TOP > ネタ・話題 > ITエンジニアは転職すると給料が上がるという話|はまあ|note

ITエンジニアは転職すると給料が上がるという話|はまあ|note

25コメント 登録日時:2020-05-23 13:52 | noteキャッシュ

全国1000万人のエンジニアのみなさん、おはこんばんにちわ。 最近「わかりやすい絵を書け」とデザイナーにいじめられて四苦八苦している、はまあです。 以前のエントリの「スキルが上がれば報酬は上がるのか?」がいまいち伝わりにくかった気がするので、ほとんど主旨は同じですがもう一回語っていきます。 素敵な世界 おそらく多くのITエンジニアの皆さんは、給与とスキルの関係はこんなイメージを持っているのではないでしょうか...

ツイッターのコメント(25)

確かに給与体系は会社によるたま、一定の幅しかあがらない😆
スキルアップ→転職を繰り返すのが理想かもしれないけど、実際には、年齢、社会的ニーズの動向など個人の力量にも限度がある。

@hummer
同じ能力でも土台が違うと給与水準って変わりますよって
改めて思い出した
@hummer > 今のスキルを、より高く買ってくれる会社を探しだして、そこに行く
おっしゃる通りで、市場原理主義者の僕からすると労働市場ももっと流動化して市場原理が働きやすくなるべきだと思う。
リアルな記事ですごくためになりました。エンジニア以外の職種にも当てはまると思います。

ITエンジニアは転職すると給料が上がるという話▶︎
大企業なら出世レーンにさえ乗ればそれなりに給料上がっていくけどね(乗れなかったのが私)
異口同音に言われている(何なら自分もキャリア論老害展開していた頃は多分全く同じことを書いていた)話がえげつなく分かりやすい図と共にまとめられていた。「給料を高くしたかったら給料が高い会社(職場)へ行け」まさにその通りだと思う
これだけならまだ良いけど、A社のxさんとB社のyさんがいて、xさんがB社に、yさんがA社に転職するとどちらも給料が上がるという状況がありそうなんだよな。
ITエンジニアは転職すると給料が上がるという話|はまあ|note
年収を上げたいITエンジニアなら必ず知っておきたい内容👍 企業ごとの給与レンジと稼いでいる企業のビジネスモデルについて、ここまでわかりやすく書いてある記事は初めて読みました!
@hummer
絵がいい

ITエンジニアは転職すると給料が上がるという話|はまあ|note
ITエンジニアは転職すると給料が上がるという話


あながち、正しい感。
ただ技術力を高めるだけなら同じ職場でいいけど、それ以上自分を高められない。一方で給料を増やすためには一定以上のスキルと自身を身に着けた上でハッタリかまして転職するか、仕事で信頼できる上位の会社の友人を作って紹介してもらうのが現実的。
労働者側と企業側、双方の給与の捉え方が非常にわかりやすいです!
生活する上で報酬も大事ですが、わたしは裁量権の大きさ(自分のやりたいこと)を重視したので、会社員+個人事業の併用の道を辿っています。
うむ…さらに言えばA社の左端がもっと長いイメージ…
給与は社員のがんばりだとかより、その会社の立ち位置、すなわち産業構造や商流、業界の景気、労働市場の需給のウェイトの方が大きいです。
しっくり来た

実際転職する度に年収上がってきた

倍とかまでは上がってないけど新卒の頃の1.5倍は超えたし
゙この給与レンジは社員のがんばりだとかより、その会社の立ち位置、すなわち産業構造や商流、業界の景気、労働市場の需給のウェイトの方が大きいです。゙
そのとおりなのでよく考える

@hummer
素敵な世界ではなく現実を見てみる🧐
自分のスキルとその需要を考えて転職‼︎

分かりやすいですね〜📣
今回の転職では大幅に下がったけど、上司から聞いた大幅な昇給で少しでも元に戻ることを祈ってる。
ちな通勤に関しては博多に行くのに比べると天国である。
いい記事だと思う

@hummer
すでに言われ尽くされてると思いますが、給与をあげたいならテクノロジーを使った資本集約型ビジネスをしてる会社に転職するしかないです。

そこで需要がある職種の1つがエンジニアというだけであって、例えばカスタマーサクセスの企画スキルなんかも強いです。
給与ハックなんだけど結局コレなんですよねぇ。

@hummer
概ね合っている気がする。
SESでは売値以上の給料は当然払えないので、給料は伸びづらいし。
ただSierでも高い人月の会社なら、WEBサービスの会社よりも給料高いけど。(実際大手Sierの方が大手WEBよりも高い。平均年齢の差もあるけど)
以上

記事本文: ITエンジニアは転職すると給料が上がるという話|はまあ|note

いま話題の記事