TOP > ネタ・話題・トピック > note > 文系でプログラマ...

文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|denkigai|note

1723コメント 登録日時:2019-01-21 00:44 | noteキャッシュ

2018年12月31日、新卒入社して3年半勤めた会社を辞めた。東京の八重洲にある、フリーペーパーやWebサービスを作る会社で働いていた。いわゆる「文系プログラマー」というやつで、文系学部を卒業後、会社に入ってからプログラミングを覚えた。現在は退職してフリーランスになり、近所にあるスタートアップ企業でReact.js + TypeScriptで開発をしつつ、ずっと漫画を描いている。 ...

Twitterのコメント(1723)

こちらは描写がかなり繊細で、それこそ文才があると感じます。

@denki_gai|note(ノート)
「努力」は「好き」には勝てないという言葉が印象的でした。それから、じくあしさんのnote見ててdenkigaiさんのnoteも思い出しました。2つとも読んでて切なかったです😥
これは胸が熱くなるなぁ。

@denki_gai|note(ノート)
「適性」を考える上で、ぜひ読んで欲しい名note。
-----
@denki_gai|note(ノート)
>「プログラマーになりたい人」と「いつのまにかなっていた人」の間にも深く暗い川が流れている。
これ、翻訳者もそういうとこあるわw

@denki_gai|note(ノート)
プログラマーになることは目標ではなく、あくまでも手段でなければいけないんだと改めて感じた。
自分が何をやりたいのか、はっきり解ってる人って少ないのかもね。
これ怖すぎない?プログラミングすることを努力と感じてしまうので、割と怖い。
プログラミング周りの調べ物からSEのブログとんであっちこっち行ったりしてたらなんか面白いブログあった
この記事の人が新都社にいて鼻水吹いた。
@denki_gai|note(ノート)

私も、何となくなにか面白いものを自分で作りたいから って理由だけでコーディングやり始めた口だから
ちょっと真剣に読んだ
秋野ちゃんがツイートしてたので読んでみたけどすごくよくわかる記事だった

@denki_gai|note(ノート)
@denki_gai|note(ノート)
ヒィーって言ってる(いつもじゃん)
>『攻殻機動隊』への憧れから、少数精鋭のチームへの配属を希望し、優秀なエンジニアしかいないチームに所属することになり…

って導入クソ面白いけどこの人は誰なんだろう…?
いい記事だった。

@denki_gai|note(ノート)
すごく面白い文章なんだけど、ああ自分も働きたくなくなってしまった
/ @denki_gai|note(ノート)
ちょっと前に話題になった記事だが、同意する点が多数。内容からしてかなりできる方の人と推測できるが、それでも目的地が明確でないとこうなってしまうらしい。

@denki_gai|note(ノート)
@Unicorn_WTMSB ふと。脅すわけではないけどある程度目標あった方がいいかもとか、最初はJavaScriptがいいかもとかちょっと思った。良ければ読んでみてちょ/
@denki_gai|note(ノート)
キャリァで悩む時って大抵、堂々巡りを繰り返すんだよね・・・分かるわ・・・ @denki_gai|note(ノート)
いい記事だった!!!
自分自信もプログラミングのアウトプットの方向性が定まりきっていないからもっと考えないと。。。

@denki_gai|note(ノート)
「プログラマーになろうとしている時点で向いていない」かもしれないけど俺には他になりたいものがわからないので、やってくしかない。

@denki_gai|note(ノート)
長く続けられる会社に勤めるために、会社を辞めた人の話を聞く、というのはなかなか効果的なんじゃなかろうか、と思う今日この頃なのであった。
自転車乗れる人は乗れない人の気持ちがわからないという例、考えさせられる。

乗れない人の気持ち、そしてどうやって乗れるようになったかを忘れないためにブログなどに記録している。
えもい (えもいわれぬ の省略形)
ほとんど文学作品のような文章。単館上映の映画を見たよな気になる。表現がとても良い。
@denki_gai|note(ノート)
今マジでこの前半みたいになっている。静的型付け言語全然わからない…/ @denki_gai|note(ノート)
似た人を知っているので結構頷ける記事だった
この人はウェブ系ではなくSESやれば良かったんだろう。「何を作りたい」とかなくてもやっていけるしスキルレベルが平均して低いのでギャップもなかっただろう。
@denki_gai|note(ノート)
この感覚わかる気がする
「「脳が沸騰してしまった。タンパク質の変性のように、もう二度ともとの脳や意識には戻らない気がしている。なにか不可逆で、嫌な変化だった気がする」。」
文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|note(ノート)
@_stellatune @denki_gai|note(ノート)

ちょっと長いけどいい記事だったから是非
文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|

「プログラマになるためには?」と質問してる時点で「調べて実装する」スキルが不足している、ってのはわりとしっくりくる
出来なければ確かにこうなるだろうなーって
うわー。鬱状態で電車乗ってる時の絵めっちゃ分かる。
@denki_gai|note(ノート)
文系でプログラマーになったけど、色々失敗して3年半で会社を辞めた話 (denkigai | note)
作りたいものがある!何か形にしたい!
って人じゃないとエンジニア辛いかもね。

大学受験するわけでもないのに必死に受験勉強してるようなものな気がする
@favgmen 文系プログラマーが鬱になって退職したブログ読んだことあんの? 逆にすげえな
@roto610ninesr あんまり関係ないかもやけど、興味深い記事があったので、、、
めちゃくちゃ分かるなこれ。
目指そうとしてる時点で向いない。
怖過ぎる言葉じゃん…
自分もその立場だったら絶対否定するもん
@denki_gai|note(ノート)
突き刺さる・・・プログラミング自体は楽しいんだよなぁ。
「プログラマーになろうとしている時点で向いていない」って何か真理をついている気がする。
理系で営業になったけどプログラマになったエントリでも書くか
特に言うことないな
@denki_gai|note(ノート)
何か読んでて同期の子思い出して悲しくなった
まだ関東で働いててシステム開発が死ぬほど嫌いになってたときのこと思い出して泣いてる。
同じ高校の同期が「プログラミング系の学部に行きたい!」って
言ってたので理由を聞いたので理由を聞いたら
「パソコンをカタカタできたらかっこいい!(パソコンの使用経験ほぼ0)」
だったので
の記事とProgateを勧めてあげた。
何が正解だったんだろう
エンジニアを目指す人もエンジニアも読む価値はある記事だと思います。
気がついたら読み終わってたぐらいにスラスラ読めて面白かった 全く関係ないのですがオススメです!
@ly_yl3
このあたりが参考になるかもですね◯
@denki_gai|note(ノート)

大変やな
いろいろ考えるところはあった。
やりたいと思うことと、出来ることは違うのは早めに気がついたほうがいいとは思う。
@denki_gai|note(ノート)
僕も「Ruby on RailsでInstagramみたいなサービスを作ってみましょう!」な研修でした。phpとLaravelだったけど
@hidenorigoto 明日、出勤途中にコンビニで和菓子を買えばいいのさ。
これ読んだときに、そんなに追い詰められてるのかあと、ちょっとびっくりしたのです。
CIツールの使い方とか認証プロトコルとか仮想化とかでつまずくのはよくわかる。そのへんのことはプログラミング技能とあまり関係ない気もするけど、「プログラマならわかって当たり前」みたいな風潮が強すぎると思う。無用にキャリアリスクを大きくしている。 @denki_gai
文豪感のある文章
「プログラマーになろうとしている時点で向いていない」…これは金言。
@denki_gai|note(ノート)
読みやすくわかりやすい。この職には向き不向きあると思う。ただ、ITエンジニアといってももはや幅が広すぎるので、悩みながら迷った結果の生きる場所、そんな「もがき」もこの世界では必要なのかも。
少数精鋭でゴリゴリ系のギークな職場というのはまだまだ少ないと思う。
もし違う職場なら結果も違ってたのかもね。やはり最初の環境は大事。

@denki_gai|note(ノート)
"朝日で目覚めて、日が昇り切ったら仕事を始め、夕日が沈んだら仕事を止める。そして残りの時間でずっと絵を描いている。"

@denki_gai|note(ノート)
@denki_gai|note(ノート)
分かりゅ……
denki_gai|note(ノート) / 面白かった(面白い話ではない)
こんなに文章がかける人でも、仕事は上手くできなかった。プログラミングを必要とする仕事が多岐にわたっている時代だから、適性と仕事のマッチングが重要に。こういう不幸を無くしたい /
去年プログラマに転向して感じたことは本当これ。何がわからないのかわからない状態の時って心折れる。。
@denki_gai|note(ノート)

一応少しプログラミングを経験したけど、プログラミングの先に何をしたいか全く見いだせなかったから職にしなくて正解だった(と思う)
すでに沢山の反響があったので今更自分なりにコメントすると、noteの著者はそんなに失敗していないように思える。文系だの言っているけどそれはおそらくコンプレクスにすぎず、フリーランスやっていけるくらいにも認められているし。
等身大でいることが健全に働くコツなのかもしれない。にしても凄い良い記事。
@denki_gai|note(ノート)
激しく共感。。jQueryはじめる経緯までほぼ同じ気がする笑 海外に逃亡することで発散してたと思うし、上長に恵まれたからこそなんとか生き残れたんだな・・・(2年半で辞めたけど) | @denki_gai |
いきなりサーバーサイドは「何か動いてんのこれ?」みたいになる。それがプログラミングの始まりとか地獄や…そりゃ病むよね。

@denki_gai|note(ノート)
「わかる」と「それはちょっと」が混在していた。
体験を踏まえたと思われる意見だけでなく、なぜそう思うのかわからなかった意見もあった。
面白かった。楽に出来ることを仕事にした方が有利であるね。『努力して頑張ってプログラマーになる人と、いつの間にかプログラマーになってる人の間には大きな差がある』> @denki_gai|note(ノート)
おもしろかった
読ませる文章だよね →  @denki_gai|note(ノート)
@denki_gai|note(ノート)
なんかたいへんそう。
φ(..)メモメモ
“「プログラマーになるには?」という質問をしている時点で、「調べて実装する」というスキルが不足している” これ / “文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|denkigai|note”
彼にしか書けない文章だなぁ。|
@denki_gai|note(ノート)
所々文学的なのちょっと笑ってしまった
@denki_gai|note(ノート)
@denki_gai|note(ノート)
「プログラマになろうとしている時点で向いていない」
は、なってみてよく分かる。
心境が分かりすぎて、ちょっとお話してみたくなったw
「わかる」って思うことが多い記事だった

@denki_gai|note(ノート)
数年後に読み返したい。
同じ道を辿るのか、別の道へいけるのか。
わたしが今の大学を卒業するころには、この人が色々考えて会社を辞めるくらいの年齢になってしまうと思うと気が重い
新卒の子をみる機会もそうそう無いから、みる側のスキルを備えるのが難しいのもあるかも /
この記事読んで、趣味でやってみる分には始めるきっかけなんて些細なことで良いんだろうけど、仕事にすることは面白そうとか安易な気持ちで決めるのは良くないなぁと改めて思った。自分の趣向・性格とかやりたいことは何か、考えることを止めずに本質を捉えるのが大事だな。
秀逸です。
駆け出しエンジニアの方たちにもオススメかな。

@denki_gai|note(ノート)
あとで読む|  (Bot)
読んでみて思ったのは何事もハードルを上げすぎるとしんどくなるということ。自分の身の丈にあったところで少しずつ頑張るくらいじゃないと自滅しちゃうよ、しかしこれを読んでると勉強会に参加やOSSにコミットするのが当然とな、いやいやいや(ヾノ・∀・`)
「プログラマーになりたい人」と「いつのまにかなっていた人」の間にも深く暗い川が流れている。

この一文が、全てを言い表してる気がする。
いいテキストだった。

@denki_gai|note(ノート)
ううう人間すぎる
めちゃめちゃ文章うまい 最後まで読んじゃった

文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|denkigai|
これの話ね。

特に私の場合、プログラミングのプの字も知らないし、どんなアプリ作りたいとかっていうのも全然無いし。
自分はプログラマー向いてないなぁと思いながらずっとプログラマーやってるのでわかりみがある。(そして周りにもよくエンジニアっぽくないと言われる
文系理系はあんまり関係ないと思うけど、色々と調べたり知識を得たりするのが好きでないとつらいよね。
「テスト自動化したいからDockerでうまいこと作っておいて」なんて現場にちょろっと研修した直後に放り込まれたら自分も鬱になると思います | @denki_gai|note(ノート)
みんなコケまくって傷だらけになって頑張っているのでおちんぎん上げてください。

プログラミング教育におけるSTRIDERは、まだ登場していない。

文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|denkigai|note(ノート)
このエントリ、流行っているのか
脳波計測のやつをMaker Faireにでも出したら人生変わるかもなー //
文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話| 僕はどっちかというと気づいたらエンジニアになったタイプやなぁ。理系だったけど大学ではお遊びみたいなもんだったし本格的にツールとして使うようになったのは会社入ってから。
なにこの記事恐怖でしかないんだが。憶測だが、配属部署の要求スキル設定や目標設定に失敗してると感じた。また、目標到達に至るまでのプロセス、課題の洗い出しの意思疎通にも失敗してる気が。
@denki_gai|note(ノート)

自分の新卒で入った会社に似た部分あるな笑笑
沁みる記事。
なるほど🤔油絵描いている人が、職業訓練でジァバを選んで失敗したと嘆いていたけど、お客様が求める仕組み作りは甘く無いらしい。

@denki_gai|note(ノート)
UI絡みの挫折が転機だったんじゃないかな。それは、プログラミングのスキルや文系に起因するものではなく、仕事の進め方つまりコミュニケーションの問題だったんじゃないかと。転職して正解だと思います。
結局は努力を苦労と思わず楽しめる奴が最強
「プログラミングを勉強しよう」「参考書何にしよう」「オススメの言語はなんだろう」から入ると挫折しちゃうのが分かるいい例だー。
“いわゆるプログラマー、ソフトウェアエンジニアというのはビジネスで言う「HOW」のプロである。実装方法がわからなかったり、見たことがないエラーが出たときに、根気強くドキュメントを調べて動くまで頑張る、とい / “文系でプログラマ…”
自分もプログラマーの端くれなのでわかる事が多い。
わからないときは「何がわからないのかがわからない」んですよ。この苦しさは半端ない。
この人、文章力的確ですごい。絵も書けるし最強なんじゃないかな。
noteの続きも読みたいなぁ〜
なんという文才。

@denki_gai|note(ノート)
バックエンドの中でもハイレベルなところにいきなり行かされましたね笑
現役エンジニア何年かやってても知らない人いるし笑

@denki_gai|note(ノート)
興味深いけどこの人PG適正あるのでは?

@denki_gai|note(ノート)
大学でプログラミング勉強したけどゴミみたいなコードしか書けない身としてはとても他人事には思えなかった…プログラミングで何をしたいのか分からない人はプログラマーにはなれないと思う

@denki_gai
情報工学修士だが辞めグラマー(いま作った言葉)になった当方としても身につまされる話だった。何事につけ「頑張ろう」とするってことには、通常考えられている以上の危険性がある。自分にとって「ムリなく続けられることは何か」を知るのが肝要だってことよな。 @denki_gai
@denki_gai|note(ノート)

すごく分かる。人材不足だから未経験でもなんでもIT 企業は人を入社させるが、3割ぐらいは合わなくて病んで辞めてしまった。その過程がコレだ、という感じの内容。
カップラーメンの作り方が頭に入ってこないやつ、疲労MAX時のあるあるなのでそこは共感。 “文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|denkigai”
"何がわからないのかがわからない状態"他業界の伸び悩む技術職も同じ傾向がある。技術者諦めてビジネスサイドに逃げるしかないのでは? / “文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|denkigai|note”
執筆者は大変な経験をしたと思うが、僕はプログラミングを生業にしたいと思っているけれど彼の様に「何をすればいいか」は30年経った今でも分からない。(続く)

@denki_gai
プログラミングを続けていきたいのであればプログラマーとして向いていよ。OSSや勉強会はやりたい人がやれば良く必須ではない。あと自己判断で逃げられる、医師にかかることができるのは大切なスキル
こういうのは書いちゃうと、ITエンジニアはウェブプログラマーだけしかなれないとか誤解されるから、その辺のことも書いておいたほうが良いんだろうな。
@denki_gai|note(ノート)
就職したては、すごい辛かったのを思い出した。
上京したてでお金も無いのに毎度の直の上司の飲みに付き合って昼飯はロールパン2個だけで済ますとかやってたし。
それでもなんとか続けてきて今こんな感じ。
自転車の乗り方の例え話は共感した。

@denki_gai|note(ノート)
フロントエンドで躓いてる私も他人事ではない…。(´-ω-`)
@denki_gai|note(ノート)
メンターいるの、うらやましい
@denki_gai|note(ノート)
壮絶な話。前向きな人だなぁ。 - @denki_gai|note(ノート)
ブルブル…😇
他人事ではないな

文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|note(ノート)
「熟練のエンジニアと素人の間には深く暗い川が横たわっている」熟練とその手前にも人によっては大きな階段があり、それが壁になることもあるし僕もそうだった / @denki_gai|note(ノート)
これって学問どれだけやっても、どんだけ知識を持っても、それをどこで使ったらいいのかわからないのと一緒じゃないのかな。
勉強ができたから、気づいたら医者や弁護士を目指してたって人多いのと一緒かなと思う。
プログラマーは趣味じゃないとしんどいとこあるな
この人はフリーで続けてるのがすごい

@denki_gai|note(ノート)
文章に惹きこまれてしまった。共感できる部分もある /
@denki_gai|note(ノート)

記事より:自転車に乗れるようになってだいぶ経つ人間は、「自転車に乗れない」ということがもはやどういう状態なのかわからない。
語彙と文体がしなやかで、思わず魅了された...。そして、お疲れさまでした。

(Ruby on Railsでinstagramっぽいサービスが気になる)

@denki_gai|note(ノート)
文学性高すぎて内容よりそっちに気を取られたw不謹慎だけど味わい深くて面白かった
「気づいたらプログラマになってた」は真理だと思う
共感しました。
自分はプログラミング以外やりたいことがない、プログラミングのあらゆる作業をゲーム感覚で楽しむところまでたどり着く道の中、1と2の迷いを何回も経験しました。

どの分野でも、「努力に感じない」のが継続への鍵か。。
読みやすい文章でした。

@denki_gai|note(ノート)
前半の自転車こげる人は焦げない人の気持ちがわからない、というのが名選手、名監督ならずという感じがした。
やる能力と教える能力は違うんだよなー

@denki_gai|note(ノート)
(ノート)

ようやく読めたけど、最後の方なかなか核心をついてるなと思った
面白くてタメになりました。目的がない(弱い)学びはよくないかもですね

@denki_gai|note(ノート)
良い文章だなぁ。というか、この文章読んで普通の人の考え方がようやく理解できた。
私もプログラミング楽しいけどやりたいことがないって状態にずっと悩んでて、競技プログラミングに出会ってなければ今ごろは公務員目指していたかもしれない。
流し読み程度だが、これは会社が悪い。研修はrailsでWebサービスなのに実務はJavaのしかも認証機能とどう考えても研修と実務の差が激しすぎる。
リアルな話
エンジニア育成系のサービス作ってる人に是非読んで欲しい
これは響く。プログラマー辞めた同僚が2人いるけど、2人に同じ忠告された「趣味で留めておけ」って

@denki_gai|note(ノート)
面白かったけど、まだ26かよ!振り返るには早すぎる> @denki_gai|note(ノート)
今更読んだけど、うつ病診断後の薬の服用の部分で非常に共感した(この手の薬、初回の服用時が一番効果を実感するんだけど、確かにその後自分が自分でなくなったように感じるんだよなぁ。ちなみに自分は今も自分が自分じゃないと思っている。
新卒で入って3年目が一番辛い時期です。自分も同じく悩んでいたのを思い出しました。それでもプロのプログラマーになりたかったので、血反吐を吐きながら頑張りました。
そろそろ新入社員100名を毎週0時過ぎても解けないような課題を出す研修を3か月続け、上位50名しか開発者になれないという前職の話してもよいですかね|
@denki_gai|note(ノート)
私も大学生時代にプログラミングを覚えてから何をすればいいかわからなりました。ただPC好きだからという理由でプログラミングの授業を受けていたことを覚えています
彼は連休を満喫すべくリーグオブレジェント(オンラインゲーム)をやっていた。
Webに山ほどあるイケてるプログラマ像が、いろんな人を追い込んでいるんじゃないかと思ってしまう。もっとテキトーで食っていけるビジョンが見えればいいのに。 / “文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|d…”
悪いけど"THE BUNKEI"って感じで笑っちゃった。何も知らない状態で業界に入って「会社で勉強」とかナメすぎでしょ。金払って学校に行け
その仕事、ツール、スキルで何をするのか、はプログラムに限らないような。が、好きなことを仕事にしていると、単にそれが好きだからやっていて、目的と手段がごっちゃになる。 というのはのは、それでいいんだろうか。
昨日から香港人俳優でじわじわきてる
もっと見る (残り約1573件)

記事本文: 文系でプログラマーになったけど色々失敗して3年半で会社を辞めた話|denkigai|note

関連記事