TOP > ネタ・話題 > 国旗損壊の処罰規定について、自由と民主主義を守る立場から反対する|三春充希(はる) ⭐みらい選挙プロジェクト|note

国旗損壊の処罰規定について、自由と民主主義を守る立場から反対する|三春充希(はる) ⭐みらい選挙プロジェクト|note

23コメント 2021-01-27 11:11  note

 一部の自民党の議員らが「日本を侮辱する目的で日の丸を損壊・除去・汚損した場合、2年以下の懲役または20万円以下の罰金を科す」とする刑法改正案の提出にむけて動いていることが報じられています。  改正...

ツイッターのコメント(23)

平気でブロックという処罰する人が、処罰反対とか主張していてクズ感ある。三春充希(はる) の言ってることとやってることが正反対
その処罰規定について、日本を愛することを強制している内容に感じて、恐ろしいと思った。ー
例えば五輪の応援で旗を配るようなことすらもやりにくくなりかねない。自由を重んじる立場からは反対一択だよな。:
"外交に支障をきたすがゆえに表現を規制することと、国内の言論を規制することは異なった問題であり、後者は強権的な統治や真っ向からの言論の抑圧に関わっているからです。"
賛同します❗【
日本は、真の民主主義国になれるのだろうか?→
民主主義の基本中の基本:
トランプと同じ愚。
自国の国旗は国内の統治に関する問題であり、これを外交の問題と同列に論じることは認められません。外交に支障をきたすがゆえに表現を規制することと、国内の言論を規制することは異なった問題であり、後者は強権的な統治や真っ向からの言論の抑圧に関わっているからです。
″ 外交に支障をきたすがゆえに表現を規制することと、国内の言論を規制することは異なった問題であり、後者は強権的な統治や真っ向からの言論の抑圧に関わっているからです。″

どっかで軍事訓練を私的にしていることは放置して、国旗は燃やすなと。
〈アメリカでは自国の国旗を燃やすことは象徴的言論の範疇とされ、それを禁じる法律は言論の自由を制限するものであり、連邦最高裁によって違憲と判断されています(1989年テキサス州対ジョンソン事件)〉
国旗毀損を犯罪とする自民党の暴挙により、いろいろなことが分かっておもしろい。アメリカでは国旗毀損を禁止することは言論の自由の制限とみられている。
いらなくなった国旗を焼却処分しても罰せられるのかな。んなアホな。>
「国旗を燃やす抗議活動に処罰規定を設けようとしたのが、1月20日に退任したドナルド・トランプ大統領でした」

そうだったのか、知らなかった。
これも脱力する程情けない話。
いつになったら日本は民主主義国家に戻れるんだろう?
「国旗を燃やす抗議活動に処罰規定を設けようとしたのが、1月20日に退任したドナルド・トランプ大統領でした」

自民党は「トランプ寄り」ということ?
これ以上悪法を増やすな!
自国の国旗の損壊と、外国の国旗の損壊、全く意味が違うんですね。
「日本を侮辱する目的で」
「いま日本は様々な困難に直面していますが、政治家は現実を見て民主的かつ合理的な解決を目指すべきであり、決して安易な強権に流れることがあってはなりません」
はるさんの記事をイイね!
同意して拡散します。

reading
国旗損壊の処罰規定について、自由と民主主義を守る立場から反対する


アメリカでは国旗を燃やすことは象徴的言論の範疇とされ、それを禁じる法律は違憲とされています。そこには、言論の自由こそ、民主主義をあらゆる独裁から守る盾なのだという思想が根底にあります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR