note始めます~BOTANISTのヒットを振り返る~|大西洋平(株式会社I-ne)|note

14コメント 2022-08-03 18:35|note

ツイッターのコメント(14)

2015年の発売当初、シャンプー業界はブルーオーシャンだった…!?
▶ナチュラル志向がブームでも軋むし、選ぶ基準がわからない
▶-¥1,000.-¥2,000の価格帯が殆どで¥1,500前後がない

note始めます〜BOTANISTのヒットを振り返る〜|大西洋平(株式会社I-ne)
ボタニストの販売戦略がおもしろいなあ



市場選定やポジショニング、オンライン×オフラインのマーケ戦略など、うまくやってる印象もあるけど、単純に情報収集力や商品のテスト数など、やるべきことをちゃんとやってて、勝つべくして勝ってるなと思った。
BOTANISTのヒットの裏側について書かれたnote、読み応えがあってすごく面白かった。ロフトでバイトしてたときに、BOTANISTのシャンプー買う人が本当に多くて不思議だったけど納得した。ブルーオーシャン戦略と数々の壁を乗り越えた企業努力。これは商品への好感度も上がる。
これ本当にすごい。必ずしも原価率の高さが正義じゃないと思うけど、愛を感じる🥺
いいよね。note始めます〜BOTANISTのヒットを振り返る〜
マーケティング好きな人にはぜひ見てほしいnote!
勉強になる。

> BOTANISTのヒットを振り返る
同姓同名ですが、私ではありません。

ただ、BOTANIST使い始めようと思います笑

note始めます〜BOTANISTのヒットを振り返る〜|大西洋平(株式会社I-ne)|note
愛用しているBOTANIST。こだわり抜いた商品でブルーオーシャン市場を選定し、徹底した顧客志向を貫いたことが業界3位の躍進を生んだんだな。ぶっ刺さったのとますます好きになった

note始めます〜BOTANISTのヒットを振り返る〜|大西洋平(株式会社I-ne)
朝からTLに流れていたこのnote、I-beの社長の記事なのか!

あとで読むぞ。

note始めます〜BOTANISTのヒットを振り返る〜|大西洋平(株式会社I-ne)|note
BOTANISTは、マーケティングの教科書的な事例

パンテーンの事例もすごかったけど、BOTANISTの事例もほんと凄い。

Consumerにぶっ刺さるマーケティングってこういう事なんだと身に染みる。
明日の通勤時間で読む
BOTANISTヒットの理由
以上
 
PR
PR