TOP > ネタ・話題 > 1人の女性がエンジニアになるまで|wiroha|note

1人の女性がエンジニアになるまで|wiroha|note

62コメント 2021-01-24 21:39  note

@wirohaです。東京でAndroidエンジニアをしています。 ガール・コードを読み急に人生を振り返りたくなりました。 「女性エンジニアが少ない、増やしたい。みんなどういう経緯でエンジニアになるんだ...

ツイッターのコメント(62)

wirohaさん、「1人の女性がエンジニアになるまで」というnoteを最初に書いた方。その後、影響を受けて書いた方は36人以上。『ガール・コード』を読んで、過去を思い出し、書かずにいられなかった。『LEAN IN』という本もオススメ。
すごい面白かった!!! 他の方のエントリも読もう…
「男性だらけの環境に飛び込む勇気がない」という理由で進路を決めた人はたくさんいるんだろうなあ。
私はこんな優秀な人にはなれないので、最低の能力でどこまでこの業界にしがみつけるか、やれるだけやってみますよ。
ako3出てきて笑った
こちらの方の話も面白い。
自分に向いてるもの見つけるのは物凄く時間がかかるんだ。
興味深い。女性のエンジニアはやはり今も少ないのだな。
いい話でよかった
ロールモデルが身近にいないって悩みはよくあるので、メンター業も営む自分としては、こういう記事はとても貴重だと思った。
好きこそものの上手なれだなー。あとどのタイミングか割れたけどフォローしてて、「あ、この方女性だったんだ」と思った自分に固定概念みたいなものを感じてちょっと反省した。女性でもエンジニアいいじゃない。
情報系に進学する人は子供の頃からコンピュータが好きで情報敬一筋な人ばっか…みたいに勘違いしてる人いるけど、このブログのように、男子ばっかじゃない学部を選んで情報系を受験し、併願は全く関係ない福祉系にした、みたいな進路選択って意外とごく普通なんだよな。
いい。すごくいい。
私は工科大学→IT企業の開発部という感じで男性ばかりの環境にいることが多く、それなりに肩身が狭かったけど、子が大きくなるころにはもうちょっと男女比の偏りが改善されてるといいな。
独身でも、将来を加味して仕事探すストレスは結構なもの……。私も転職動機のひとつにこれがあった。「仮に出産しても続けられる職場に絞って転職活動をしてはいました。その考慮を外せばもっと選択肢はあったのかも」
私も理数の才能や論理的思考能力に優れてたらエンジニアになってみたかったな〜

うっすらゲーム作る人に憧れて高校でプログラミングの授業を選択したけどサッパリ分かんなくてセンスねえなって諦めました。
>ただなるべくハードルを取り除いて、自信とチャンスを与えられればもっと増えるかなぁと思ったりしています

自分も自信を持てたのは本当に最近のこと。
今までチャンスを逃したと思ったことはないけど、同じ能力で男だったら今頃どうなってたかな、と考えることはある。
> 一般的に女性は自己評価が低く自信がない傾向があり(LEAN INにも統計結果として書いてある)、かつエンジニアでは少数派です。
生まれてからAndroidエンジニアになるまでが記されてます...!

1人の女性がエンジニアになるまで
あ、これです
上を見上げてしまって挫折するって経験は良くわかし共感するなあ…
うまくいえないけど、いろいろな「ガラスの天井」を感じて少しつらい…けど素敵な半生
---
少数派ならではの自信のなさはどこでもあるのかもなー。
女性がエンジニアになるまでの間にあるいくつもの見えない壁が言語化されてて、首がもげるほど頷いた。
かっこいい…!!
完全男目線のコメントだけど、職場ってもうちょい「誰が何に貢献しても良い」世界になんないかなーというのはよく思う。男女だからというだけでなく、企画だからエンジニアだからとかの職種の壁もある。
もちろん、バランスを欠くと組織崩壊するのだけど。
めちゃめちゃ良いエントリーでした。
「ハードルを取り除いて、自信とチャンスを与えられればもっと増える」というのとても同意です。

私もwebエンジニア職になったきっかけとか転職や出産までの葛藤とか書いてみようかな。
読めてよかった。
自分のこと少し話してみたいなと思ったけど、特に山も谷もなくここまで来てるのでちょっと話すの躊躇う気持ちもある。
よい記事だった!
わかる〜〜〜男性苦手なのめちゃめちゃ不利〜〜〜!!!(私の場合男性9割超の工学部にブチ込まれてヤケクソ覚醒した)
後半の活躍っぷりがわりとすごいので前半の男性苦手と自信のなさゆえのグダり具合がめっちゃ勿体なく感じてしまう…
アルゴリズムコンテストで最優秀賞を取ったこともすごいけど、その当時臆せずに応募したという行動力があってこその評価。

まず一歩を踏み出して行動するのが大事
選びたくても選べない人がもっと気軽に選べるようになるといいですね /
中高は別学だと男女が〜とか考えなくて良いよねという気がする
やっぱり居心地は悪いよなあ。
コロナ禍を経てここで言うmixiやDeNAみたいな会社がもっと地方に露出していくと、各地でロールモデルに出会える確率が上がって救われる率も上がりそうなんだけど、さてどうなるかな
スタートアップの中の人として、「スタートアップは無理」を変えるアクションをせねばと思った。
とても素敵で男の自分もキャリアパスが参考になる記事だった。
わかりやすかった。自分が今一応エンジニアとして働けているのは書かれているような見えない壁を運だけですり抜けてきたからなんだよな..... まぁ女子大に行ったのが一番でかい気もするけど
これを書いてくれたことにとても感謝. 読めてとてもありがたい...
赤尾先生のお名前が突然出てきてびっくりした……
小さい頃から夢中になれるもの、目指したい職業があったのちょっと羨ましい。
私は手芸全般好きだったけどそれを仕事にする気はなかったし、就活の時期になっても都の公務員とリサーチャーとエンジニアで迷ってた。
とはいえエンジニアという職業に就けて良かったと思ってる。
同じ女性としてすごく応援してます。
すごいなぁ。今の時代でもエンジニアになる女の人は珍しいって言われるのかな。
この方は超絶優秀なのに、ゲーム好きの男の子との仲を揶揄われたり、「開発コンテストの優勝者が女の子?!」とビックリされてきたのね...
なんやかんや自信なくて直接エンジニアへの道避けてたけどアレいけるんじゃね?みたいになってその道に入ったの自分もそうだったのでよかった /
僕もゲーム好きの延長でエンジニアになったので、女性のゲーム人口の増加と共に男女比が解消されてるデータが出てくると嬉しいな
すごい。
自信がない割にちょいちょい賞をとっててすごいw
女性のキャリア、パートナーに依存するのめちゃくちゃハードル高いなぁ。
結婚出産も含めてキャリア考えないといけないし、男性ほどのほほんとしてられないんだな。
学校や職場での男女比の偏りがそのまま参入障壁となるんよね
読んでいて何故か無性にコードを書きたくなるnote。
自分自身を振り返ったときに、こんなに読ませる文章にできるのもすごいな。 /
ミクシィ時代の同僚のwirohaさんの記事。女性としてソフトウェアエンジニアになることがそもそも大変なマイノリティであり有形無形の苦労があることに今更気付かされる。キャリアパスについて具体的に記されていて感謝します
名古屋の高専?って全員強制的に寮なの?> 寮である高専には行けなかったでしょう
見てる:
とてもいい記事だった。
ガール・コードを読んでみたくなった|
これ、めちゃめちゃ参考になる。うちの女子たちにもこういう壁が立ちはだかってるんだと、親として認識しておこう。
こういう記事好き。
>
Magic Flight懐かしいね
良き文章だった //
誰もが全員、掴み取るのは難しいかもしれませんがエンジニアが可能性に満ち溢れている職業であれば良いなと思います。
エンジニアを意識した時期がめっちゃ早い
ゲームは好きだったので、ゲームを作る人位は意識したことあったけど、それ以外だと大学に入るまではエンジニアって職を意識したことないかも…
普段明かさない社名込みで、自分の人生・キャリアを綴ってみました。女性エンジニアが増えてほしい、活躍してほしいのです。 /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR