TOP > ネタ・話題 > 44歳を迎えた私から、みなさんへのお願い。|乙武 洋匡|note

44歳を迎えた私から、みなさんへのお願い。|乙武 洋匡|note

449コメント 登録日時:2020-04-06 00:08 | noteキャッシュ

本日で44歳となりました。これも、ひとえに日頃から支えてくださるみなさんのおかげです。あらためて感謝申し上げます。 さて、今日はそんな私から、みなさんにお願いがあります。どうか最後まで読んでいただければ幸いです。 いま、日本は大きな危機に直面しています。日本だけでなく、世界中が危機に直面しています。未知のウイルスが蔓延し、多くの命が失われています。それによって、私たちの生活は一変しました。 アメリカやヨーロ...

ツイッターのコメント(449)

少しずつ日常へ戻ろうとするときに、忘れてはいけないことに気づきました。
@h_ototake
民主主義社会の中でマジョリティが主導になることは致し方ない部分もあると私は思う。
ただ、みんな各々マイノリティな部分は持っているはず。
自己を受け入れられたら、他者も受け入れられて、結果多様性を受け入れられる懐の大きな世の中になる気もする。
@h_ototake
乙武さんnoteより🍀
「コロナが消え失せても、満員電車には乗れない人々がいるのです。
コロナが消え失せても、学校には通えない人々がいるのです。
コロナが消え失せても、劇場やライブハウスにいけない人々がいるのです。
選択肢を増やしてほしい。それが私の願いです。 」
コロナについて、これからの世界について、ずいぶん考えたつもりだったけど、まだまだ視野が狭かったと思い知らされました。

@h_ototake
@saruyarou12 教育以外の部分もそうだけど、こういう声もあるんだって。
作業療法士として考えさせられましました。

僕も含めて、特にコロナ禍になってから、不自由さを感じている人に読んでいただきたい。

最後まで一度読んでみて下さい。

@h_ototake
これは良い話だと思うからぜひ拡散されてほしい!

@h_ototake
不思議の国のアリス症候群の人もいる

共感覚の人もいる

第六感がある人もいる

動物とコミュニケーションが取れる人もいる

マルチタスクの出来ない脳構造の人もいる

音が多いと特定の人の会話の内容が聞き取れない脳構造の人もいる

場の空気が読めない脳構造の人もいる
こちらのnoteも読みました。
--
あれだけ熱望したのに、あれだけ声を上げていたのに、ちっとも耳を傾けてもらえなかった。ところが、いざ「自分たち」が同じような困難に直面したら、これだけスピーディーに、これだけダイナミックに世の中は変わっていくんだなって。
芸能人の外に出ないでっていう話かと思って読んだ自分が恥ずかしい。
どんな人にも選択肢が広がるのは大事なことですね。
@h_ototake
選択肢を増やしてほしい。
今こそ読んでよかったnote。

在宅勤務も、ビーガンメニューも、
同性婚も、全部同じ。

私はコロナの影響もほぼ無いし、身体障害者でもビーガンでもLGBTQでもないけど、みんな一気に問題の当事者になって、優しい世の中になったらいいなって思う。
アフターコロナについて。

今までの生活には戻れない可能性が高い。だけど、今まで見て見ぬふりをされてきていた人やものが脚光を浴びる可能性も。

例えば、この流れで在宅制度が根づけば病気や障がいで通勤の難しかった人の雇用が生まれる。

変化を楽しむ人間でいたい。
"みなさんの“日常”に戻れない人々がいることを忘れずにいてほしいのです。"

"選択肢を増やしてほしい。それが私の願いです。"

多数派の自分に刺さった…コロナきっかけで色んなものが見えてくるね🖐

@h_ototake
「いつかは長いトンネルを抜けてこのコロナ禍も収束し、やがてみなさんも“日常”へと戻っていくことでしょう。でもそんな、みなさんの“日常”に戻れない人々がいることを忘れずにいてほしいのです」

選択肢を増やしてほしいという@h_ototake さんの願い、しっかり受け止めてく
はっとさせられる、現場の本当の声。
これは、読んでおいた方が良い。絶対。

@h_ototake
社会が多数派中心で進んできたことについて、これからどういう社会にしていくのがいいか、私も今を味わいながら考えていきたい。
みんなに届いてほしい。
コロナを期に、もっと優しい世の中に。

@h_ototake
今さらながら。
ポストコロナの世界を考えるときに、忘れないでおきたい視点。
何十年ぶりかに多数者側に含まれる社会に戻ってきた私も、多様性に敏感であり続けるためには、意識的に考えなくてはならなくなりそうだ。
この時期だからこそ、色々と考えさせられる。
小さな声(願い)でも聞き取れるような社会にしたいな。

@h_ototake
私が娘を育てる中で
感じた事
今、想う事
そして、願う事

乙武さんの想い
noteに綴ってくださった言葉と
重なっていました

良かったら…ご一読を

@h_ototake
乙武さんの言葉、響く
コロナを通して…
様々な側面から物ごとを見る目を養い
忘れかけていたことに気づくきっかけとなれば良いなと思います

障害児の母として共感しました♡

@h_ototake
ある意味、少数派の生きづらさを体験された多数派の皆様

困ったなあ、で、改善していること

ずっと続けてほしい

例えば、休校で仕事に行けない、なんとかして!と言うけれど、不登校な子の親は前からそういう状況。

など。
まさに今、これを職場全体で考えるべきだと思った。
世の中は多数派の意見で動いてます
異端にみられても新しい事に踏み出す勇気は大事だなと思う!

@h_ototake
確かに、そうですね。視点を変えてみると→ @h_ototake
きっかけはなんであれ世の中が変わります。変わってからどう生きるかが課題ですよね。まず生き残らなくては❣️

@h_ototake
本当にそうです。
世の中には自分のことしか考えてない方が多い。自分だけが幸せに暮らせればいい。自分がその立場になってからはじめて分かるんですよね。相手の立場に立って声をかけたり行動できる人って本当少人数。
「自分ごと」としてしくみが変わり始めたいま、選ぶことのできる社会をもっと加速していくべきなんだなと思いました。
これは全国民に読んで頂きたいです‼️
いざ「自分たち」が同じような困難に直面したら、これだけスピーディーに、これだけダイナミックに世の中は変わっていくんだなって。やっぱり、ちょっと、悔しいんですよ。

この部分
自分の中にすごくある

もう少し噛み締めて
ゆっくりブログで書こう

@h_ototake
>そんな、みなさんの“日常”に戻れない人々がいることを忘れずにいてほしいのです。

そうだよねぇ。それを忘れてはいかんよね。
いい話だった。ごもっともだと思う。オンラインに代替できるものはもっとたくさんある。
ここにもアフターコロナのヒントがある
乙武さんのnote読んで考えさせられた。
社会が180°変わる転換期。
マイノリティへ目を向けるチャンスでもある。
@h_ototake
ハッ!とさせられた記事
同い年で、最初の著書を読んでからずーっと活動をみている乙武さん。

どんどんご自分をさらけ出して、人間らしさが見えるたびにファンになっていく😊

日常に戻れない人がいる。

忘れないようにしよう。
これ読んでオンラインショップごときでキレたことを反省しました😭

洋匡|note(ノート)
いやまじで。ほんとこれ。反省した。そして忘れない。

@h_ototake
新入社員向けのSDGs研修(全員ZOOM参加!)の中で、このnoteを紹介させて頂きました。

「誰一人取り残さない」というSDGsのコア・メッセージの意味を、今だからこそ考えさせられます。

@h_ototake
なんという…。
しっかり理解したいし多くの方にも読んで頂きたいと思いましたのでシェアします。
こんな時、つい自分のことだけ考えがちですが。

@h_ototake
こんな状況下で要介護の方は
より不安が多いんじゃないか…
と感じていました。

けど、そっか!こうした側面も!

乙武さん、
ありがとうございます♬.*゚
お誕生日おめでとうございます!

@h_ototake
良記事。

【選択肢を増やしてほしい。それが私の願いです。】

@h_ototake
同じ状況下に
置かれている訳ではないれど

『自由に仕事ができない』
『自由に遊びに行けない』

これだけはわたしも
今に始まったことではないから。

読んでいて重くて深かった。

.
@h_ototake
声を上げる事が大事。リーダーってすごいなぁ。乙武さんのラジオが好きでたまらないわけだぁ。
@h_ototake
今家でやることない、って人たち読んでください、3分で読み終わります。
サービス介助士のインストラクターとして、まさにこの記事にある多数派が作り出している障害に気付き取り除く考え方「障害の社会モデル」についてをお伝えしています。多様な心に寄り添えるように精進。

44歳を迎えた私から、みなさんへのお願い。乙武 @h_ototake
ご一読ください。

@h_ototake
コロナで不便です!ストレスです!期間限定だから耐えられる

この苦痛をずっと耐えている人がいる。そんなことを、この記事を読むまで考えも想像もしなかった
@h_ototake
一般社会で生きづらさを感じながら生きてきた「怒り」の感情を思い出した。白か黒かの世の中に、生きる人一人ひとりにたくさんの色があるのだと表現したい。このままだと悔しい。

@h_ototake
考えさせれられる記事
多様性を認め、選択肢を増やそう。

@h_ototake
できないことが増えた、から「選択肢がふえた」へ。習慣が変化するいまこそ読みたい。
@h_ototake
選択肢を増やすこと
人として当たり前の権利を享受できること
まだ「あんなに進まなかったのにね」を実感出来てはいないけど、大きく変わって欲しい
@h_ototake
そうなんだよね。本当にそうなんだよ。忘れてはいけないことを言ってくれている。
乙武さんのことは好きではないけど、これはおっしゃる通りだと思う。
@h_ototake
自分にとっての「当たり前」が、どんなに恵まれていることだったのか。。
人それぞれの「日常」のありかた。。
他者に思いを馳せることの大切さ。。
いろいろ考えるきっかけになりました☺️

@h_ototake
ずっしりときました、、、
昨日の乙武さんのnoteにありました

@h_ototake 私は当事者(障がい者)ではないので
乙武氏の気持ちはよくわかる

と言うと偽善者でしかないけど

自分の身に置き換えると
わかることもあります
乙武さんのいろんな発信で気に障ったり同意できないことが増えて距離を置いていた私ですが(いらん前振り)、今回のは紹介してくれる人がいて、読んで、読んで本当に良かったと思った。🙏 @h_ototake
@h_ototake 乙武さんの言葉は、世間に聖人のように誤認されてた頃より、私たちと同レベルでゲスい奴とバレた今の方がストレートに響いてくるな(個人の感想です)
声を出してくれる人がいて、偶然見つけました。
@h_ototake
> 世の中には、コロナが蔓延する前から、そうした生活を強いられてきた人々がいることを。
この観点、めっちゃ大事だな。。。

@h_ototake
コロナ後にやがてやってくる「日常」にも多様な選択肢が残り続けるよう、リモートワークの先駆者である弊社ができること、貪欲に探したいと思います。
@h_ototake
この機会にコロちゃん終息後も選択肢の増えた世の中が続きますように。
これ本当に大切だと思う。忘れてはいけないですね。
乙武さん、ありがとう&おくればせながら、お誕生日おめでとうございます。
@h_ototake
今回のコロナの件で、世の中には昔から、『外に出たくても出られない』『人に会いたくても会えない』人がいるんだってことを、より感じれたんじゃないだろうか🤔

自分が辛い思いをしたことで、同じ思いをしてる人の気持ちが分かったんじゃないだろうか?🤔
@h_ototake
多数派の中に居るのか❓🤔
それとも。。。
読むと自分の立ち位置が
解ります☺️✨

いつも勇気を持って立ち上がってくれて、ありがとう 🌟✨
有ることが難しいのが有り難いなのに、なかなかふだん思い至りません、恥ずかしい。

2日遅れて、お釈迦様の誕生日に私に届いたことにご縁を感じたのでシェアします

多くの人に読まれますように。

@h_ototake
同意です。健康と社会参加を支援する私たち作業療法士は、先を見越して今回のピンチをチャンスに転換する活動をどんどんしていかなければ。

@h_ototake
局面に立ってみて、分かることもある。大事なのは、そのことを忘れないこと。

@h_ototake
コロナ禍をきっかけに、ノーマライゼーションの実現が進むことは素晴らしいなと思いました💕

@h_ototake
これは必読!
社会が変わると、見えてくる視点がある。いままで見えていなかったことに気づく。
コロナが収束しても、日常に戻れない人々がいる。

悔しいですよね。
あー、今までまったく耳を傾ける機会がなかった。と言うか見ようとしてこなかった……。

   ::::

@h_ototake
これを機会に“選択肢を増やしてほしい”ということ。 / @h_ototake
そうか。。そうだよなぁ。。
気づかせてくれてありがとうございます。
満員電車が無くなる日がきたらもっと嬉しいなぁ…😌 

@h_ototake
これはぜひ色々な人に読んでもらいたい。

@h_ototake
お誕生日おめでとうございます。
わたしもコロナは早く収束してほしいです。
ただ、「早く速く」と「ゆっくり遅く」の間の軋みのようなものが解消されていくのも、いま感じています。どうか良き方へ。

@h_ototake
選択肢を増やす、そしてそれを受け入れていく、ダイバーシティを叫んでいる私自身にも刺さる言葉です。

@h_ototake
「『お願い』という表現でないと、却下される」状況。これも怖い。障害の社会モデルでは、「障害者への配慮」というより、「『多数派へ最適化の方法のみが標準とされ、他の方法は無検討という、発想』が問われる」のでは?「選択肢無し」が「物理的バリア」で片づけられる危険
本当にそう思います。

@h_ototake
乙武さん。
教えてくれてありがとう。

@h_ototake
「できるようになったこと」の裏側にある声、しっかり心に留めておく。読めてよかった。
乙武さん、44歳おめでとうございます。

@h_ototake
アイ・アム・レジェンド /  @h_ototake
本当に選択肢と言う観点は、
幸せの原則
選択肢作りを続けていく

@h_ototake
選択肢を増やす

乙武さんの言葉に胸に突き刺さった

ホンマにそうやなって…

このnoteは目を通してほしい
今の私たちが考えるべき視点だから

@h_ototake
考えさせられた。

いろんな視点を持つように意識してたけど
それでもまだまだ自分の気づいていないことだらけ💦

でもここで知れた。
ってことはまた可能性が広がったってことだ!!

@h_ototake
選択肢を増やすことで車椅子ユーザや難病を抱えている人でもライブハウスや小さな劇場を楽しむことが可能になる。@h_ototake
たくさんの人に読んでもらいたいです。
あなたにとって生きやすい世界が、わたしにとっても生きやすい世界になる。んじゃないかな。
@h_ototake
コロナが収束しても、忘れてはいけないこと。特にエンタメ業界は、ライブをオンライン配信(有料でいい)してほしい。気持ちが落ち込みがちなとき、音楽に救われるから。
@h_ototake
自分が不自由になって初めて分かる、いつも不自由を強いられている人たち。
乙武さんの声を、ぜひ知ってください。お願いします。

@h_ototake
もっと見る (残り約349件)

記事本文: 44歳を迎えた私から、みなさんへのお願い。|乙武 洋匡|note

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。

いま話題の記事