千葉台風関連の記事一覧

TOP > ネタ・話題 > マーケターよ、たくさん稼ごう。そしてめいっぱい遊ぼう。|池田 紀行|note

マーケターよ、たくさん稼ごう。そしてめいっぱい遊ぼう。|池田 紀行|note

42コメント 登録日時:2019-09-11 22:45 | noteキャッシュ

お金、特に、金持ち or(VS) 貧乏を語るネタは発火しやすい。人によって意見が分かれるのは火を見るよりも明らかだし、言われてムカつく人も少なくなから、致し方ないとも思う。 がしかし、そんな可燃性の高いネタを、ヤマシタ マサトシさんがぶっ込んできた。そこかしこに見られるきめ細かな言葉選びと配慮がヤマシタさんの人間性を表していて素敵だ。大丈夫、僕は味方だよ♪ さて、僕もこのnoteでいろ...

Twitterのコメント(42)

自分自身が、一番の消費者であること。

池田 紀行さん @ikedanoriyukiが、マーケターとお金について語ってくださいました。たくさん稼ぎ、そしてめいっぱい遊ぶことで人としての幅を広げ、奥行きを深めることが重要だといいます。
やっぱりそうだと思う。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
マーケの想像力を磨くのは自身の経験に他ならない。共感しかないです!

様々な経験は営業でも活きますね。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
マーケターは好奇心強い方が自分も含め多いので、体験・経験したいんですよね~。
身体感覚での経験はホント自分も大事にしてます。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
経験値増やして、いろんなことがわかる、想像できる人になりたい!

そのためには、お金がないよりもある人生がいいよなあ。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
仕事が好きな人ほど仕事にばかり没頭しがち。
@ikedanoriyuki|note(ノート)
経験してないことはイメージすらできない。一旦、圧倒的に稼いで、圧倒的に遊ばにゃ駄目だ!経験したあとに、自分にぴったりのライフスタイルに戻ろう、と。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
幅広い経験をしなければ相手のニーズや気持ちはわからない。
それをする為の一つの手段として稼ぐことが必要。
そして、マーケターは人間力が試される職業のようだ。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
「無い人は、有る人の気持ちを想像することが難しいけれど、有る人は、無い人の気持ちを想像することができる」
これはおかねの話に限らない。ほんとうに、そうおもった

"無い人は、有る人の気持ちを想像することが難しいけれど、有る人は、無い人の気持ちを想像することができる"

@ikedanoriyuki|note(ノート)
カードの請求額が大変なことになっていたのでこちら読んで心鎮めてます
一度も飲んだことがない高級シャンパンブランドのお仕事を担当した時を思い出した。案件が終わった時、上司がご馳走してくれました :
マーケ関わっていたら身銭切って経験しないとーと散財の言い訳にしているので共感…
ただ求人みている限り、マーケポジションって相対的に給与レンジ上がりづらくなってしまっている印象

@ikedanoriyuki
ユーザーと同じ体験をする。
ECの仕事だったら、商品を使ってみる。色々なサイトで買い物をする。それだけでも得られるものがあります。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
とても同意です。安い物もそうでない物もイロイロ経験すると見えてくる。
@ikedanoriyuki|note(ノート)
様々な物の買う人と買わない人の気持ちを、縦横無尽に想像できなければならない。
経験してないことはイメージすらできない。
自分自身が一番の消費者であれ。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
「経験してないことはイメージすらできない。」まじでそれだ👻選択肢を知らないと選択出来ないし、想像も出来ないよね💪▶︎▶︎
>経験してないことはイメージすらできない

本当にそうだと思う。想像力には限界があるし、そもそも想像力を養うためにはいろいろ経験しないといけない。お金かぁ
体験できることは、人生を輝かせる種になる。

”そこに来ている人は、どんな人たちで、どんな文脈を消費しているのか。それを体感して、実体験として理解することがマーケターにとって最も重要なことです。”

@ikedanoriyuki|note(ノート)
まさに本来あるべきマーケターの姿
→もがきまくりのワタシへ

@ikedanoriyuki|note(ノート)
PRパーソンにおいても大事なことだと思う

@ikedanoriyuki|note(ノート)
大いに納得。
これを自分も感じたから、とにかく20代は稼いで遊びまくる事を誓って今に至る。

先々の人生も勿論あるから、結婚とかそういうライフイベントを捨ててるじゃんと言われればそうなのかもしれないけど、自分で選んだ事だからね(笑)
「すべてが遊びで、すべてが仕事亅といえば編集者もそうなんですが、最近は編集者志望も減ってるようですね。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
>>そこに来ている人は、どんな人たちで、どんな文脈を消費しているのか。

>>人としての幅を広げ、奥行きを深め、いろいろな人の喜怒哀楽を、ちゃんと想像できるようになること。思わず触手が動いちゃう「企(くわだ)て」ができるようになること。
同感です。少なくとも私はそこそこに薄く広く楽しむミーハーな浪費家ですが、結果的にその浪費は仕事のリターンとなり、投資になっていたと後講釈ですが実感してます。
@ikedanoriyuki|note(ノート)
トライバルには、「人の2倍働き、人の2倍遊べ。すべてが仕事で、全てが遊びである」という行動規範があります。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
その通りだ→経験してないことはイメージすらできない。
@ikedanoriyuki|note(ノート)
めちゃくちゃいい記事。人から話をめっちゃ聞かせてもらうなりして、擬似的にでもいいから「経験値」をたくさん持っておかないと、企画などに血が通わないのはこれまで非常に感じたこと

@ikedanoriyuki
"そこに来ている人は、どんな人たちで、どんな文脈を消費しているのか。それを体感して、実体験として理解することがマーケターにとって最も重要なこと"

@ikedanoriyuki|note(ノート)
>マーケターは、知識だけじゃつとまらない。ゴリゴリの仕事人間じゃ、ワークライフバランス派の人の気持ちはわからない。無趣味の人には、趣味人の人の気持ちはわからない。

@ikedanoriyuki
イメージできないことは実現しない。ごもっともの言霊です。▶ @ikedanoriyuki|note(ノート)
だいたい一回「傲(おご)る」けど傲ったあと落ちてからが本番でそこからばっちばちに伸びていった人が本物だよなーとか思う。
でも健全に稼ぐって言うのは大事なことよね。
@ikedanoriyuki
私も、激安・コスパ重視〜高級・富裕層向けまで、どちらのタイプの商品も躊躇なく試します。吉牛も行くし、超高級フレンチも行くよ。それがマーケターの技術に直結するのです。▷ @ikedanoriyuki
きちんと生活して、物事の解像度あげるの大事だと感じる。お金を使って、物を買って、経験して感じて。お金で得れないものもあるけど、得れるものもある。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
人は経験したことがないとイメージもつかないからなあ

>人としての幅を広げ、奥行きを深め、いろいろな人の喜怒哀楽を、ちゃんと想像できるようになること。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
経験してないことはイメージすらできない。一旦、圧倒的に稼いで、圧倒的に遊ばにゃ駄目だ!経験したあとに、自分にぴったりのライフスタイルに戻ろう、と

@ikedanoriyuki|note(ノート)
発火成分高めですが、面白い。
すごく共感。「食わず嫌いせずにとにかく一度やってみる」は自分の行動規範として、ずっと意識してる。

やってみて初めてわかることってたくさんあるもんね。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
パパスや池田さんに頷きが止まらない🙌

グレず、傲(おご)らず、まっすぐ稼ぎ、まっすぐ遊ぶ。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
お金持ってる人の気持ち、お金持ってる人しかわからない。至極真っ当すね…。

@ikedanoriyuki|note(ノート)
以上

記事本文: マーケターよ、たくさん稼ごう。そしてめいっぱい遊ぼう。|池田 紀行|note

関連記事