TOP > ネタ・話題 > WEリーグ元年。ノジマステラを率いる北野監督が赤裸々に語る“女子サッカートップリーグの現在地”|ひぐらしひなつ|note

WEリーグ元年。ノジマステラを率いる北野監督が赤裸々に語る“女子サッカートップリーグの現在地”|ひぐらしひなつ|note

15コメント 2021-02-19 17:48  note

今秋、開幕を迎えるWEリーグ。播戸竜二氏が新たに理事に就任するなど、コロナ禍の中でも徐々に話題性を高めつつあるが、現場の状況はどうなっているのか。かつてJ2リーグなど3チームで指揮を執り、2020年か...

ツイッターのコメント(15)

個人的な体調とメンタルで挫折しちゃったけど、北野監督がステラに来てくれなかったら、サッカーのプレーだけに関してのコーナーを作ろうとは思わなかった。それだけ北野さんのやろうとしてるサッカーに期待してたし、だからこそ怒ったし、面白い試合もありました😊
北野さんのやり方に疑問を持つ昔から女子サッカー観てる方もいるけど、これを読めば北野さんも女子サッカーの男子化を企図してる訳じゃないのは分かると思いますけどね。
女子選手が100%力を出し切ってない話は目から鱗だった。だから育成年代で1日3試合が可能なんだなと。
浦和のボランチ、ジェフレディースのアウトサイドハーフなどは過酷なタスクを持たされ、100%の力を出しきっていてチームの結果に繋がっている。
めちゃめちゃ興味深い。性差ってそんなにあるんだ
「マジ!? じゃああのデカい高級車たちは…選手の?」
「そうだよー。選手のほうがよっぽどいい車に乗ってるんだよ」
正社員契約で安定給与、ボーナスも保証。寮費は格安だから、選手たちは戦績に関係なく、そこそこの生活が出来る。だが、プロ契約となればそうもいかない。
竹花友也が最高の監督であることは変わりないけど、北野さんへの興味が日に日に増していく笑
スペースの認知、距離という概念。これまでとは一変したサッカー指導に選手たちはたちまち食いつき、チームは戦術眼という新たな視野を得た。

日本人でも出来ますよ

WEリーグ元年。ノジマステラを率いる北野監督が赤裸々に語る“女子サッカートップリーグの現在地”|
有料記事でもいいんじゃないかというクオリティ。でもWEリーグのためにはたくさんの人に読んでほしいよなというジレンマ。

北野さんファンは必読。
"スピードとパワーがないぶん観客も考えながら見やすいから、戦術をきっちりやれば観ている人が絶対に面白い。"
今年はレディースにどんな秘策で挑んでくるのか対戦が楽しみですし、Jと両方観ている方へのアピールとしても期待しています。
これはひぐらしさんにしかかけない記事だなあ。

北野さんの解説も聞いてみたいけど、WEリーグの監督として名を馳せるところも見てみたい
面白い!

WEリーグ元年。ノジマステラを率いる北野監督が赤裸々に語る“女子サッカートップリーグの現在地”|ひぐらしひなつ|note
北野ステラめっちゃ面白そう😆
「試合で球際強く行かせると、すぐにレフェリーが笛を吹いちゃうんだよなあ」🙄
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR