TOP > ネタ・話題 > 僕が登壇する時に実践している33のこと|青田努 / LINE株式会社 Employee Success室|note

僕が登壇する時に実践している33のこと|青田努 / LINE株式会社 Employee Success室|note

76コメント 登録日時:2019-02-10 10:46 | noteキャッシュ

慣れている人にとっては当たり前のことですが、それまでは事故りやすいので、まとめてみました。 1 依頼いただいた時 (お引き受けするか判断するため以下を確認) ①イベント趣旨と依頼理由の整合性 何を狙いとしたイベントなのか。終わった後に参加者がどのような状態になっていればいいのかを確認します。単に有名企業だから依頼しているんだろうなということや、イベント趣旨によ...

Twitterのコメント(76)

33も!と思ったけどなるほどだった

登壇する時に僕がしている33のこと|青田努(@AotaTsutomu)|note
最近打診マンなので、この記事を参考にすると良いよ〜と社内で教わった
この記事素晴らしいな
メモメモ
これ気をつけよう。登壇者としても、依頼者としても、直前に慌てること本当に多いからな。せっかくいただく機会なので、お互いにとって良い時間にできるように。
登壇する時に僕がしている33のこと|青田努|note
これは秀逸すぎるチェックリストฅ(*°ㅁ°*ฅ)
特にプロジェクターとかスクリーン、普通に適切な状態で用意されてると思い込むとたまに痛い目みる。笑
主催者のイベント経験値の有無と地雷か否かは関係ない印象で、登壇側からの確認も大事。

登壇する時に僕がしている33のこと
これか。他の項目も当たり前にやっているけど、プレゼンに関して言えば、素人さんは21~23は必ず実行するといい。
大体普段やらない格好いいことをやろうとしても、絶対にできませんから。まずはトラブルおこさないことが最優先です。
「登壇する時に僕がしている33のこと」
このnote神かな。
登壇する人や企画を実施する人にとっては、最高のnote
すごい徹底してる。/
青田さん(@AotaTsutomu)、最初に「イベント趣旨と依頼理由を確認する」と書いてあるのはさすが。登壇機会増えてきたから、意味ある時間にできているか、振り返りしよ
自分でやっていないことも書かれていて、大変勉強になった。使いまわしができるように、テーマを揃えスライドを作成していたので、会場に合わせた修正はしていなかったなー。
20.スライドの下部15%を空けておく

前職の朝礼のとき、前の方に座るほど人の頭でスライドが見えにくい問題が起こってたから、この視点がある人って本当に素敵だと思う。「話し手責任」で考えてる証拠だなあと
これわかりやすいな
“登壇前5時間は食べません。声の通りが悪くなるので。” /
| 登壇依頼する側が地雷にならないようにも
登壇するときにも役立つが、依頼するときにも役立つのでメモ
うわーこれ事故ったことあるやつや…ってやつがいくつもあるな
主に可読性
良いチェックリストですね>
登壇者の心得が読めて面白かったです😆
個人的に面白かったことは『質問者を仕込んでおく』ということ

講演して誰も手が挙がらないと、つらいですもんね。
仕込みは大事っ!!
イベントとか勉強会とかで登壇する際の注意点。ここまで意識して話すようなところで話ししたことない… /
33もあるの!?と思ったけど、なるほどと思う内容だった|
Tips:登壇する時に僕がしている33のこと
世界最高レベルに治安が良い日本が、まさかの地雷だらけだったとは…(違
「20.スライドの下部15%を空けておく」はすごいホスピタリティ。参考になります。
これは、運営側からしたら保存版!
登壇する予定はないけどめっちゃためになった。
イベント主催多いので、登壇する方の目線からのリストアップは助かる。
自分が大雑把な性格で、登壇するときは割と感覚なので。
登壇をお願いするときのチェックリストとしても優秀
依頼する側の確認事項としてもすごくためになります! →
会議や説明会、イベント準備・運営する側としてもすごい勉強になる。
毎回やられてることがすごい。
依頼側としても気おつけたい。
技術系のセミナーなどに来る人は
OSSコミュニティで聞いたりしないのだろうか。QAがナレッジとなっていくのに、終了後に「個別相談」することってQAが閉じてしまってナレッジにならないパターン。
オープンな場の質疑応答でやってほしい。
初会場の時はなるべく下見している。スクリーン、プロジェクター等の設備確認が特に重要。事故を時折見かける。縦横比を気にしていない人は意外にも多い。水持参もわかる。蜂蜜の話もよく聞く。「絶食する」は笑った。
登壇する時に僕がしている33のこと 青田努 @AotaTsutomu
青田さんのnote。どちらかというと最近は登壇を依頼することが多いので、出来てなかったことが多く、自戒を込めたい。
“スライドの下部15%を空けておく”
↑ここ気づきにくいけど重要だと。こないだの満員御礼のセミナー受講者の頭で全然見えなかったから…。受講者にストレス感じさせない、すごい配慮。
僕がやれているのは2割くらいだな…
これは有難いやつ
「人前で歌う」より「人前で話す」デビューの方が早かったので、色々なセミナーに行っては講師の話し方ばかり研究していました。
登壇者、登壇を依頼する人の両方が心がければ、より取り越し苦労やイライラも減るだろうに。
心遣い、気配りが素敵だ。主催者とともによい時間をつくろうとする登壇者の鑑。
依頼する側としても、とても参考になるやつ。
わかりやすく参考になりました。but 登壇者よりもイベントを主催する側に是非気づいていただきたい内容でもあった。
登壇をお願いする側が意識すべき33のこと、とも言えるはず。

Success室|
すごい!イベント側が気にしなきゃいけないリストになってる。
まともな運営会社&会場であれば起こりえない項目もあるけど、そう思われてるんだなと自戒しておこう。
あーあ、めちゃくちゃ参考になる!

どちらかというと、依頼するときに33のポイントを気をつけたいな。
これは勉強になった〜!!そして自分が登壇依頼するときも気をつけないと。良いプレゼン事前準備は登壇者と依頼者の協力によってできる…/
(ノート)
とてもいい内容だった、繰り返し読もうと思う。
絶食以外は自然にやっていますね(登壇って言うほどの物ではないけど
登壇する機会が多いので、参考になりました。

・お水が用意されていないリスク
・相性の悪い登壇者の組み合わせ
・声の通りを意識し登壇前の食事を控える
・スライド下部の視認性
300人規模でも、登壇者控室で発表の直前まで資料つくるし、練習もそんなしないしで真逆だ・・・ /
LINE株式会社様には是非『主催者の素性を確認する』を追加していただいて、ご登壇には十分にお気を付けいただきたいと願っております。
依頼側の提案書 漏れチェックに使えそう。逆に依頼受ける際、この観点のフォームをつくって記入してもらうのも良さそう。資料の下部15%空けは目から鱗でした。
登壇依頼された人のToDoをLINE青田氏がリスト化してくれました。個人的にはタテヨコ比確認、終わった後のエゴサーチがなるほどでした!@AotaTsutomu
登壇する時に僕が実践している33のこと|青田努 /
正直細かすぎる感あるけど、だいたい同じ視点&主催者信じ過ぎちゃいけない感はめちゃくちゃ共感
(ノート)
うわー、なんかこれとおおよそ正反対の発表見た気が。
やばい、反省しかない。。
ほぼやってた。良いまとめ。
声を出す前に、ハチミツ飲む人って結構いるんだなあ。前もTVで見たぞ
はちみつ100%のど飴、おススメ( ´ ▽ ` )ノ /
ありがたきチェックリスト。滅多に講演なんてしないけど。笑
「スライドの下部15%は(なるべく)開けておく」とか細かい配慮の積み重ねが刺さるプレゼンを生む。
(ノート)
登壇依頼を受けるところから登壇後の行動まで徹底されていた。凄い。
特に当日の喉への気の使い方までこだわり方のレベルが全然違った。
来週登壇するイベントで実践してみます!
僕が登壇する時にやっていることリスト|青田努 /
"スライドの下部15%は(なるべく)開けておく
スクリーンの位置が低い会場だと、前方に座っている人の頭でスライド下部が見えないということもあるので。"

これ私も意識します。あけられなくも、重要なことは上の方に書くとか。
なんとなくで準備してしまっていた。
とても参考になる。
書きました。いいイベントが増えること願って。

僕が登壇する時にしている32の行動|青田努 /
以上

記事本文: 僕が登壇する時に実践している33のこと|青田努 / LINE株式会社 Employee Success室|note

関連記事