TOP > ネタ・話題 > 週刊金融日記 第413号 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、政府要請によりレストラン紹介コーナーは休止|藤沢数希|note

週刊金融日記 第413号 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、政府要請によりレストラン紹介コーナーは休止|藤沢数希|note

13コメント 2020-03-31 08:17  note

// 週刊金融日記 // 2020年3月31日 第413号 // 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由 // ニューヨークはあと数日で医療崩...

ツイッターのコメント(13)

コロナに関する高須先生(@katsuyatakasu)の早い段階での警鐘を「老人の勘」の一言で片付けて良いものなのか....。

多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由
ポンコツ文系脳でも、小学校程度の割算で考えております。> 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、日本の感染の爆発的
僕は2月に自分で計算してたからよくわかる。当時はこんなのインフルより人は死なないから大騒ぎするな派が主流で、大きな数字を出せば叩かれそうだったから、パラメータをなるべく死者数が少なくなるように下限で計算してて、それでも多過ぎて、常識が拒絶すると思われた。
こんなときこそ数字に裏付けられた冷静な考察が必要。 > 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、日本の感染の爆発的
最近の金融日記のキレが凄すぎる

・大半の人間は対数的に増加する物事を感覚的に理解できない
・新コロのような問題は医療キャパシティなどの医学知識外の知識も総合的に持ち合わせないと議論にならない

以前の朝令暮改の話に続き、今週も為になる話ばかり
読んだことない人は今日から購読するといいと思います。

多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由
新コロ問題の理解は藤沢先生のメルマガを追っていればほぼ間違いないだろう。エビデンスベースで物事をニュートラルに捉え、発信している人だ。

僕たちはまた「戦力の逐次投入」「指示の曖昧」「楽観主義」でこの問題に対処してしまうのだろうか。
読了。こっちが最新だった。現実を受け入れて身の振り方を考えなきゃな。

多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、
週刊金融日記413号、読了。
コロナがまだ中国で発生したばかりの頃に警告していた高須先生が正しかった。この騒ぎでだれがどんな反応をしたかは、覚えておいた方がよさそうだ。
新型コロナウィルスの変な情報に振り回されたくなかったら金融日記読んどくのが吉。

思想ベースの発言や、適当に集めた情報ではなく、データに基づいた分析がなされている。
多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、政府要請によりレストラン紹介コーナーは休止、日本の感染の爆発的
コロナ問題、断面的な情報の伝播は早くなったが、こういう言論・動向の流れを振り返るような内容はほぼ皆無。

これ、最終的に書籍化されたらいいな。

最近『ペスト』読んでて、災禍に当たって人の動向の変遷を残す事は、つくづく価値があると思う。
朝からいい勉強。COVID19の破壊力を初期に予見できなかった理由が整理できた。「狼少年かも?」と思っても、偏見や常識を取っ払っい自分の頭で考えて、手を動かしてみることが大事だね。特に自分の知識が深い領域ほど落とし穴があるから注意。
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

もっと読む
PR