TOP > ネタ・話題 > 新型コロナウイルスに負けない!中国鍼灸学会は「COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン(第2版)」を作成|医道の日本社|note

新型コロナウイルスに負けない!中国鍼灸学会は「COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン(第2版)」を作成|医道の日本社|note

16コメント 2020-04-01 11:47 | noteキャッシュ

3月2日、新型コロナウイルスとの戦いにおいて、中国鍼灸学会は「COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン(第2版)」を作成し、世界鍼灸連合会(WFAS)を通じて発表した。編集部の訳を掲載する。 ※新型コロナウイルス流行先行国である中国の治療の参照が目的であり、使用を推奨するものではありません。中国での実際の治療は、感染防御・対策されたうえで行...

ツイッターのコメント(16)

私は決して馬鹿にできんという立場なのだ…。
今度鍼に行ったら相談してみよっとwww。
「足湯 風邪や熱邪を払う働きのある漢方薬を選び、邪気を排除する。荊芥、艾葉、薄荷、魚腥草、大青葉、佩蘭、石菖蒲、辣蓼草、鬱金、丁香を*15g、さらに氷片(竜脳・ボルネオール)3gを加え*煎じ薬を作る。煎じ薬を足湯に注ぎ、ぬるま湯を加え、38~45℃*で30分ほど浸す」
中国鍼灸学会「COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン(第2版)」

医道の日本社 ……まぁ、俺の中の【自衛隊】として……
凄く興味深い内容
ウィルス陰性後の回復の効果や
免疫向上で、発症や、重症化を
防げるという事か、、
「発熱4日続いたら...」という待機中に重症化を促しかねない現状ではセルフケアも欠かせません。中国鍼灸学会のコロナガイドラインを参考に。
「中国鍼灸学会」がコロナに対する鍼灸治療のガイドラインを出しているようだね。僕は鍼灸師なので、この中から1穴だけ選択して、自分に治療をしてみることにするよ。「足三里」がベスト、場合によっては「大椎」もだね。
編集部が翻訳してくださいました。感謝
👍

でもなんで中医学の翻訳💦
一生懸命読んでることを、専門のときの先生に言ったらこれを送ってきてくれた🤣😑
日本でやる場合、隔離された患者に鍼灸師が防護服着て施術することになるのかな?
私が思うに鍼灸師がこの立ち位置に立つことは危険だと思います。このタイミングに記事を公開している意味がわからない。
これは、中国鍼灸学会が作った鍼灸のガイドライン>>>
やっと中国鍼灸学会も『COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン』発表しました。

中医学の四診と弁証、取穴など基本を忠実に、そして正確に行えば鍼灸治療の可能性はあると私は思っています。

それには、完全防護した隔離施術室&装備で行う事が必須です。
荒川先生が訳してるって事はものすごい正確な訳です。

@idononippon
3月2日にWFASのHP上で発表された、中国鍼灸学会作成の「COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン(第2版)」を編集部が翻訳しました!

※新型コロナウイルス流行先行国である中国の治療の参照が目的であり、使用を推奨するものではありません。
以上
 

いま話題のニュース

PR