TOP > ネタ・話題 > 抗議してくれてありがとう!|よしログ|note

抗議してくれてありがとう!|よしログ|note

35コメント 2020-06-01 21:43 | noteキャッシュ

権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する というのは、イギリスの歴史家、ジョン・アクトンの有名な言葉だが、アウストラロピテクスの頃から数えれば、それを400万年くらいかけて人類がやっと学んだのは今からせいぜい400年くらい前だ。(ジョン・アクトンがそれを口にしたのはたった130年くらい前)。 今、我々が「国」と呼んでいる形はようやくその頃になって形を表し始めた。それ以前にも王様や女王や君主や皇帝が支配する国と呼ばれるものがあ...

ツイッターのコメント(35)

@danielle_takeda @nasukoB 権力は必ず腐敗するから。

国家規模で洗脳されてしまうと、己を疑えなくなる。しかし今、コロナが人々を目覚めさせている。戦後初めての危機が生活と政治を直結させたのだ。お上に楯突く事を異教徒とする日本教。そろそろ改宗の時期だ。

@yoshilog
沢山の反応ありがとうございます!
日本も、このままじゃまずくない?と思う日々。

元記事を紹介してくれた @yoshilog さんのnoteを宣伝させてください。
国民主権てなんだっけ?
長くないので試しにぜひ!
⬇️

@yoshilog
「国民の使用人(civil servant)」

日本で公僕という言葉が聞かれなくなって久しい

地位が上がれば上がるほど、責任と同時にその意識を強く持たなければいけないはずなのに…

@yoshilog
「約束に従って秩序を維持するために働く警官と約束が破られた時抗議する者(プロテスター)は車の両輪であり、どちらか一つでは「国」は崩壊する。」

@yoshilog
"警官がプロテスターにひざまずくのは、謝罪でも抗議の同調でもなく、「国」を守るという同じ目的を達成するための役割を果たしている者への敬意の表明なのだ。それを言葉にすると、
「抗議してくれてありがとう!」
になるだろう"
このブログ是非読んで
欲しい、日本人が勘違い
してるデモへのリアクション
を教えてくれてます
是非一読を
よしログさんいつも貴重な
情報ヲ伝えてくれて感謝
してます、ありがとう
「彼らの契約書には400年前からの知恵が圧縮されている。使用人(servant)が権力をもって濫用したり、腐敗したりする可能性があることを知っている。それに驚くのではなく、するべきことをする。
それが抗議だ。…」

@yoshilog
「警官がプロテスターに跪く」写真を見た時、「アメリカならあるだろう」とは思ったが、その理由までは理解できなかった。このnoteを読んで納得。

市民と警官双方が、社会を社会として成立させるための根源的な約束に忠実であるがゆえ、ということ。
「警官がプロテスターにひざまずくのは、謝罪でも抗議の同調でもなく、「国」を守るという同じ目的を達成するための役割を果たしている者への敬意の表明なのだ」という本文が印象に残る。
@yoshilog
「警官が無実の人を殺したことが一つの殺人事件であることを越えて、国民の間に爆発的な怒りを引き起こしたのは、それが使用人(警官)が主人(国民)との約束を破ったということだからだ」

日本にも言える

@yoshilog
"「国」と「国民」の間の約束を維持するために、なくてはならない最も重要な機能の一つが抗議なのだ。約束に従って秩序を維持するために働く警官と約束が破られた時抗議する者(プロテスター)は車の両輪であり、どちらか一つでは「国」は崩壊する" @yoshilog
>約束に従って秩序を維持するために働く警官と約束が破られた時抗議する者(プロテスター)は車の両輪

抗議してくれてありがとう!
よしログ @yoshilog
“国民の間に爆発的な怒りを引き起こしたのは、それが使用人(警官)が主人(国民)との約束を破ったということだからだ。”

抗議してくれてありがとう!|よしログ|note
「警官が無実の人を殺したことが一つの殺人事件であることを越えて、国民の間に爆発的な怒りを引き起こしたのは、それが使用人(警官)が主人(国民)との約束を破ったということだからだ。」 ⇒
30年も昔でも1度日本を離れ米国に住んだ経験が今も私の中に生きています。契約の意味を深く考えました。日本では...先は遠い。なんでここまで違うのか。

@yoshilog
意味を取り違えるところだった!よしさん、サンキュ!
目覚めた者たちはやることがある。もっと深く目覚めることだ。

@yoshilog
@yoshilog アメリカって凄いな、と思える一幕。
グッと来るなぁ。 @yoshilog
絶望から希望へと折り返すアメリカ🇺🇸

警察官がプロテスターにひざまずく。

プロテスターといっしょに、
No Justice, No Peace!
(正義がなければ平和はない!)
と叫んで行進する。

➡️ @yoshilog
優良note「国民は使用人グループ(政府)を信じて(Trust)、お金を預け、国の運営をまかした。ちゃんと契約書もある。憲法や独立宣言や権利章典は、国民はみんな平等に扱われると書いているし、無実の罪の人間を使用人(servant)が殺すことなど許可していない。」
「国」は「国民」が作るものになったということだ。「国民」に頼まれた人たちが、「国民」から必要な経費を預かって、司法や立法や行政やその他国民みんなに役立つことを行う仕事をもらった。彼らは「国民の使用人(civil servant)」と呼ばれる。|よしログ @yoshilog
Serviceという言葉も簡単には日本語にはならない。ましてや、カタカナで書き表しては十分に伝わらない。
こうやって社会を維持しようと働いている人たちにありがとうと思った。
泣きそう。(と言いながら、泣く)

@yoshilog
僕らの国は、とても大切な事を忘れたんじゃないんだ。教わっていないんだ。そして、何より手に入れようと努力してこなかったんだ。更には、そのとても大切な事を今はもう蔑んでさえいる。真面目なのは格好悪いんだろ?

@yoshilog
お巡りさん、トランプ大統領がテロと指定したAntifaに同調してデモしている人を捕まえて下さい、という人たちは、日本の真面目で誠実な警察官を戦前の憲兵のようにしたいと本気で思っているのだろうか?

@yoshilog
「警官がプロテスターにひざまずくのは、謝罪でも抗議の同調でもなく、「国」を守るという同じ目的を達成するための役割を果たしている者への敬意の表明なのだ。それを言葉にすると、
抗議してくれてありがとう!

になるだろう。」

よしログ @yoshilog
私が初めて日本でデモに参加したとき、警官がデモ隊にぴったりついていたけど、デモ隊を守るそぶりの警官が少なくなかった

立場と職務かそうでないかは違うけど、国民として同じ方向を向いてるんだと感じられた

そういう複雑に重なる背景を、人間なら感じられるはず
@America_seiji @TK14001988 だから諦めないで欲しい

心ある人はいるし
そういう警察署だってある
国民は使用人グループ(政府)を信じて(Trust)、お金を預け、国の運営をまかした。ちゃんと契約書もある。憲法や独立宣言や権利章典は、国民はみんな平等に扱われると書いているし、無実の罪の人間を使用人(servant)が殺すことなど許可していない。
公の不祥事に国民が怒るべき根拠はこれだ。

「警官が無実の人を殺したことが一つの殺人事件であることを越えて、国民の間に爆発的な怒りを引き起こしたのは、それが使用人(警官)が主人(国民)との約束を破ったということだからだ」
警察は我々が税金で雇った使用人なんだよ。それが一部の雇い主を殺すんだよ。
「暴力の無限の連鎖にからみとられて喘ぐ警官とプロテスターを非難するあなたは一度でも彼らに敬意を表したことがあるだろうか?」

@yoshilog
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

もっと読む
PR