TOP > ネタ・話題 > 君たち、「鬼滅の刃」が好きならもちろんNPOも好きだよね?|駒崎弘樹|note

君たち、「鬼滅の刃」が好きならもちろんNPOも好きだよね?|駒崎弘樹|note

74コメント 2020-10-24 18:43  note

鬼滅の刃映画にソロで特攻(ぶっこみ)してきたわけですが、もう号泣6連でしたよ。 さて、国民的大ヒットの鬼滅の刃ですが、鬼滅の刃を好きだったら、当然あなたはNPOが好きになっていないといけません。 ...

ツイッターのコメント(74)

きめつを利用したお前のNPOでもないお前の名前を宣伝するのは止めろ。
すごい。納得しかない。
何で、政府が鬼を駆除しないか。そりゃあ帝国陸軍の兵士が何十何百で鬼を取り囲んでボコボコにする絵面は一部の界隈にしか受けないからでしょ
例えば、鬼に家族を殺された方と記者会見を開き、鬼の存在を世の中に訴えます。
署名を集め、まずは鬼問題の調査から始めてくれないか、という提言書を大臣等に手渡します。
腹よじれた
鬼滅読んだことも見たこともないけどこのnoteは面白い👏🏻👏🏻
こいつがアホなのは置いといて政府が何もしてなくて鬼殺隊って政府から金受け取ってないって設定あるの?
このおっさんの妄想?
もう笑いごとじゃないので普通に記事出しますね…
便乗するにしてももう少しどう見られるかは考えて欲しかったです…
この記事を手放しで賞賛してるのは同業者や界隈の人がほとんどです。
これじゃNPOを理解してもらう以前に嫌悪感を持つ人の方が増えてるかもしれないです…
NPOは鬼殺隊ではありません。収益を上げているNPOはたくさん(1万法人ほど)あると思います。

【まず、主人公の炭治郎が所属する鬼殺隊はNPOです。
(略)
当然、鬼を殺しても収益はあがらないですし、鬼殺しによって稼ぐことを目的としていないので、非営利団体です】
このnoteに「NPOとは何か」がすごくわかりやすく書いてあった。

せやな!
秋の寄付をしないと!
頭がクラッときた。この人自分のこと語りたいだけだろ。マンガを巻き込むなよ。迷惑だ。
あれ?

私は『鬼滅の刃』を読んだ事はありませんが、ネットで大人気な「サイコロステーキ先輩」は「出世して金が貰える」と言っていたような気が…

あと、さるNPO団体は、既存の非NPO団体を縮小合併して、闘争などの汚れ仕事を押し付けていたりしてNPO規約はアテにならない
KTB先生のパチモンみたいなルックスの駒崎
こういうキメエ事言うからな、信用でけん。駒崎。

君たち、「鬼滅の刃」が好きならもちろんNPOも好きだよね
これは駒崎弘樹、いい便乗の呼吸。中身もとても充実。現政権への批判にもなっている。
駒崎氏曰く「幸い人口は増え続けているので、多少鬼に喰われたとしても、そこまで大きな国家的な影響はないわけです。」こういうところに本音がポロっと出ちゃうよね?”国家”って何?”NPO”って何?.....仲間って言い換えて読んでごらん?
NPOの連中は鬼殺隊じゃなくて鬼側の童磨やろ。一方的に人を救ってると正しさを押し付ける辺りがそっくりじゃないか。
此奴はいったい何を言ってるんかとw
»さて、国民的大ヒットの鬼滅の刃ですが、鬼滅の刃を好きだったら、当然あなたはNPOが好きになっていないといけません。

狂犬病かなんか発症しとんのかいなこの方
鬼滅の刃は好きだが、こいつの顔と記事の見出しが嫌い。
好きの意味を理解してないなこの人
鬼滅の刃好きな人が鬼殺の剣に靡くと思ったら大間違いだぞ
なんでこんな絶対に信用取れないアピールをしてしまうのか。
鬼滅キッズもおばさんも「誰だよてめー、いきなり現れて好き勝手言ってんじゃねーぞ」以外の感想ないと思うんですよ。
少々態度が高圧的なのはともかく、内容はNPOについてわかりやすく説明されてて笑う
???

漫画やアニメなどに、ご自身の思いを絡めて政治的に扱うことを、世間一般では下衆と言います。

その作品のファンや原作者、また、関わる人全てに対して失礼ですね。
政治利用するな!
クズ!
君たち、「鬼滅の刃」が好きならもちろんNPOも好きだよね?またろくに読んでない奴が鬼滅の刃と思想を絡めてきた…
運転資金は民間からの寄付じゃない、産屋式一族の予知能力で金稼いでんだよ
鬼殺隊は大富豪・産屋敷一族の私兵だろう、常識的に考えて。
鬼殺隊を政策提言から政府に取り込んだら、君らの大嫌いな帝国陸軍が全面展開する話になっちゃうんだけど、それでいいの?w
何このトンデモ理論。
駒崎弘樹って頭大丈夫か?
クソ記事と承知で読みましたが、雨後のタケノコのごとく続出した「鬼滅の刃」便乗ネタでもダントツのワースト。これより酷いのはないと断言。
突然意味の分からんこと言うお前は嫌いだよ
SFC卒業してろくに社会人経験もなくNGO立ち上げ、みたいな人一番苦手…😓
案の定政治的党派性から社会問題解決に対応している人達が大嫌いなネット民がこの記事にケチつけてたな。そりゃ本邦良くならないわけだw(最もNPOもピンきりでこの記事書いた人も色々言われてたが。)/
鬼滅の刃の便乗ネタは散々見てきたけど、これだけ下手くそな便乗ネタは初めて。どん引き〜
無惨様がなんで朝鮮やソ連に逃げなかったのかを考えるほうが時代考証出来てるから困る。
???

鬼殺隊って、どちらかといえば秘密結社に近い感じじゃないの? てか、何でこの話題で「NPOも好きだよね?」につなげるの?

澤田は物書きとして「〇〇も好きだから△△も好きだよね? そうだよね?」だなんて押しつけがましいこと言った記憶はないのだけれど。
なに便乗してんだか
もちろんってなんだよ
「鬼滅の刃」は好きだけど、お前らは嫌いってのも成り立つんじゃないの?
別物なんだから、それは矛盾していないぞ
現実とファンタジーの区別ぐらいつけろ
ドラクエやっても似たようなこと言ってそう
隅から隅まで満遍なくイカレた論調にはツッコミの入れようが無いことを知った。
ギャグだとしたらつまんないし、本気だとしたら頭おかしい。
「鬼殺隊はNPOです」が成立しても
「NPOは鬼殺隊です」は成立しません
お引き取り下さい
くっだらねぇ😒

そもそも『描かれていない』モノに勝手に「○○なはず」と決めつけて勝手な論理展開するのがアホ。

何度も言うが
鬼滅の刃を政治利用すんな😒💢💢
は? 何言ってんのこの人・・・
便乗商法…☝️(*´艸`)
こういうは最低やな…
( ̄ω ̄)
鬼滅を見てNPOが好きになってもいいけど、偽善的なNPOもあるから、その選別には気をつけないとね。

共同親権・共同養育に断固反対するNPOは、子どもの基本的な権利を否定しているのだから、社会全体で見たら文字通り「Non Profit」かもしれないよ。注意して。
この方が携わるNPOが胡散臭い事だけはよく分かりました。
何この脅迫じみたタイトル?違法な帯刀をさせて未成年者を鬼狩りの道具として使い潰してる非合法の組織と現代のNPOを同じ土俵で語る時点で恥ずかしいと思わないのか。
サヨクは、なんでも政治利用する!
サイコロステーキ先輩、もろ営利目的で鬼殺隊にいましたが_
NPOから人を遠ざけたい鬼の一種なんじゃないかって内容。
霞柱も霞を食って生きてはいけないで笑っちゃった
面白かった。確かに、バトル漫画におけるヒーロー集団の多くは広義のNPOだよね。/
こういうファンタジーと現実問題をゴッチャにしてしたり顔で語るイキリキッズ、ヲチ対象としては大好きだよ
鬼殺隊って170万円で養子売買なんかやってたっけな。
僕の記憶違いか‥‥
>さて、国民的大ヒットの鬼滅の刃ですが、鬼滅の刃を好きだったら、当然あなたはNPOが好きになっていないといけません。

鬼殺隊を踏まえてNPOの理解を深めてもらう順当な記事にすればいいだけなのになぜ嫌われ仕草をしてしまうのか
鬼滅の刃ブーム乗っかり最悪オブザイヤー(take2)
NPO的な存在の仕方ではあるのだけど、処刑まで含めた刑罰を組織独自に持っているのは私刑に相当するし、現実にそのまま当てはめるとかなり問題ある組織ということになる。帯刀してること一つとっても問題だし。
親子を苦しめる社会課題という鬼と闘う、現代の鬼殺隊「フローレンス」
いやいや、鬼と鬼殺隊の立場は真逆だろう
NPOが好き?
特別養子縁組ビジネスなんか誰が好きになれるんだよ。
現代の人身売買だろ?
子供の仕入れの為に単独親権でないと困るんだろ?
両方の親を潰していき、親の居なくなった子供で儲けるNPOなんかこの世に要らない。
そんな要らないNPOに公金を使う意味も無い。
君たち、「鬼滅の刃」が好きならもちろんNPOも好きだよね?


最終行の「心を燃やせ」に心打たれた。
と、いうのも、この場合心じゃなくて記事が燃えそうで…(白目
業務改善をうけているNPOなんだよね

補助金を不正にもらってるのに、何を言ってるんだ?

そのうち、詐欺師として名前が世の中にあがるかもよ
うわこれは気持ち悪いwww
のファンが見たら
勧誘に使わないでーって
思うに違いない

人間を鬼に変えられる
鬼舞辻無残だと思うけどなぁ

君たち、「鬼滅の刃」が好きならもちろんNPOも好きだよね?|駒崎弘樹|note(ノート)
わいな?こんな醜悪な便乗初めて見たんや。
NPOについてよく考えてみたことなかったけど、面白く解説されてる😆考えるキッカケになるよね
鬼滅の刃を観たことがないから詳しくは分からないけど、それでも駒さんの文章は本当に凄いし、面白い。

親子を苦しめる社会課題という鬼と闘う、現代の鬼殺隊「フローレンス」で一緒に闘う人が増えたらいいなぁ。

君たち、「鬼滅の刃」が好きならもちろんNPOも好きだよね?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR