TOP > ネタ・話題・トピック > note > ストーリーの文章...

ストーリーの文章、ストラクチャーの文章|横田大樹(よこたひろき)|note

26コメント 登録日時:2018-01-22 08:35 | noteキャッシュ

起業家のけんすうさんが、ブログの書き方についてとても興味深いツイートをされていた。 これでハッと書きかけのnoteの下書きを思い出したので、急いでまとめておく。 ◇         ◇ 編集者がライターを選んだり文章のディレクションをするとき、あるいはライターになろうとする人にも役に立つんじゃないかと思う考え方がある。 それは、文章を ◎ストーリーの文章  ◎ストラクチャーの文章 の2種...

Twitterのコメント(26)

ぼくは完全にストーリーな気がする

ストーリーの文章、ストラクチャーの文章|横田大樹@editoryokota
文章を2種類に分ける
◎ストーリーの文章 
◎ストラクチャーの文章

主観的でありながらわかりやすく、客観性と共感が共存するような文章

@editoryokota|note(ノート)
ストーリー|ストラクチャー
  主観的|客観的
  感情的|論理的
  直線的|樹形図的
   共感|理解
 話し言葉|書き言葉
おもしろい|わかりやすい
   動的|静的

@editoryokota
なるほど、私はストラクチャー脳だ。
机の前に貼ろう。
僭越ながらめちゃくちゃ共感。

@editoryokota|note(ノート)
>ストーリーとストラクチャーの両方を高レベルで書ける人、というのは、ものすごく、ものすごく稀な存在なのだ。
だそうです。
@rutty07z ストーリーとストラクチャーの話と画像を引用させて頂いたのは、
横田大樹さんのこちらのnoteからです。

紹介してくださったともやさんありがとうございます!^^*@ShpTomoya
ここでいう「ストーリー」と「ストラクチャー」が、違えどもかなり近寄っているということが、テイストとして読み手に伝わることが、伝えるという行為なのかなと。
これはほんとそのとおりだよね… / “ストーリーの文章、ストラクチャーの文章|横田大樹(よこたひろき)|note”
"良い文章はたいてい、このストーリーとストラクチャーが適切な塩梅と順番になっている。主観的でありながらわかりやすく、客観性と共感が共存するような文章"
最近文章をよく書くようになったので、書き方についての文章、とても面白い。|
音声入力は、結構使っている。確かに手書きとは違う文章になって面白いと思う。
使い分けと統合が課題だなあ。ストラクチャーが多いから、自分のストーリーをもっといれていきたい。
“明らかにストラクチャー主体の本であっても、序章と終章は読者の共感を呼ぶように(読んでもらえるように&買ってもらえるように)ストーリー性を強くする、というのは1つのセオリーだ。” / “ストーリーの文章、ストラクチャーの文章|横…”
"良い文章はたいてい、このストーリーとストラクチャーが適切な塩梅と順番になっている。主観的でありながらわかりやすく、客観性と共感が共存するような文章"確かに両方を行き来できる人、めったに見かけない… / “ストーリーの文章、スト…”
これはこれからのブロガーにホント求められるわ。
意図的な書き分けができたら最強!
これ時々、横田さんに教えてもらうやつだ。ライティングがセンスである所以は、ストーリー型にこそ表れるのではないかと思う。/
私もストラクチャー寄りなのかなー。音声入力、試してみよ・・・。
なるほど……これはめちゃくちゃ分かりやすい。音声入力なら嫌でもストーリー文章になるね……やろっかな……!
> 構造的に書かなければならないのは分かっているが、どうしても筆が止まってしまうらしい。

わかる気がする…(´ー`)
ベストセラー編集者・横田さんのnoteが更新。文章にしてもアイデアにしてもこの視点は大事ですよね。/
ストーリーとストラクチャーの対比がわかりやすく面白い!
文書つくるときは意識してみよう!
久しぶりにnoteを書きました。けんすうさん @kensuu は最先端かつ本質的なつぶやきをされるので、ライターや編集者は絶対にフォローしておいた方がよいと思います。

ストーリーの文章、ストラクチャーの文章|横田大樹|
以上

記事本文: ストーリーの文章、ストラクチャーの文章|横田大樹(よこたひろき)|note

関連記事