TOP > ネタ・話題 > 無駄の多さから予算が半減していたクールジャパン事業が新型コロナ緊急対策支援で約30倍、878億円に増額して復活している件|ヒロ・マスダ / Hiro Masuda|note

無駄の多さから予算が半減していたクールジャパン事業が新型コロナ緊急対策支援で約30倍、878億円に増額して復活している件|ヒロ・マスダ / Hiro Masuda|note

40コメント 2020-05-04 01:24 | noteキャッシュ

新型コロナウィルス禍のトンネルの先の日本映画産業に光はあるのか? Part2  『日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー 経産官僚の暴走と歪められる公文書管理』を書き終えた後、私は「あとがき2:新型コロナウィルス禍のトンネルの先に光はあるのか」を加筆し、最後をこう締め括りました。 新型コロナウィルス...

ツイッターのコメント(40)

@georgebest1969 ヒロ・マスダさんのこちらのnoteも読み応えあります。
旧通産省で20年以上前にバイトしてたのですが、そのころはクリーンな省だったのに、民間に事業を委託する窓口になって以降、ずいぶん癒着や劣化が進んだのかな~と思います。
サービスデザイン推進協議会もいいけど、映像産業進行機構に消えた878億円のことも思い出してくれよなっ!
“したがって、878億円の使い道に関する文書、記録は映像産業振興機構のみに存在するため、経産省に情報公開請求をかけても「作成も保有もしていない」との処分が下ることになります。”

おーおー。
ヤツらにとっちゃカネの湧く泉みたいなもんだね。
@summer_gogo5 吉本興業へ100億円の出資など、無駄の多さから予算が半減していたクールジャパン事業がコロナ緊急対策支援で約30倍!878億円に増額して復活している件について…
「投じられた税金の総額は1281億円」「直近の2年間は30億円と、それ以前の平均予算の半分しかついていませんでした」 クールジャパン事業が新型コロナ緊急対策支援で約30倍、878億円に増額して復活している件|ヒロ・マスダ /
あああ???????
芸術に関わる国内の人たちにはお金出さないのに。
「878億円の使い道に関する文書、記録は映像産業振興機構のみに存在するため、経産省に情報公開請求をかけても『作成も保有もしていない』との処分が下ることになります。」クールジャパン事業が新型コロナ緊急対策支援で約30倍、878億円に増額して復活|ヒロ・マスダ
こんな無駄遣いをコロナ対策と呼んでんだぜ。

@IchigoIchieFilm
あれ??日本のアニメかなりヤバイと聞いたけど??? @IchigoIchieFilm
もコロナ予算を食い物にしているの?
の約倍額を付けたの?
おい!?(°д°)またやらかしてる
正視に堪えない。
経団連、火事場泥棒予算、公文書なし、成果なし、税金をオトモダチへ横流しと自民の不正全部盛り。
野田秀樹や平田オリザが言わなくても、経産省は大金をかけてコンテンツ支援しているのではあるが、アベノマスク以上に無駄になりそう。
10年前から始まったこの企画。
本当になんというか、、、。
世界に対して日本のコンテンツや、音楽を広めるのも大事だけどこの予算があるなら音楽ならライブハウスとかそういった場所にもここからいくらが補填するだけでコンテンツが消えてくことを防ぐことができる。
火事場泥棒
《実態のないクールジャパンの成果は、しばしば抽象的な一文や、経産省が無理やり見出した嘘で固められた「政策的意義はあったのだ」と実態を煙に巻き、その根拠を公文書も「作成も保有もしていない」とされること》
このいつもの伝統芸だけは全力で守るクールジャパーン。
これもひどい。もうほんとうに政府自体が金のことしか考えられなくなってるんだな。それも目先の、身内の金儲け話ばっかり。未来のこと、国全体のことを誰も考えてないようだ。終わってる。
878億円出せるなら、映画館やその他の集客エンタメ、映画アニメの製作現場を援助できるはず。何なんだ。>
コロナのどさくさに…
この碁に及んでこの体たらくではもう外圧に頼るしかない。日本のクリエイティブは滅ぶべくして滅ぶしかない
つまり、無駄が多いとの理由で予算が半減していたと思われるクールジャパン事業の予算が、新型コロナウィルスの緊急対策支援にかこつけて30倍近く跳ね上がっていることになります。

間接補助金に潜む国民の知る権利の限界

経産省😡
クールジャパン予算は日本国内では無く、海外に使われるお金。こういうのを「火事場泥棒」と言います。
安倍政権がダメなのは半分くらい経産省のせいなのでは>
利権すごい>自民党政権が予算が成立させ、そうしてできたクールジャパン補助金事業の運営業務が、経団連が設立設置を提言したNPO法人に流れている 無駄の多さから予算が半減していたクールジャパン事業が新型コロナ緊急対策支援で約30倍、878億円に増額して復活
和牛に500億円、アベノマスクに466億円、旅行補助金に1兆6000億円に続き、
経産省主導のクールジャパンの公的資金の使い方は、おかしいと感じる。
出資している企業へ流し込み、甘い汁を吸わせる仕組みにもなっているのでクールジャパンの資金の使い方とか運用方法の見直しをして、活動中止に追い込まれている文化芸術関係の補償へ回す事が必要。
災害にかこつけて予算をふんだくる行動の度し難さについて
失敗続きのクールジャパンが予算30倍878億円になって復活!
コンテンツ配信プラットフォームに使うらしいけど、自分らで立ち上げるわけではないし「経団連が設立設置を提言したNPO法人に流れている」邪悪極まってるな…
ああすごい。
これさ、めっちゃくちゃ、暴動起こすくらい怒りまくらねばならぬ案件ちゃう?👹👹👹💢💢💢



ヒロ・マスダ / Hiro Masuda
補正予算で878億ですよ。クールジャパンというより、狂うジャパンだわ。さすが経産省。
そのような当事者の苦しみには目を向けず、「国のイメージ発信のためのコンテンツ」を海外展開する宣伝費に巨額を費やす無駄!お友達NPOへの委託!
この記事がくわしいかな。
自分でも調べてみないとという部分あるけど。
制作を切り捨てて現存する作品で稼ぐ、要するに製造の手間を惜しんで手元の着物を売って食いつなぐようなやり方を望んだ訳かい
新型コロナウィルス禍のトンネルの先の日本映画産業に光はあるのか? Part2|ヒロ・マスダ / 新型コロナ緊急対策支援の令和2年度補正予算「コンテンツグローバル需要創出促進事業」に878億円の予算を計上って、酷過ぎるな。急に予算30倍なんて。
新型コロナ前に無駄が多いと半減した経産省クールジャパン予算が、新型コロナ緊急対策支援にかこつけて予算を約30倍増やし(878億円)復活させていた話。

新型コロナウィルス禍のトンネルの先の日本映画産業に光はあるのか? Part2|ヒロ・マスダ /
新型コロナウィルス対策支援の緊急性にかこつけて予算が30倍に増大したクールジャパン事業。そのお金は本当に困っている現場のクリエーターたちには回らない。
「日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー 経産官僚の暴走と歪められる公文書管理 あとがき2」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR