TOP > ネタ・話題 > 週刊金融日記 第351号 改めて考えるネット時代の脱サラリーマン論、Amazonジェフ・ベゾスが浮気が原因で離婚して奥さんに株を半分取られる、目黒でトマト味噌牛鍋、日本の若い女はめちゃくちゃクラミジア持|藤沢数希|note

週刊金融日記 第351号 改めて考えるネット時代の脱サラリーマン論、Amazonジェフ・ベゾスが浮気が原因で離婚して奥さんに株を半分取られる、目黒でトマト味噌牛鍋、日本の若い女はめちゃくちゃクラミジア持|藤沢数希|note

16コメント 2019-01-15 07:20  note.mu

// 週刊金融日記 // 2019年1月15日 第351号 // 改めて考えるネット時代の脱サラリーマン論 // Amazonジェフ・ベゾスが浮気が原因で離婚して奥さんに株を半分取られる // 目黒で...

ツイッターのコメント(16)

法的なのか文化的なのか、社員の首を切れない、あるいは切らない日本の大企業だと、ネットでこれだけビジネスできる時代には内部の副業プレイヤーにカモられる続けるな。
ネット・ビジネス副業し、軌道に乗ってから会社を辞めればいい。
メルマガのバックナンバーに全部書いてある。
各号たったの200円!

第28号
週刊金融日記 第164号
第199号
週刊金融日記 第247号
第328号

週刊金融日記 第351号
私も学生時代の友人で現在も連絡が取れる人は数人しかいないコミュニケーションが大して必要ない人間なので、僭越ながら、冒頭の文章で親近感を覚えてしまいました> @kazu_fujisawa
第351号読了
これから社会人になっていく時に不安になってた副業に関する記事とバックナンバーが紹介されてて、後で全部買って読もう
週末頑張って軌道に乗ってから会社はやめよう
週刊金融日記第351号読了
妻との性行為は納税と同じ義務(笑)ピルの使用率ってそんなに高いんか。やはりゴムの使用はマストでピルと同じくメリットしかない。快感を損ねるって人が多いけど射精時が絶頂な訳でその時に中の方が快感度は高いと思う。
第351号読了。
サラリーマンは金持ちになれないというウソ。そして世に脱サラの情報商材が溢れるワケ。
いきなり脱サラしないで、まずは副業でもやってみな!
351号

寒いからSフェーズに移りにくいとの質問に所長の明快で端的な回答

環境を味方につけんとね
わいはアイス買ってから寒いから家で食おていうてるだけやけど、だいたいなんとかなる😇
週間 読了しました。

冒頭での仕事に対しての内容は非常に共感して面白かった。
現在の教育や社会に対しての不満を当たり前と考える人間は一度目を通した方がいいかも。
読了。
海男氏のGood DadのAフェーズ突破について。

不細工や、good dad臭持ちなどGood Genesに判断されない人ほどモテ感をトークで演出するしかない。

「いつもやってるんでしょ?」と思われるようなチャラいルーティンが吉。(続く

@kazu_fujisawa
分かるわ。これ。


→サラリーマンが楽しいかどうかを決めるいちばん大事な要素はなんと言っても上司です。尊敬できる上司の下で働ければ天国、そうでなければ地獄です。
→お客さんだった学生から、金をもらって今度はお客さんにサービスを提供する立場になるわけですから、大変に決まっているのです。そして、新人サラリーマンのお客さんは上司ひとりです。まずは、自分の上司を満足させないといけないわけです。まあ、大変ですね
頑張ります!

ネット・ビジネスぐらいならサラリーマンやりながら副業でできるので、会社辞める前に、まずは週末にでも全力でやってみなさい。@kazu_fujisawa

改めて考えるネット時代の脱サラリーマン論、他
金融日記351号。
まさか脱社畜サロン問題が取り扱われるとは笑
リーマンにはリーマンの良さがある、フリーランスもまた然り。
やろうと思えば両立できる現代で、わざわざどっちかを捨てる縛りプレイをする必要はない。
リスクヘッジっていう視点も必要だよね。
読了

フリーランスと勤め人。
人数構成比が違うし、SNSで目立っているフリーランスは成功した人たちが残っているだけ。ファンダメンタルズバリューを磨き、勤め人の傍ら副業を育て上げる。独立するのはその後でも遅くないはず 日々研鑽できてるか?
週刊金融日記第351号
「そもそも人間というのは、人とのコミュニケーションを必要とするタイプと、必ずしも必要としないタイプに分かれるんじゃないか、と思います。」
これ、めちゃくちゃ納得。
僕も後者だな〜。
コミュニケーションは嫌いでも苦手でもないと思うけど。
読了
みんなそんなに生でやりたいのかな?そういう欲求があったとしても、リスクと釣り合わないよなぁ…デキ婚狙いとかもありそうだし
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

もっと読む
PR