TOP > ネタ・話題・トピック > note > Jリーグサポータ...

Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。|石井和裕|note

112コメント 登録日時:2018-09-09 10:21 | noteキャッシュ

観客動員数に陰りが見えるJリーグ。実際に数字を見ればビッグクラブは大きく観客数を減らして2018年の夏休みを折り返した。浦和 31,984人(2017年は33,542人)、東京 25,058人(2017年は26,490人)、横浜20,254人(2017年は24,766人)という数字は厳しい現実を関係者に突きつけている。 では、誰が去っていったのか?ライトなファ...

Twitterのコメント(112)

興行主側からのパリピの魅力って、塊つくってくれることなんよね。
(ノート) | これはJサポの自分からしてみると怖い現実かもしれない。コアなサポが初期スタ来場者を「ニワカ」と言って叩き出したら、衰退の始まり。
これ、いまの実在の都市や場所を舞台にしたアニメにも言えるな。放送の盛り上がりと現地への観光が繋がってるから。 / “Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。|石井和裕|note”
Jリーグの集客の課題。
非常に興味深い。
大学サッカーで共有し、トライしてみたい。

■トキ消費の3つの要素
「非再現性」
その時を逃すと同じ感動はない。
「参加性」
主体的に参加できる運動体。
「貢献性」
参加者がその盛り上がりに貢献していることを実感。
今日の朝から 。
トキ消費の要素は「非再現性」「参加性」「貢献性」
コンテンツとファンの関係はもちろん、企業と従業員の関係でも言えそう。

Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。|石井和裕
トキ消費の3要素

「非再現性」「参加性」「貢献性」

これそのままオンラインサロンに全部あてはまるな…。特に
すごく面白い記事。
トキの消費!
「非再現性」「参加性」「貢献性」=心当たりしかない。w
「トキ消費」はめちゃくちゃ分かる。コンサートは正しくそう!
大変興味深い考察。スポーツもエンタメの世界も発展していくためには非再現性、参加性、貢献性の3要素が必要なのは確かだと思う。
良い記事。ネットが出来て、好きなものにいつでもアクセス出来るようになったら、一期一会で再現が難しい消費に向かうのはすごくわかる。だけどトキ消費はJサポだけが育てたわけじゃないと思うけどな。
は?なんで代表芸人のUGがアイドルとJリーグ語ってんの?舐めてんの?
トキ消費:非再現性、参加性、貢献性
面白い!
(ノート)

うまく消化出来なかったけれど、「仲間を増やす応援」はジントシオさんのロッテが出来ていた印象です。ただ、あれも外野席しか増えなかったのかな…
アイドルのライブや夏フェスがJリーグのゴール裏と同種の面白さというのは経験してるのでわかるけど、だからといってゴール裏からアイドル現場へ人を連れて行こうとするとそれはまた難しいことでもあって。被ってはいるけど奪ってるってのはどうなのかなって思っちゃうね。
(ノート)
すげぇ興味深い
内容はそこそこ理解できるものもあったがタイトルとのアンバランス感が良くなかった。
別にサッカーがアイドルに顧客を奪われた訳では無い。
サッカー自身のある種の劣化とか負の部分が新規層やライト層を取り込めておらず、上手くアピール出来ていないことが大きいと思う。
この記事の前提になってる「動員数の陰り」って、今年がW杯イヤーで変則日程なこと(平日開催も増えてるでせう)は考慮されてるのだろうか?
サッカーファンが渋谷に集まってるのか?という調査のところ面白かった。
自分の中のサッカーとアイドルに対する「好き」って、なんか似てるなあと前から感じてたのが、腑に落ちた。
これは良記事

実は「コト消費」が叫ばれていた時代に、一足早く「トキ消費」という新しい消費スタイルを誕生させたのがJリーグでありサポーターであったのだ。
2季連続でギリギリB1に残留したビーコルを、3年後に日本一になるまで、腐らず焦らず諦めずに応援できたら、これはきっと「トキ消費」なのだろう…と思った。/Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。|石井和裕|
時間とお金に余裕がある都市部を中心とした層が余剰を「トキ」なるものに投資・消費した結果、今は「トキ」の消費最優先という世代が出来ている
「大切なのは、試合後に「自分が試合の盛り上がりに貢献していることを実感」出来たかどうか」
アイドルもサッカーも好きな私にとっておもしろかった/
トキ消費の問題。マーケットのなかのトキとカネの総量は増えない。トキやカネを奪い合えば、当然、減ってくるところは出てくるだろう。
うわああ、ジンマシン出そうなくらい気色悪いコンサルの垂れ事っぽい文章。さすがにもうこういう空疎なワンフレーズでわかった気にさせる時代じゃないと思うが。
観客動員数は今年W杯あったから去年との比較だけでは減少傾向とは言えないと思うがどうなんだろ
(ノート)

「非再現性」「参加性」「貢献性」という三本柱はなるほど納得
(ノート)

最近バズった話題を並べただけなので、そのバズった記事に賛成する方が好意的に読んでいて、話の筋がちぐはぐな印象を感じる人か否定的っぽい印象。
言いたい事はわかるけど、競合するエンターテインメントをアイドルとフェスしか出さないのはどうなんだろうね。野球のやの字も出て来ないし。
(ノート)

Jサポでもあるが音楽ファンとして言わせてほしい。今のフェスが盛況って、J-Popはどこまで凋落したんだ?
正確な分析かどうかはわからないけど面白い考察
ただ流行に流されるパリピより、若くてテレビでスポーツ観戦するのが好きな人をスタジアムに来てもらうようにするべきやないの?
(ノート)

危機感という名のJリーグ下げ記事だった。
面白い。ただ、納得できないところもあり。
「トキ消費」を広めようとしてる胡散臭い連中ね。博報堂だっけ?
ハッキリ言ってトキとコトに差なんて無いからw
(ノート)

確かにサカオタからアイドルの追っかけに移行していった奴、周りによーさんおるな。
”Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。” 

前提がおかしい。今年のJ1平均観客動員数は18,159人で昨年の18,883人と比べて微減だが、W杯の過密日程の影響で平日開催が多かったのも影響してるから単純に比較できない
すごく考えさせられる事だね…。
最後の一言には納得だよ。
(ノート)


観客動員数に陰りが見えるJリーグ。実際に数字を見ればビッグクラブは大きく観客数を減らして2018年の夏休みを折り返した。
(ノート) 「トキ消費」の3つの要素というのがJ1昇格の頃のアルビレックスにすんごい重なるわ。
歌舞伎の大向うも「観客参加型」の「イベント」にしようとしてる向きがあるなぁと思う。ただ、自分は時と場所を必ず考えるべきだと思っている。
ここ最近でスタジアムのフェス感が最も高く感じたのは圧倒的に昨年の レッズvsドルトムントかな🇩🇪
石井さん
素晴らしい総括です。
浅はかなこと言うとサッカーは辛いことが多い。
降格あるし、移籍も多い。
野球は降格が無いのと試合数が多いから一話完結気分で楽しめるけどサッカーはストーリー性が強いけどカタルシスは約束されてないからなあ...
唯でさえ日本社会はストレス多めと言われるし。
サッカーに限らずあらゆるエンタメは時間と金の奪い合いなのでジャンル外(村の外)を意識せよ・そこから客を引っ張れ・逃がすなという総論は分かるが、各論は因果関係がボンヤリしててアレ。
これは本当にそうなんだよなあ…。
> 六本木など繁華街で深夜に1ヶ月3回以上検知されている人を『パーリーピーポー』と定義しているのですが、

ここで笑った
たとえばヴォレアスあたりはそれをやろうとしてるのだろうなと思いつつある / “Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。|石井和裕|note”
わたしの場合はJ1昇格だのJ2降格だの、サッカーの順位で人生振り回されたくないというのが理由かな。正直疲れたというのが本音。
「渋谷で騒いでいる人たちは「サポーターとは違う」で安心して良い状況にはないのだ。彼らをスタジアムに呼び戻す方法はあるのだろうか。」
ここ読んで、住み分けしててもいいんじゃない?と思ったよね
増加する首都圏の若年人口を取り込めず、逆に高齢化によるスタジアム人口減が食い止められない首都圏ビッグクラブ…と思ったけど23区に横浜より近い川崎のデータがないので、自クラブの成績低迷とスタジアム人口の四千人減を嘆く横浜サポのおっさんのぼやき、とも読める。
何となくだけどサッカーをサッカー以外と並べること自体にアレルギーを持ってる人も「サッカー側」にいる気がする。全ての娯楽が可処分時間の取り合い、SNSシェアの取り合いに巻き込まれているという発想はどう考えても必要で、そこから目を逸らしているうちは話にならない
可処分時間は有限。野球だってアイドルだってデジタルコンテンツだってライバルだとよくわかります。
なんか、考え方が傲慢不遜というか、読んでて頭が痛くなってきた。
フェス育ちアイドル好きから言わせてもらえば、本気で育てたと思ってるならそれは買い被り過ぎ
W杯日程で平日開催が多く超過密日程の今季と去年を比べて「観客動員が減った」「去った人はどこへ?」は前提条件が崩れていると思う
最初に話を聞いてる相手だけでそっ閉じ余裕でした。個人的に日本のサッカー論壇界隈でサポ論やってるやつは、基本的にみんなろくでもない奴らやと思ってる。 / “Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを…”
自分はフェスとかライブとかからJリーグに流れてきたタイプだけどフジロック3日間通しで観るより年間通してサッカー観た方が確実にコスパいいよね
勝った負けたに重点を置かなければスタジアムはどこだっていつだって楽しい場所
(ノート)
Jに関してはサッカーの中身に興味を持てない人は川崎みたいに各試合毎のイベントがないと非再現性を感じられないだろうなと思う。
非再現性、参加性、貢献性
スタジアムに人を呼ぶ事の難しさ。
深い、面白い、そして何か切ない。少子高齢化が明確に見えている中、少ないパイをいかに囲めるか、今日の日産のチケット見てても危機感は大きい。
ビッグクラブ基準だとそうなるよなあ…というのが正直な感想。実際総数としてはそんなに減ってないし。
ウチは王国民の方との邂逅という幸運も。
(ノート)

個人的にサポーターとライブキッズはかなり親和性が高いと思うのでライブキッズよスタジアムに行こうそしてサポーターもライブハウスにいこう
これって話の前提が都市部なら、まだわかるけど、逆にそれが都市部でないとどんな結論になるんだ?そこでも「パーリーピーポー」を呼び込めって話?/
(ノート)
サポーターには、ただ「勝つための応援」だけではなく「仲間を増やす応援」の視点も求められる。
ほんこれ。ゆっくり観たい層の居場所がない。
「非現実感・参加感・貢献感」

「ワシが育てた」の自己肯定感って半端ないんですよね。地域密着のスポーツクラブの武器は、"おらが町"の帰属意識で、「ワシが育てた」感を増強させてくれる。W杯はそれが"おらが国"だから、みんな当事者意識が強いし盛り上がる。
理屈はわかる。
ただ、アイドルにもフェスにも(もちろんJリーグにも)興味ない人が圧倒的に多いと思うので、単純に母数が少ないだけって気も…。
大筋では納得だけど、元のUGさんの記事も含めて納得できない点も。Jリーグからアイドルへ、は理解できるけどフェスへというのは疑問。
それと観客動員数はJ1全体では増えてる。
うーん、確かに。

「自分事化」出来るかどうかは、もちろん、この20年で「憧れ」よりも「共感や一体感」に重きが置かれるようになってきたことは、AKBを走りとするアイドルの変遷を見ても分かりますね。

Jが育てたトキ消費によりアイドルフェスがJリーグを追い抜い
(ノート)

音楽は勝ち負けがなくていいなぁと思うことはある。ただ興味はない。
>サポーターには、ただ「勝つための応援」だけではなく「仲間を増やす応援」の視点も求められる。
これをもう一度考え直したい
そりゃ、こんだけ水曜開催が増えれば、平均観客数減るわwアイドルからJリーグに戻ってくるひともいるかもね。アイドルは解散しちゃうからね。/
サッカー見てる人たちには是非読んで欲しいのだけどこれが結構ゼミの内容にも近いのかなーと思いました
(ノート)  オラつきまんによるイメージダウンもあるでしょ。
これは野球も近いものがあるだろうなあ。
(ノート)

アイドルとフェスに流れた人間です
面白い。アイドルや夏フェスが当事者感を楽しめるコンテンツだとは。ガンバはサポーターを当事者ではなく客として扱ってる感がある。/
(ノート)

フェスの主人公は「客」だという時点で、もう俺は腹が立つんだ。
ライブフェスの中心であるべきなのは「アーティスト」なんだよ。絶対に。確実に。
これは地方と都心でまた違うと思うんだよな
トキ消費はわかる
けど!
飽きたら他の楽しい事に向かう人達は仕方ないのでは?
やっぱり地道でも
クラブ愛ある人を増やさないと
(ノート)

誰かが勝てば誰かが負けるのだから、応援して勝たせることだけに生観戦の価値を見出すのは危険なのだ
クラブとサポーターの距離感があるから、このままにでは、危うい。
アウェイはなかなか行けないけど、ホームゲームほぼ皆勤で、地元のフェスは全力で楽しむ私、最強のパリピでOK?
しかし、大切なのは、試合後に「自分が試合の盛り上がりに貢献していることを実感」出来たかどうか>
(ノート)
アイドルがどうのこうのって話はここからきてたのか
観客が試合の勝利に貢献してると感じ、チームの変化や成長に関与していると感じるか。
私の場合後者は、フロンターレがタイトルを取る過程に10年ちょっとサポーターとして関われたと思うし、この先も楽しみ。ギラヴァンツはまさに成長の只中に立ち会えてると思ってます。
(ノート)

Jリーグは先駆者で、追い越されつつあるということか。
Jリーグ民とアイドル民、行動がそっくりなのでわりと納得できる話。
ジャニヲタの奥さん曰く「乃木坂46のライブの客層や雰囲気は代表戦っぽい」とのこと。メジャー級のアイドルが、所謂『一体感』を求める層の受け皿になってる感はある。
>>
野球との差は開催日数なのか。土日はまともに食い合うし。
昨日もクラブの企画担当にアイドルや音楽イベントを参考にした方がいいって話をしてました。
そして、必死で応援するだけではなく、応援する人を増やす応援についても。
考えてたことがまとめられて良かった。
Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。石井和裕 チーム好きは追い続けられるけど、選手好きは移籍や引退があるからそっちに行ってもおかしくない。人が集まって盛り上がるという体験自体は麻薬みたいなもんだし
クソ気持ち悪い。だからフェスとかライブとか嫌いなの。ステージが観客レベルに落ちたら相乗的に陳腐化するだけ。マジキモい
「トキ消費」の参加性と貢献性について理解があったり同意できる人は、応援のど真ん中にいないように思う。それはどうも塊の外側にいるようだ。

納得の記事 Jとアイドルの関係性って面白いし切ないな 自分は握手会からそのままガンバ行ったりするし、乃木坂の握手会は結構jリーグのユニ見るけど
自分が試合の盛り上がりに貢献していることを実感できたかどうか

ほんとそう.大げさに言えば結果問わず歴史的な試合を目撃した当事者感が満足度だよね.だからこそ「同じ趣味の人とそれを共有できるリアルな場」のニーズが高いという冒頭のデータに繋がる
(ノート)

これからアイドルのフェスに行きます
(ノート)

自分がよく言う「スタジアムには共感性が必要」を、より明確に、具体的に、論理的に解説してくださった素晴らしい手記。興味深い内容なので、是非。
僕は逆にフェス方面からJリーグ方面に来た人間なんですけど、年に数回しか行かないフェスと違って毎週試合あるし、数十年単位で寄り添って「トキ消費」できるのは断然優位かなと
(ノート) …川崎フロンターレが観客動員数で上位になったのも、試合以外の「トキ消費」が楽しめる企画を数多く繰り出してきたからこそ。スタジアムに祭りを!
(ノート)
去年より観客が減っててJリーグの客が減ってるのは何故かって言われてもツライw
W杯のおかげで平日開催多いから今年は絶対減る
素晴らしい記事。俺が浦議インタビューで言いきれなかった事項を、データー&参考記事まとめて完璧に補完しれくれてる。
面白い。ラピュタの放送をみんなで見るのも同じだよね。スポーツが他と違うのは敗北があること。敗北の共有は辛いので、敗北のない他のエンタメの優先順位が上がる。

Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。石井和裕
優先入場からだらーっと5時間過ごさせるのではなく、練習開始から試合終了までの2時間半のコアタイムをいかに有意義するかが求められると思うのよ
日本スゴイ=俺スゴイのジェネリック化が各所で進行しているのかな |
(ノート) これインディーズ界隈にも通じる話だ。
サッカー好きドルヲタから見ると面白い。スタジアムに来て試合見て応援して帰る。ではなくスタジアムに来て試合前に外のイベントやグルメを楽しんでスタジアムの中のイベント(マリノスだったらトリコロールギャラクシー、野球ならイニング間のバズーカ)も必要と。
以上

記事本文: Jリーグサポーターが育てた「トキ消費」により、アイドルとフェスがJリーグを追い抜いていった。|石井和裕|note

関連記事