TOP > ネタ・話題 > 香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろう)|note

香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろう)|note

98コメント 登録日時:2019-08-13 20:42 | noteキャッシュ

 チベットや新疆ウイグル自治区の問題は、あまりにも酷すぎて憤りを感じるけれども、香港や台湾の問題は「いよいよこれは大変なことになったぞ」と思うわけです。 香港空港が運航再開 デモ影響、13日も200便以上が欠航へ 【北京=西見由章】香港の航空当局は13日、12日午後から停止していた香港国際空港を出発する便の搭乗手続きを再開した。中国本www.sankei.com  天安門事件のような武力侵...

ツイッターのコメント(98)

(ノート) “経済が中国資本に依存しすぎて苦渋の決断を政府が取り、日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人をぶん殴るような事態にならないようにすることに尽きます”
僕が香港を気にかけている理由。近未来の日本の姿であること。そして友達がいるから。
香港の問題は、大局的に見ても大変な事態です。
経済的合理性で、決まるのかと思ってたけどそうじゃないのね
(次の標的は日系人かもしれないし)場合によっては中国人排斥の動きを起こし、場合によっては踏み絵を行いその中国人が我が国に相応しい人物であるかどうかを判定しようという話になるかもしれません / “香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろう)…”
色々新しい時代がアジアにも来てるなぁと、他山の石。
(ノート)
(平和な)日本はこれから何をするべきなのか、虚心坦懐、冷静に社会、国家、教育、産業の何たるかをいちから考え直す必要があります
香港加油!
日本の未来の姿にならないように、この国の有り様を考えないとね。
パワーバランス変化がもたらす崩壊は外縁部・緩衝地帯から始まり、今の韓国や香港で起きていることはその一例という冷静な指摘。

外縁部の一つである日本に住まう私達にも無関係ではありません。

香港が大変すぎて、見ていて悲しい
よく書かれた記事だと思う。日本では太平洋戦争以来は戦争に縁がなく、どこか遠い世界のことのように感じられてしまうが、それほど遠い話ではない。 /
読んでいる:
ちょっと違う。香港は反共産で北京政府とやり合っているが同じ中国人。北京オリンピックの聖火ランナー騒ぎで何が起きたか。尖閣をめぐって北京・香港・台北はどう反応したか。日本のマスコミの民族性はどうなのか。 /
うわあリアル
日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人をぶん殴るような事態
香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろう)|note(ノート)
一番しっくり来た解説。
一部で大絶賛されているコイツ。

「🇨🇳社会が制圧・混乱・分断し、🇨🇳人は世界中で厄災を振りまくだろう」
「🇯🇵人は🇨🇳崩壊の未来を直視し、今からでも脱🇨🇳を考えよ」
という、太古より小銭を稼ぐ宮崎正弘・長谷川慶太郎メソッドから一歩も進化してないアレだと早速見切る。
やまもと氏の論考久しぶりに読んだが、かなり悲観論になっている。
>戦争したくねえなあ。平和が一番だよ。心から、そう思います。
“繁栄と友好を約束してくれているはずの中国人が親共産党派と民主派に分かれて騒動を起こし、単なる地政学上の問題ではなく社会的に分断を呼び起こしている” /
国益に直接的な害がなければ他国も各種連盟も動かない。香港のデモの終局は誰がみても明らかであり、香港の警察も中国に雇われた同じ人間である。状況は変わらないし変わるとすればクーデターしかないだろうけど無理 /
中国とどう戦争するか、ないししないかは、アジア2000年通しての各国の継続課題であり、それが21世紀も特に変わらず続いている、という話ではあるのか?/
“戦争したくねえなあ。平和が一番だよ”日本に武力攻撃はほぼ無いだろうが、内側から人権と人手不足を狙い撃ちしてくるんだろうなという気はしている。気が付いたらいつの間にか「日本」が無くなっていた、なんて /
>経済が中国資本に依存しすぎて、日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人をぶん殴るような事態にならないように
>いま香港が置かれている現状がこれだ、ということです

香港が大変すぎて見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろう)|note(ノート)
平和が一番、香港大丈夫なんかなぁ… /
もう内戦すれすれ
“入管法をどう考えるのか、いま日本を楽しんでくださっている外国人旅行者や、日本がいいと言って来てくれている技能実習生、日本を選んで定住してくれるという留学生も含めて、日本社会とは何であるか、誰を受け” /
@cnn_co_jp の今の状況は、あるかも知れない近未来の日本に重なる。『私たちが香港のために、あるいは、韓国や台湾、ウイグル、チベットのために、民主主義国として何ができるのか』
日本の周辺に中国の軍艦が来て、日本に住んでいる中国人同胞の権益と安全を守れと中国から要求され、経済が中国資本に依存しすぎて苦渋の決断を政府が取り、日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人をぶん殴るような事態にならないようにすることに
これはこれで中国ヘイト or ナショナリズムになびかせるんじゃないの? 本人の本当の意図は知らんけど。
山本一郎氏が憎まれ口たたけないレベルのヤバさと理解。
中国、あの広さと人数で情報統制がそこまで行き届いているなんてすごいな。/我々は帝国の終焉を見るのだろうか... /
(ノート)
香港加油
「外国人を差別するなという人権思想は試練に立たされ、綺麗事と現実との間で〜」という部分がリアル。今の日本では「ヘイト」という言葉が独り歩きしているが、その行く末は外国人に物申せなくなる社会。 / “香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろ…”
“中国の軍艦が来て、日本に住んでいる中国人同胞の権益と安全を守れと中国から要求され、経済が中国資本に依存しすぎて苦渋の決断を政府が取り、日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人を” /
香港のデモは民主主義の戦いですよみたいな趣旨。 /
対岸の火事じゃないって事がよくわかる。
「老大国である日本が衰えゆく国力を何とか抱えながら存在感を維持しようとするとき、私たちはいったい何を考え、どう行動するべきなのかはちゃんと考えておく必要があります。」/香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎
"戦争したくねえなあ。平和が一番だよ。心から、そう思います。"

山本一郎さんに同意しか無い日がくるとはw
各国国家が中国人を受け入れれば入れるほど、頼れば頼るほど、喰えなくなった中国人をどう国内で維持するのかという課題を突き付けられ / 香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろう)|note:
真の安全保障とは軍備増強でも近隣諸国と友情を深めることでもない。互いを利害関係で固めて分断さえ起こし得ない状況を作り出すことだ。交渉と妥協でしか解決し得ない、争いなどあり得ない環境の構築である。 / “香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもとい…”
私も全く同意です。
「資源の輸入なしには日本は成り立たたない日本が一番享受している平和な世界が、アメリカの衰退と中国の台頭による対立によって脅かされている。日本はこれから何をするべきなのか、虚心坦懐、冷静に社会、国家、教育、産業の何たるかをいちから考え直す必要があります」
トランプが在韓米軍を引き揚げたがってるの、昔の米国務長官アチソンが「韓国は防衛線の外だ」と演説して朝鮮戦争を招いた過去の再来にならなきゃいいけどね… /
天安門事件を起こした中国共産党の支配のまま超大国になった中国は世界に不安定を齎す。 /
「経済が中国資本に依存しすぎて苦渋の決断を政府が取り、日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人をぶん殴る」 こんな未来は嫌だな。でもそうならないためにどうしたらよいか?行動しよう。 /
平和を望むなら香港やチベットやウイグル自治区から目を背けては駄目だと思う。
香港、10中8,9で軍隊投入&制圧になるだろうけど、そのあとで「やまもといちろう」が入国できるかどうかに注目したい。
こういうことを問題提起すべきマスコミはさっき「香港からの帰国者に話を聞いて香港がどんな様子か」報じてたわけで、現場で取材すらしてない状態だもんな。呆れる。
戦争したくねえなあ /
大局的な面で上手いことまとめる文章は流石。これからのパワーバランス次第で苦境に立たされる可能性高いんだけど果たして与党に危機感あるのか、うーん
「心から、「香港加油」と言いたい」

-
(ノート) 香港、ウイグル、チベット、韓国を放置していいのかという問題。
“民主主義国として何ができるのかを考えるべき時期に来た” 日韓の紛争,北朝鮮,日米関係,愛トリの騒動,安全保障,沖縄,メディアの衰退,日本人のアイディンティティ,全てが日本の民主主義の問題に収斂する. /
香港のデモは暴徒化しているとの情報もあるので、ナイーブに香港加油と言うのはかなり抵抗があるのだがなあ。 /
日本もバブル以降大変だったけど、中国の場合は経済規模も人数も国外事情も国内事情も共産党政権も段違いで、経済成長で国内を養えなくなった時にどうなるのか本当に恐ろしい /
おこがましいけれど、考えている事は大体同じです。こんなにキチンと言語化出来ないけど。
しかし台湾とかでこの案件だけで蔡英文支持が一気に逆転…みたいにならない辺りとか韓国のアレとか見てても、基本的には「民主主義自体がオワコン」的なシフトに乗る輿論もこの周辺に蔓延してるのかも感は微妙に。 /
私の意見は床屋談義のレベルだが、日本ができることの範囲は狭いのではないか。今は入国管理に際して誰を受け入れるのかは大事だと思う。 /
「その日本が一番享受している平和な世界が、アメリカの衰退と中国の台頭による対立によって脅かされているとするならば、日本はこれから何をするべきなのか、虚心坦懐、冷静に社会、国家、教育、産業の何たるかをいちから考え直す必要があります」
天安門事件とは、異なる決着ではありそうですが。
他人事ではない香港 /
(ノート)

日本の立ち位置を振り返りながら、ローマ衰退時のガリア地方みたいって表現に、あーなるほどと感心してしまった。この時期、過去の戦争ネタ多いけど、今ある危機を考える良いテキスト。
(ノート)
他人事ではなくなりつつある周辺諸国と日本の将来についての危機感
山本一郎氏の「香港加油」に激しく同意。→

しかし「戦争したくない」と不安がるのではなく、経済活動を(一時的に)犠牲にしてでも自由主義を守る決意を日本人はしないといけない。

隣国と摩擦が起きると「経済損失」と言うのは本末転倒。安全と自主あってこその経済。
戦争起こるの本当に嫌だ…。
もし中国が武力使ってでも香港黙らせるなら、次は台湾だよ。やだー。
(ノート)

「戦争したくねえなあ。平和が一番だよ。心から、そう思います」

ちゃんと最後まで読むと、その言葉の「重み」を実感しますね。
単なる綺麗ごとでは済まされないのですよ。良記事。
みてる:
「アジアの安全保障再定義とともにアメリカの…ワントップ体制からNATOのような集団安全保障体制をどう築くのか…へと移行…日本が衰えゆく国力を何とか抱えながら存在感を維持しようとするとき、私たちはいったい何を考え、どう行動するべきなのか…考えておく必要が」
心底同意。 /
同意。脅威は対岸の話ではない。 /
ほんと「香港加油」だな。中国的価値観に屈服しないためにも日本経済の再生が必要なのだが…。消費税なあ…。/本件にかこつけてリベラル叩きする人がいる謎。我々はリベラルだから民主主義を応援するんじゃないの? /
日本人も芸能とかにいつまでも気を取られてないで、自国のこと真剣に考えるべきだよね
(ノート)
ローマのガリア、でああ、みたいな。
香港の問題。詳しい知識は持ってないけどウイグルの民族浄化や台湾の問題とは質が異なると思う。西側的価値観が維持されたら僕もいいとは思うけど、元々は中国のものだし。妹が香港住んでるけどどうするのかな…。 /
やまもとさんが言うとマジでヤバイのかなと。-
中国との付き合いをどうするかっていうのは、結局人類の歴史なんだよなあ……。元隊長がここまでいうのはなかなか重いよ。 /
○○資本に依存しすぎて苦渋の決断を政府が取り、日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人を…
良文回覧//
“日本が一番享受している平和な世界が、アメリカ…と中国の…対立によって脅かされているとするならば、日本はこれから何をするべきなのか…社会、国家、教育、産業の何たるかをいちから考え直す必要があります” /
(ノート)

山本さんが「戦争したくねえなあ。」っていうのは重いねえ、、、
それなりに情報持ってるだろうし
読んでて悲しくなってきたけど、悲しんでるだけでは済まない時代に突入し田ということは確認しておきたい。
オリンピック後のジャパンが不安すぎるな。
うん、戦争したくねぇ。→
他人事ではない。東アジアは過去と未来の日本だと思う。香港がんばれ。
これにつきます「戦争したくねえなあ」
(ノート)
久々に山本さんのこういう文章読んだ。
「日本に住んでいる中国人同胞の権益と安全を守れと中国から要求され、経済が中国資本に依存しすぎて苦渋の決断を政府が取り、日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人をぶん殴るような事態にならないようにすることに尽きます。」
歴史に学ぶって言うのは、こういった考え方の事なんだろう。
どう転んだとしても日本は無傷で済まされない状況だと思います。せめて被害の軽減を。綺麗事ではない、しかし地に足の付いた大義名分を掲げた上で、刻々と変化する状況に対応することで生き延びるしかないと思います
トランプ政権の同盟軽視の姿勢が東アジアの安全保障を流動化させている、というのはある程度正鵠を射ているとして…異なるオプションを考えないまま香港を、台湾を、韓国を、そしてチベットやウイグルを放置していいのか、という問題は日本人に突き付けられている
もう、ほんとうにこのとおり。そのために今何を考え、何をしなくてはいけないのか。悩ましいです。

「戦争反対」と叫んでいれば戦争が避けていってくれると考えている方々は幸せですね。

「戦争したくねえなあ。平和が一番だよ。心から、そう思います」
「日本国家のために働く警官が日本社会のために立ち上がる日本人をぶん殴るような事態にならないようにすることに尽きます」WSJの報じる香港警察の窮状を我が事と思える力が必要と。>香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎
大きくなった娘と一緒に外国に移住するというのはありかもなぁと思っている。15年後とか。移住先はその時の状況次第。嫁は日本で働き続けて我々に仕送りする。うむ。
気になります。
(ノート)

他山の石じゃないんだよねまじで、という文章の締めに共感しか覚えない。
ほんとに。「戦争したくねえなあ。平和が一番だよ。心から、そう思います。」
以上

記事本文: 香港が大変すぎて、見ていて悲しい|山本一郎(やまもといちろう)|note

関連記事