TOP > ネタ・話題 > 竹書房退職エントリ|竹村響 Hibiki Takemura|note

竹書房退職エントリ|竹村響 Hibiki Takemura|note

371コメント 2020-10-01 11:52  note

2000年、バブルがはじけ切って就職氷河期が始まった頃。 ぼくは大学生をやっていた。 就職協定というものがあって、学生は就職活動するのは4年生、関西では4回生と呼んだけど、になってからね、と言わ...

ツイッターのコメント(371)

濃ゆい…濃すぎる!

"おかげさまで今では竹書房がリモートワークをしている!つい6年前はファックスと帳面で仕事していた竹書房が。やればできるんだよなあ。"
おもしろい… @pinkkacho
後半の生産数調整とタイミング管理の部分、首がもげるほど頷く書店人と読者がいるのでは。
"おそらく現在出版社の経営は生産調整とタイミング管理を徹底するだけで良くなると思うし、そのふたつですべて説明がつく。"

竹書房退職エントリ|竹村響 Hibiki Takemura @pinkkacho
作家になればいいんじゃないかと思うくらい面白買った。

@pinkkacho
この記事が猛烈に面白かった。
2013年入社の自分にとってはとてもタイムリーな話題が多かった。
栗田さんの倒産の件は出版社に勤めてる人なら誰でも盛り上がるテッパンネタなので見つけたら話してみよう。
過去最高の退職エントリだった。
良い note だった。

@pinkkacho
これは良記事。現場の一線で走り続けるということ。長文だけど一気に読んでしまった。
メモ:「竹書房退職エントリ」
竹書房の裏話が面白ェなぁ。
あと取次のどんぶり勘定っぷりが凄まじい。
いやいや、長かったけど面白かった。たぶん面白いのは、この人が自分から面白いことをやっていこうと行動したからなんだろうけど。 " @pinkkacho
うーむこれは名文。エモエモのエモ。
@pinkkacho
@pinkkacho アナログ時代の最後から10年代の狂乱のデジタル栄枯盛衰〜中小出版や出版取次の立て続けの倒産とか、出版編集の端くれだった私には身につまされるけど中小出版20年史としてもめちゃくちゃ面白かった
@pinkkacho 20年続いたバイトがマジでなろう小説ばりの展開になってきてめっちゃ読んでしまった
@pinkkacho 話題になっていたので読んだ。うーむ濃い内容。
読んでいくとその当時の空気が熱気が思い出されるようで、読み終わるとふぅーと一息ついてしまった。

いや全然違う業種だけど。

@pinkkacho
同世代かなぁ…俺もnoteに退職エントリ書くかw

@pinkkacho
むっちゃすげえ

@pinkkacho
わたしが、陶器の龍と下宿人の友情を描く王道ファンタジー『龍のすむ家』を出している裏(いや、表か)でこんなことが起こってたのか竹書房。

@pinkkacho
くっそ面白かったw
竹書房くぅん!

昔、竹書房の編集さん何人かと麻雀打ちに行ったことあるんですが楽しかったです。元気かなぁ。
退職エントリにして21世紀出版史…そして愛…

@pinkkacho
これなあ…

→『マンガにしろ書籍にしろ出版界には書店さんが注文もしていない新刊を勝手に送り込んだり、逆に書店さんが注文してきた数を勝手に減らすというシステムが…』

>
>関わっている全員があまりにも許されないことすぎておかしくなっている。
@pinkkacho
@ pinkkacho めっちゃ面白い
@pinkkacho 29歳女子の気持ち… このパワーワードっぷり
こういう野生のデジタル庁長官、探せばけっこういる気もしてきた。
このひとの文章は面白いぞ。。( ̄▽ ̄)w

@pinkkacho
せめてあと一年だけ、働こうかな、と思えた。/ @pinkkacho
おもしろかった!
“虚構新聞さんとこで1位になってるぞ!と沸き立っていたのがアニメ化を経て本当に販売数で1位を取るまでになったメイドインアビス”

ねとらぼで社主UKさんに連載してもらった漫画レビューに触れてもらえて嬉しかった。
つくし先生インタビュー快諾ありがとうございました…!
いい話だ。弊社のご近所さん。「罵声とビートルズが行き交う凸版印刷の現場は、生きてる!って感じがしてすごくよかった」
これ面白かったなー。自分も色々な記憶が蘇っちゃった。

最初から最後まで楽しく読ませてもらった。お疲れさまでした。 >
@pinkkacho 読み応えはあった。何を得るかは、読んだ人次第。
出版業界と電子書籍業界の生き証人とはまさにこのこと。栗田の倒産劇が生々しすぎる。

@pinkkacho
近々、この内容に近い中枢の立て直しセクションに入れられる事になりそうで、いろいろと考えてしもうた。
思わず引き込まれた、退職エントリには収まらない、めっちゃ面白いエントリでした。とても刺激になります!
@pinkkacho シンプルに面白かった。赤裸々な出版社事情。
めちゃくちゃ面白かった。やはり面白いコンテンツは、面白い人が生み出していくんだな
@pinkkacho 出版業界の何が古かったのかが良く分かるエントリー。販売する書店からの注文を聞いて印刷数を決めるというごくごく当たり前のことすらしていなかった。
面白いし読み応えあった

@pinkkacho
面白い仕事ってのはどこの業界にもあるんですね。。

@pinkkacho
@pinkkacho すごい記事だった。面白かった。
もっと見る (残り約321件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR