TOP > ネタ・話題 > スケールする組織を支えるドキュメンテーションの技術を”GitLab Handbook”から学ぶ|Anno Takahiro|note

スケールする組織を支えるドキュメンテーションの技術を”GitLab Handbook”から学ぶ|Anno Takahiro|note

90コメント 登録日時:2020-02-14 16:17 | note.comキャッシュ

ドキュメント文化は健全な組織のスケールのために必要  組織の中でドキュメント/文章を残し活用していくことはとても重要だ。クオリティの高いドキュメントがあることで、組織に情報が流通し、透明性を確保できるようになる。情報を流通させるためにいちいち口頭の説明がいらないから、メンバーの数が増えた時でもスケールしやすくなる。過去の結論にアクセス可能になる...

ツイッターのコメント(90)

社内文書を検索しやすくするため

全文公開

google を使う

、、、すばらしい、、激しい、、
キレッキレだわ
知見が溢れ過ぎてた。ドキュメント文化しっかり作っていきたいな。

@takahiroanno
Gitlabの凄まじいドキュメンテーション文化。⁦@tumada⁩ さんにも以前お勧めいただいたので、もうちょい深掘りして読んでみようかしら。
会社レベルでやるのは、まあ経営者の好みが出ると思うんだけど、個人レベルでやってる人っているのかな?
>
・製品についてGitLab Quizが存在し、マネージャーが正しく製品を理解していっているかをテストする
これが当たり前の環境ってすごいな。
徹底的なオープンネスかっこいい。給与丸見えは思い切ってるし、あえてSlackを有料にしない等情報をドキュメントに流す工夫も良い。 / @takahiroanno
こりゃすごい。ほんとすごい。MarketingとCommunicationの頁は最高に実践的。
すげぇ。slackに息の長い情報を書き込まないっての、いいな。僕はついついslackに書いておわってしまうが。

@takahiroanno
リモートワーク導入が増えそうなので、ドキュメントをベースにした具体的なコミュニケーション方法は参考になる。
@takahiroanno
ドキュメントというよりはスタートアップを回すツールキットという感じ。参考になる。
「」これイイ
"WikiではダメでGitリポジトリじゃないとスケールできないと理解する"というのは分かるけど、非エンジニアにとっては難しそう。なので結局Wikiでやることになりそう。
エンジニア目線だと GitHub 的なので管理するのが1番良いよね
これは熟読ですね
▼ Handbook”から学ぶ|Ann…
んー面白いな
「PublicにHandbookを公開することで、Google検索にHitするようにしている」これすごく頭いいなあ

@takahiroanno
真似したいところ多数。オープンにするのいいなぁ
ほんとこれ。ドキュメント重要。あと、情報を見つけやすくするのも同じくらい重要。これをやらないと、時間ばかりかかっていく。
この辺りを徹底できないなら、成長は属人に依存することになる。優秀な人じゃないといけない的な銀の弾丸発想。
GitLabのGitLab活用事例
@takahiroanno Slackをメインに使っていて、Slackが落ちたときはZoom、それもダメなときはHangout
どこまでいってもMatterナントカのMも出てこんじゃないか
やっぱりdocsの鮮度を保つのにownerとreviewerってツールの機能の中で関係を作れないと難しいかもなと思うなど
「社内のコミュニケーションのあり方を、コンセプトのレベルから具体のプラクティスのレベルまで網羅的に記載」「従業員と業務委託の違いによるものであり、業務委託の場合は1.17倍される」ー
が組織としてすごいというのは耳にしてたけどここまで徹底されてると思わなかった
@takahiroanno ドキュメントも疎結合、スケールが大切…
面白かった。特に2つ。
* Slackには直近のやりとりしか保持しない→文書化や承認を取る事への促しに。
* テレビ会議中、積極的に子供やペットが映り込むようにすること→リモートワークだからこそ人間性を感じさせるきっかけ作りが目的なのだろうか。
めちゃくちゃ良い内容だったから、チーム内に即時展開した/ @takahiroanno
こいつぁすげえや。学びの宝庫だ。
組織で扱う情報の明文化と運用は非常に難しい。でも必ず必要だと思ってる。

GitLabの例は非常に参考になる。特にGitによる運用はひとつの良い形で、OSS的にIssueで提案と議論、PRでレビューする運用は良さそう。

分散型組織は特に透明性がキモ。

@takahiroanno
リモートワークとドキュメント
メンバーの増減とドキュメント
は切り離せない関係ですが
メンバーが使うからメンテナンスされる
な状況をつくれているのはすごいですねー
見てる: 「WikiではダメでGitリポジトリ」
早々真似できるものではないけど学びは多い。wikiだと確かにレビューが難しいんだよなあー。

@takahiroanno
フルリモート、オープンネスを徹底するGitLab社のドキュメンテーション。思想が実用的な手法に確立されててすごい。

///
@takahiroanno
Gitlabのドキュメントの見所が書いてあるんだけど、これ凄いな笑 後で読みたい笑
これはよい、、
いやードキュメント化と情報のオープン化大切ですよね

@takahiroanno
「障害対応もフルリモートでオープンである。2017年にGitLabのデータベースがぶち壊れるという大規模障害があった(中略)その様子はなんとYoutube Liveでストリーミング中継されていた」

ほかはキャスター社でも実施しているのでさほど驚きなく受け止めた

@takahiroanno
ここまで行くと畏敬の念すら出てくる。どうやってこの文化を醸成してんだろ。
めっちゃ良い。社内のドキュメントはgitベースなのが良いという主張はなるほどなと思う。
偏執的&変質的ともいえるGitLabのドキュメンテーション戦略にシビレました。ホントすごいです。

>ハンドブックは常に最新であり、中に重複がないように書かれている。いわゆるSingle Source of Truth性があるように保たれている。

結局はこれがすべてなんでしょうけど…
"1) 1000人を超える社員が全世界に点在しており、フルリモートで稼働していること、2) カルト的なまでにオープンネスを重視していること" "障害対応もフルリモートでオープン"
無茶苦茶面白かったし、多くの点でアルプにも反映していきたいです。
フェアな情報へのアクセスと、納得感。

@takahiroanno
死ぬほどこの会社素敵ですやん。
良すぎる
恐ろしいほどオープンだ😇

フルリモートも参考になる🤔
・「みんな聞こえる?」と言うな、本題からはじめろ

といった合理的に考えたらそうだけど。。ってことを言語化してくれたのと

・子供たち写真をうpするチャンネルがある
・zoom中に積極的に子供やペットが画面に映り込むようにしろ

って素晴らしい知見を得た
@takahiroanno
この記事ちょーよかった。
>ちなみにJapanのLocation FactorはSF100に対して56.3らしい(Tokyoはもっと高いだろという気もするが)

これ、多分だけど日本には社会保障費の会社負担分があるから、なんじゃないかなと思ってる。
ひえーー。これはすごい。
自分の頭の中に思い描いてたのが、ここで実現されてるのではって思った。
Netfix Cultureとかあの文脈に近そうよね、これ。
「会議は人を待たずに始める」「給与はマクロ要因を反映する」など参考になるポイント多い

@takahiroanno
ドキュメントファースト大事 /
ドキュメントというものをまるで知らない事務局の博士君や県からの出向組やツールを入れるだけ入れて運営方針を決めない教授連中は全くもってビジネスプロジェクトに向いていなかったことが証明された。僕合ってた。よかった。
めっちゃ良い記事出てるやん
@takahiroanno
ドキュメントツールは何がいいんだろうなぁ。コンフルは構造化が難しい、編集リクエストが出来ない。Notionは構造化が容易ではある。編集リクエストはできないがGitLabのように皆がgitに馴染むわけではないので裏側gitくらいがいいのかもしれん。
カルト的なまでのドキュメント管理への姿勢。参考になります。
@takahiroanno
すごい。
良質なドキュメントを残す仕組みがあるは中途入社にとってありがたいな。
へいしゃもフルリモートワークを目指しているので色々と知見と分かりみを感じるな。
エンジニア以外がプルリクエスト投げれるような何かが望まれる
Git管理も良さそうね。前職では無理だったけど、今の職場ならみんなGit使えるしありかも知れない
社よいな。
Handbook 読む。
人事として、学ぶべきことが多分にあった。徹底的なドキュメント文化、それによる圧倒的な透明性、丁寧なオンボーディングプロセス。パクるのではなく、適用できそうな部分を取り入れていきたい。
最高すぎる。1000人を超えるメンバーがリモートで働く Gitlab がハンドブックファーストである話 / @takahiroanno
徹底しててすごい
あとでよむ

@takahiroanno
うち、wikiは廃れたけどQiita teamはまだ続いてる。

Gitlabも使ってるけど、案外GitHubよりも快適なところもある(逆にGitHubの方がいいところもぼちぼちあるけど)
これ読んだら、ウチの Microservises Platform Team がやってる動きも と同じなんだなと思った。

自分たちのプラットフォームの関連ドキュメントを GitHub リポジトリで管理して、変更があれば自動でサイトが更新される流れを作っていたので。
これはすごい😳 / @takahiroanno
GitLabはまじで素晴らしいな | @takahiroanno
制度内容もそうだけど、文書管理の方法がすごい。
やはりGitが良さそう
やっぱりドキュメント大事
でも4000ページは目を通すだけでもなかなか気合いいるな😅
@takahiroanno
> 文書全体のサイズはというと、167万wordsにも及ぶサイズになっており、Page数にすると3705ページほどになるようだ。
これすごい。後で読まこむ

@takahiroanno
「・遠隔地でもセキュリティを保つため、MacのHDD暗号化のFileVaultが有効化されたことをスクショで共有させる
・1Passwordを利用している」

@takahiroanno
学びがまとまっていて良かった。
Handbook 僕もすごく参考にしてます。先は長い。 / スケールする組織を支えるドキュメンテーションの技術を”GitLab Handbook”から学ぶ|Anno Takahiro @takahiroanno
最近は組織に伴走してヒアリングしたり文章化したりをしてるんですけど、これはドキュメンテーションの支援なんだろうなって感じがしてきてます。

@takahiroanno
うわー、すごい。
@takahiroanno
@takahiroanno まじで面白いので是非読んでください
GitLab社の会社の組織運営プロセスが全部詰まったHandbookが実はオープンソース的に公開されているんですが、その中身がまじですごすぎたので、見所をブログに紹介しました!
以上

記事本文: スケールする組織を支えるドキュメンテーションの技術を”GitLab Handbook”から学ぶ|Anno Takahiro|note

いま話題の記事