TOP > ネタ・話題 > 我々はなぜシステムを内製してきたのか、我々は何者か、我々はどこへいくのか。|Kurashicom Engineers' Blog|note

我々はなぜシステムを内製してきたのか、我々は何者か、我々はどこへいくのか。|Kurashicom Engineers' Blog|note

38コメント 2021-02-18 16:35  note

こんにちは、クラシコム代表の青木です。 普段はエンジニアが書いているこのブログですが、今日は僕もちょっとお邪魔して、これまでのシステム開発のことについてお話しさせてもらおうと思います。 「なんでス...

ツイッターのコメント(38)

指針として参考になるな。
我々は何者か、我々はどこへいくのか。

クラシコム代表の青木さんが、一度もうまく答えられたことがなかったという質問、”自社ECメディアのシステム内製の理由”について、組織作りに対する思いとともにKurashicom Blogで語っています。
弊社も開発もオペも内製しており、連携しています!
いかに差別化?することが大事。
グッときた
“商品、コンテンツ、マーケティングという部分でしか勝負できずユーザー体験を根底から変えるようなイノベーションを起こすチャンス自体がない”
まぁ、いい話ではある。規模が残念としか言いようがないが。
“「顧客と仲間に貢献したい」という思いでまとまっています”

ここに「仲間」が入ってくるのは、組織を物語っているように感じる。すばらしいなぁ
ポイントだと思ったのはココ。

“ユーザー部門には自分たちの業務を抽象化、構造化してして説明し、データをどのように持ち、それをどう処理することで成果を生み出せるかをデベロッパーたちと対等にディスカッションできるスタッフがたくさんいます。”
良い記事でした。
やっぱり内部からシステムを理解してDXを進めていく必要があるよね……
ECをはじめようと思ったらシステムもオペも外部サービスで実現できる。簡単にできるからこそ、どこで差別化するのかが大事。
うちは開発とオペも自前、両者を連携させることがコアです
我々はなぜシステムを内製してきたのか、我々は何者か、我々はどこへいくのか。
めちゃくちゃいい記事を見つけたぞ > 👀 Blog|note -
ゴーギャンwwwww
内製するということ。ふむふむ。
システムを自社開発するためのコストが大きすぎるので初期の段階では手を出せないけど、こういう考えも踏まえてシステム面は開発していきたいな。
いいなぁ
気持ちの良い人が、というところでストンと来ました。だから心地よさを感じるんだ。
自分たちの仕事を深く理解し、自分たちで良いサービスを作る能力とカルチャーが全社に浸透したのが成果。一朝一夕では作れない強さを感じる。
コストとスピードのための内製化は良く聞きますが今いちピンときておらず、カルチャーとケイパビリティというのは腹落ちしました!
小売、メディアからユーザー企業、テック企業へ 自分たちのブランドを作るために必要な手段を取り続けていらっしゃるんだなあ💐
“経営とユーザー部門とデベロッパーという関係する全てのステークホルダーに自分たちのビジネスをシステム化していくこと、今流に言えばDXしていくことを前提とした解像度の高い把握力と抽象化力が求められるのです。”

いい話。転職先の基準の一つにもなり得るかも。
いい記事。北欧暮らしの道具店ってマーケティングの印象が強かったけど、テック企業でもあったのか。

"誤解を恐れずに言えば我々が企業として「小売業」「メディア業」を営みつつ「ユーザー企業」から「テック企業」にトランスフォームするための8年だったと思うのです。"
じっくり読みます。
クックパッドにいてこのあたりの企業カルチャーほんと大事だなって思う。
自分で組織を作り始めてるタイミングだけど、いまだにクラシコムで働きたさある。エンジニアとしての道をもっと極めたいと思うなあ。エンジニアは魔法使いなので...
“自分たちの仕事をシステム化することに高いリテラシーと能力を持ち(略)デベロッパーに対するリスペクトを持つカルチャーを築くこと(略)このカルチャーとケイパビリティを築くことができたことこそが我々のこれまでの成長を促進してきた(略)システム内製の成果”
"全社的に自分たちの仕事を深く理解し、抽象化し、DXしていく力を身につけられていること、そしてその牽引役としてデベロッパーたちが自らが実現すべきことをデータモデル、アプリケーション、インフラ、UIで構想し設計し実装できる力を内包化できたことこそがこの8年の成果"
クラシコムさんはいつも本当に尊敬と学びばかり。
クラシコムのサイトで買いにくさやストレスを感じたことがないのはこういうことだよね
EC開発にまつわる記事でさらにクラシコムさんの記事ということで即座に読んだ📖
当然ながらレンティオとは全く異なる思考、プロセスだった。この手の話は大好きなのでもっと色んな会社のストーリーを聞きたいな〜。面白かった!
|Kurashicom
尊敬するクラシコムさん。
Developer Experienceを尊重し、青木さん含め社内と密結合しているからこそ、顧客体験に反映されているということだと思う。
フェリシモもずっと内製してきたのでよく分かる。SAASの良さも恨めしいほどわかるけどビジネスの独自性を確保しようと思うとスクラッチになる。
“一体となって自分たちのシステムを自分たちでつくることを足掛け8年続けてくることによって、社内に浸透しているカルチャーとケイパビリティです。”
“誤解を恐れずに言えば我々が企業として「小売業」「メディア業」を営みつつ「ユーザー企業」から「テック企業」にトランスフォームするための8年だった”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR