TOP > ネタ・話題 > 「映画えんとつ町のプぺル」チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について【西野亮廣】|アッポー|スターを作るマーケター @APPLEMARKETER01|note

「映画えんとつ町のプぺル」チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について【西野亮廣】|アッポー|スターを作るマーケター @APPLEMARKETER01|note

16コメント 2021-01-13 23:00  note

はじめまして、マーケターのアッポーと申します。 とつぜんですが、ぼくは他人の商売に文句を言う行為が、非常に嫌いです。 普段なら企業や個人がなにかしらの商売で炎上していても「買った人が満足してるなら...

ツイッターのコメント(16)

炎上については、こちらのnoteが共感できた。
私だったら自分の作品を代理販売する人へ確実に還元できる仕組みを採りたい…
「映画えんとつ町のプぺル」チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について【西野亮廣】|アッポー|スターを作るマーケター
この記事を読んで、確かにこれは問題があると分かった。
代理販売の問題点は、「仕入れた側にそのキャリア経験・人脈等がないと売れないこともある」わけで、大量に在庫を抱えるリスクもある。
若者よ、お気をつけなさい。
代理販売自体は別に法的には問題ないんだけどね。でも、それが失敗したとき、エンタメとしての評価も道連れよ。そのリスクは分かってたのかな?
「映画えんとつ町のプぺル」チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について

この商法のうまいところは「信者に3000円で卸した時点で完了している」点である。
売れようが売れまいが80回見に行こうが、既に興収として計上される。
そうだ、違和感の原因わかった。なんで頭領でなく下っ端がリスク負ってるんだ。

"この仕組みの欠陥ポイントは、『素人』に仕入れ値を払わせ、仕入れた商品を販売できる権利をあたえる仕組にしたことです"
「映画えんとつ町のプぺル」チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について【西野亮廣】
あんまりこういう商売くわしくないんだが、自分が損することになった時に、上流が何ら痛手を受けない仕組みだったとしたら、疑ってかかるべきではないかしら。
それぞれのゲームの中で自分の推しにお金を払うことを、そのゲームに興味ない人が疑問視する必要はなくて、ただそのビジネスによって不幸になる人がいればそれは是正されるべきなのだろうなと。

こちらの記事がすごく分かりやすくて共感したのでシェア。
「映画えんとつ町のプぺル」チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について|アッポー|note


"『代理販売の権利を渡す行為』自体は悪い仕組ではありません。
むしろ「普通の手段」ですらあります。
ソフトバンクも、光回線の営業も代理販売です。"
この話のチケットと台本の卸値が本当だとしたら、西野は一般人に映画館で普通に買える価格でチケットと台本売って、そこから値段吊り上げれば利益になるよってそそのかしたということなのかな?
たしかにインセンティブをつけるにしても最初の値段三千円は高すぎるな
ほぼ原価そのまま売り抜ける以外に売り切る方法はほぼないのだろうけど
あのキングコ〇グ西〇亮〇氏が率いる大規模詐欺師集団の話ですかね
仕組みがわかりやすかった。何がダメだったのか
自分なんかは、胡散臭いなー、てフワッとした理由で距離おいちゃうけど、これはわかりやすい問題点の指摘だった

【映画えんとつ町のプぺル】チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について。
【映画えんとつ町のプぺル】チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について。|アッポー “そんな状態でディズニーの売り上げを超えても本当に心の底から喜べるのでしょうか?
それって、本質的にディズニーに勝ったと言えるのでしょうか?”
【映画えんとつ町のプぺル】チケットの売り方がマルチ商法?代理販売に伴う『仕組みの欠陥』について


<ひとりが大量にチケット購入をして、購入した人が在庫を抱えたままで苦しんで、そんな状態でディズニーの売り上げを超えても本当に心の底から喜べるのでしょうか?>
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR