落書きしたりしてます!
これこれ!!ドラマ見ながら仕事しないと頭の中が物足りなくてそわそわする。いうて時間を無駄にするのも好きだから、何も無しの贅沢感も好き。
わかるー!これずっと続けてると脳が疲れちゃうのでやめたいんだけど、やめたらやめたで脳が欲する感覚があってやべえ。
ヒマ消費時代。デバイスがコンパクトになって、いつでもどこでも動画も音声も人との会話も楽しめるようになったから、少しでもヒマがあればコンテンツを楽しむ時間に変わっている👂

アプリマーケティング研究所 @appmarkelabo
すごくわかる!録画した番組見ながら、手元ではスマホいじって、膝元にPC開いてyoutube流してる。

TV 目
SNS 手
PC 耳

で充実w

@appmarkelabo|note(ノート)
おもしろ。最後まで読みたい

スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性|アプリマーケティング研究所|note
「イメージとしては、「手の暇」「目の暇」「耳の暇」みたいなものがあり、そこに空白があると何かしらの手段で埋めようとする。」めちゃわかる!
これわかるわぁ。風呂は動画なしには入れない。

@appmarkelabo|note(ノート)
もっと見る (残り約28件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR