『SFマガジン』「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだことのない人が、タイトルとあらすじと、それから読んだことのある人からのぼんやりとした噂話だけで想像しながら書いてみた特集」に|樋口恭介|note

54コメント 2021-12-07 08:48 note

 私は頻繁にSNSで炎上するのだが、最近も不可解な炎上を経験したので記録に残しておく。  『SFマガジン』の企画として「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだこ...

ツイッターのコメント(54)

件のnoteを読んでみた。どこら辺が編集部の見解と異なるのか訊いてみたいすね。
見てる: "『SFマガジン』「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだことのない人が、タイトルとあらすじと、それから読んだことのある人からのぼんやりとした噂話だけで想像しながら書いてみた特集」に|樋口恭介|note"
読んだ。至ってまっとうな内容の文章だと感じました

『SFマガジン』「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだことのない人が、タイトルとあらすじと、それから読んだことのある人からのぼんやりとした噂話だけで想像しながら書いてみた特集」について
この前燃えた話の火元はコレか。/『SFマガジン』「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだことのない人が、タイトルとあらすじと、それから読んだことのある人からのぼんやりとした噂話だけで想像しながら書いてみた特集」について|樋口恭介
『SFマガジン』「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだことのない人が、タイトルとあらすじと…|樋口恭介 この企画、普通に面白くない? 『読んでいない本について堂々と語る方法』的な批評性があると思う
「あれもこれもダメだと言って回る」「中身も把握していないのに初手から「ダメだ」という価値判断まで踏み込む」「無関係な第三者が何かの腹いせや暇つぶしのために罵詈雑言を言ってくるというような、無礼なアカウント」は無視してもいいとは言ってるね
とりあえず「5万円くらいして手が出ない伝説のTRPGのルールブック」が何なのか気になる。
すごく気になってた件、note読んでやっと理解できました。
文中に登場した佐藤先生、学生時代に講義受けてましたが、すごくかっこよくて素敵な方なんですよ。長いコートを翻して颯爽と登場する様を思い出しました。
それでいいんじゃないかと思った。

『SFマガジン』「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだことのない人が、タイトルとあらすじと、それから読んだことのある人からのぼんやりとした噂話だけで想像しながら書いてみた特集」について|樋口恭介
がんばろうぜ

『SFマガジン』「読みたくても高騰していてなかなか読めない幻の絶版本を、読んだことのない人が、タイトルとあらすじと、それから読んだことのある人からのぼんやりとした噂話だけで想像しながら書いてみた特集」について|樋口恭介
 
PR
PR