TOP > ネタ・話題 > 「フェミニズム活動家男性が性犯罪する病理」から、フェミニズムと日本社会の相性の悪さの根本原因と、苦境を打破する最大の味方はどこにいるのか?という話について|倉本圭造|note

「フェミニズム活動家男性が性犯罪する病理」から、フェミニズムと日本社会の相性の悪さの根本原因と、苦境を打破する最大の味方はどこにいるのか?という話について|倉本圭造|note

50コメント 2020-09-26 22:07  note

(トップ画像は、この記事で紹介する弁護士の太田啓子さんの著書より) 1●フェミニズムに過剰に帰依する男性は”女性の味方”ではないのかも? 先週、ヒステリック・ブルーという昔かなり売れて紅白にも出た...

ツイッターのコメント(50)

「フェミニズム活動家男性が性犯罪する病理」
@keizokuramoto まあ進化心理学で説明できるよね。「性犯罪者=強い性欲と支配欲=強いオス」なので理性よりも本能を優先するフェミファシストは性犯罪者を交配相手として選考するだけのこと
いやさあ、性犯罪をやらかす奴が、何で「俺はフェミニストです。オタクエロ漫画は撲滅すべきです!」って風に聞こえる日本語を語っただけで、なんで、素晴らしい、正しさに目覚めた、アップデート男になるのさ。
怒鳴る人の話を聞く人と、
怒鳴られてる人を慰めて話を聞く人の2人いるといいかもなあ。

「怒鳴らないと伝わらないくらいしんどい」
「怒鳴れば言うことを聞く」
「怒鳴ってる人は怖い」
は全部別の事だし。
これはフェミニズムに限らずリベラル的正義全般に当てはまる話。
まだ「悪」が強大だった頃は冒頭のような邪悪なカルト脳みたいな暴力性はむしろ正義の主火力になり得たんだろうが、「正義」が勝って「常識」になった今それが矛盾の種になっている。
わー。すごいすごいすごい。これはいい。
»
「ナイトしぐさでスッパリと敵を切り捨てたれや」みたいな気持ちは間違いなくわたしにもあるなあ。
主にうまい汁だけ啜りたいだけで何も覚悟がないフェミとか、フェミ騎士の気持ち悪さに対して「容赦するな。一人残らず燃やせ」って思ってるよ。
私も思い当たることある。海外でキリスト教に改宗したDV男がいたのけど→

@keizokuramoto
共同体主義な気もする話。まあ、自分も社会があってこそと思う人なので納得
@keizokuramoto
罪の意識に目覚めた俺は他の男より偉いというナルシズム。
>「なんで良くないかっていうと、こういう贖罪意識は結構簡単に、「こういう罪の意識に目覚めた俺はフツーにノウノウと生きている奴らよりエライ」みたいな間違ったナルシシズムに暴走しがちだからなんですよ」
これ面白いな。
新たな価値観を『個人ではなく社会が』どう受け入れるか

@keizokuramoto
要は糾弾するんじゃなくて包括しようみたいなことを主張してるんだが、それは結局「あいつらは社会的弱者だから"正しい"リベラル思想を理解できないだけで、ヨシヨシしてやれば俺たちリベラルの言うことを聞くようになるだろう」という傲慢さでしかないのよな。
ホモソーシャルを根絶やしにしても幸せにならないってのは同意だな。てか女にも女のホモソーシャルは存在してて(コスメとか同人界隈とかそうじゃない?)そこに口出しされたくないって思いは互いにあると思うよ。
男性による男性のありように関するまとまった記事。フェミニズム議論が一歩前に進んだ感ある。/「フェミニズム活動家男性が性犯罪する病理」から、フェミニズムと日本社会の相性の悪さの根本原因と、苦境を打破する最大の味方はどこにいるのか?という話について
…「切り離された男」を収容所に入れて抹殺することもできないんだから…

細かな考え方の違いはあるけど、これには同意であります。
太田啓子の対談相手について、元アナウンサーで息子を持つ母親にしか触れてないんだよなあ…。
無料部分だけ読んだ。
活動家による、
柔らかいサムライしぐさによる包摂かぁ。

「でも、そうはならなかった。
 そうはならなかったんだよ。
 だからーー
 この話はここでお終いなんだ」

以上。
一読の価値あり。

@keizokuramoto
へー、たいへん勉強になりました
言語化能力の高い人ってすげえなあ、マジで
すごく長いけど大事なことが書かれてると思ったので後でもう一度読みます

@keizokuramoto
これを読んでの第一感は、「共産党の委員長から右翼にいきなり転向する田中清玄、やっぱヤヴァいよね」
自分がずっとやりたいのって、このサムライしぐさが一番近い気がする。

@keizokuramoto
「目覚め」てはいけない理由だ
"なんていうか、贖罪意識が過剰なんですよね"
"こういう贖罪意識は結構簡単に、「こういう罪の意識に目覚めた俺はフツーにノウノウと生きている奴らよりエライ」みたいな間違ったナルシシズムに暴走しがちだからなんですよ"
@keizokuramoto ヒスブルのナオキがフェミニズム活動やってたことが結構キテル
後半に書かれている、あらゆる差別問題に対する向き合い方として、差別する側に対しても「相手意識」を持っていくことの大切さについて、すごく納得できた。
「フェミニズム活動家男性が性犯罪する病理」から、フェミニズムと日本社会の相性の悪さの根本原因と、苦境を打破する最大の味方はどこにいるのか?という話について  現実的で中立で理性的。「社会問題を糾弾」して悦に入るのではなく「解決」する道を提示する素晴らしい話
ちん騎士ポエム?

気に入らないブサメンをガス室送りにしようとしてるのが今の女さん=フェミニズムだろう。

ホロコーストに対話が必要か?

必要なのは国境(=住み分け)で、国境を越えて来るなら徹底抗戦だろ。もう対話の余地など無い。
「善悪(上下)」を決めたいわけじゃなくて不平等をなくしたい、というのはわかるけど、逆に「良いホモソーシャル」「悪いホモソーシャル」みたいなキッパリした線はないと思う。女性には女性のロッカールームがあって、それが居心地悪い時はあるんだよ。
キツイ。自分の造語を使うのはひとつの記事に一個までにしてくれ。そしてその記事はその造語を説明しきるためだけにあれ。
これはいい記事ですよ
良い考察だが、文章に物凄く気を遣われてる……

@keizokuramoto
フェミ騎士のナルシシズムについてよく理解できましたが、どちらかといえば後半のサムライしぐさの方に共感しましたナ
ナイト仕草>排除、サムライ仕草>包摂。でも包摂は女性支持を得られにくい> @keizokuramoto
@keizokuramoto おお、善き。ただO太弁護士の印象が今までと別人なのでどうなっとんだ
@keizokuramoto いわゆる絡め手のお話 と理解しました。確かに最近狸になれる人が減った…
“「フェミニズムに目覚めた男性!」というのを過剰に押し出している男って女性にとって手放しで「味方」とは言えない“

それはフェミニズムや男性性絡みならでは話でも何でもなく、日本を断罪することで目覚めた感を出したがる欧米崇拝者等にもみられる一般的なリベラル仕草。
"「こういう罪の意識に目覚めた俺はフツーにノウノウと生きている奴らよりエライ」みたいな間違ったナルシシズムに暴走しがちだからなんです"

面白かった!!先日バズっていたゴーストオブツシマとポリコレのnoteを書いてた方だ
「断罪される側に寄り添う姿勢も必要」という話で、排他的なフェミニズムやその他反差別運動に対するモヤモヤってこれだったんだ!ってなった。長いけど、是非。
お、倉本圭造さんがフェミニズムに言及。フェミニズムの枠を超えた大同団結の呼びかけ?
「フェミニズム活動家男性が性犯罪する病理」から、フェミニズムと日本社会の相性の悪さの根本原因と、苦境を打破する最大の味方はどこにいるのか?という話について@keizokuramoto
@keizokuramoto 非常に参考になったし面白かった
このノートにある「サムライしぐさ」、大事にしていきたいものだなと思った。
お!倉本圭造さんの新しい記事だ!!
「人前で目立つように大声で”祈ってみせる”人は、単に自分が敬虔な人間だとまわりにアピールしたいだけで神に祈っているのではない」
う〜む、なるほどねぇ🤔
@keizokuramoto
お、 の問題点を取り上げてくれてる!と思ったら、それは導入で、その先はもっと頷き過ぎて首が痛い。
広く読まれてほしい。

…苦境を打破する最大の味方はどこにいるのか?という話について|倉本圭造 @keizokuramoto
わかるようなわからんような→ @keizokuramoto
この人の考え方凄く自分と似通ってて同じ視点持ってる人いるんだなぁと前も別の記事読んで思った
まぁ世界に自分1人だなんて思ってはいないけど、こうも近いのは初めて
“聖書にも「人前で目立つように大声で”祈ってみせる”人は、単に自分が敬虔な人間だとまわりにアピールしたいだけで神に祈っているのではない」みたいな話があったはず”

火の玉ストレートすぎる
note更新です。

先週の、人気バンド元メンバーさんがアクティブなフェミニスト活動をしつつ性犯罪してしまった例の事件から、「過剰にフェミニズムに入れ込む男性」は実は「女性の味方」とは言えない病理のようなものがあるのでは?という話。続
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR