TOP > ネタ・話題 > 閉店のお知らせ|青池隆明|note

閉店のお知らせ|青池隆明|note

284コメント 2020-07-13 10:18 | noteキャッシュ

こんにちは。 株式会社フェリーチェの青池と申します。 東銀座にイタリアンレストランを3店舗経営しております。 いつもはFacebookやInstagramを使って、お知らせや告知をしてきたのですが、今回は長文になるのでnoteにて初めて投稿します。 大変残念なお知らせですが、この度弊社3店舗のうち、 「トラットリア・ダ・フェリーチェ」「ラ・ボッテガ・デルマーレ」の2店舗は閉店致します。 トラットリア・ダ・フェリーチェは7月31日(...

ツイッターのコメント(284)

東京のほんの片隅で起きたこと。
経営者のこの意思決定はどんな時代も心打たれます。
このnoteを見て知りましたが、これだけの想い持ってやってるお店のストーリー読むと行きたくなった。。。

そして新たなチャレンジ応援!
テリーヌ・ショコラ買いました!届くのが楽しみ☺️
誰かにとって大切なものが無くなるということ。
移住前に友人と飲んだお店だ! そのお店はなんとか残るみたいだけれど
リアル。
浜松市の街中もどうなって行くのか。
切ない。政治家にこの声は届いているんだろうか。自分たちは議員歳費に守られて、やることはコロナ感染者の数の発表とヒアリング。一度、あれだけの血を流して、再発は何としても防がなければならなかった。そのために立法措置は欠かせなかった。残念でならない。
ラ・ボッテガ・デルマーレは大好きな先輩編集者との秘密基地みたいな場所で、一時しょっちゅうそこへ集まっては飲んでいた。さみしいです。>
彼氏さんが「彼氏さん」になってくれるほんとうに直前に。
まだ同期でしかなくて、年内最終的出社日お疲れー!って二人で呑んでいたお店が大変なことになってるらしい…😢
語彙力ないんだけど、悲しい…。
コロナ…。
Jさんの言葉には涙が溢れます。コロナ禍後、青池さんが悩み苦しんでいた後姿を幾度となく見てきた上での言葉だったんでしょうね。
東京飲食店のリアルを読ませて頂きました…
ここまでお店・従業員の方に向き合いそれでも決断を迫られる。覚悟のnoteでした…

『閉店のお知らせ|青池隆明』
リアルな記事…創業10年後の企業の生存率が6%と言われる中、このコロナ禍で廃業を余儀なくされた企業たくさんあるやろなぁ…うちも4月にコアメンバーで数字の共有と今後についてリアルな話したもんね。
読んでて胸が詰まった
Go Toで約4200万円の献金?
国民の金で遊んでんじゃねーよ。
勘違い、クソ権力者ども、しっかりと読んどけ。
晴れた日の銀座とは思えないほど人通りは少なく、どの飲食店も手持ち無沙汰にソワソワしていた。
ちょうど満腹時に銀座にいたので、並ぶ名店のメニューを見ては彼女に今度来ようねと言ったけど
今度はあるのだろうか。
with コロナ
何店かあったお店も一つになるみたい…😅
行きつけの小さめのお店が同じ道を辿ると想像するとグッとくる…。オフィスの近くのあのお店や昔住んでたあの街のお店、、
銀座に3店舗のイタリアンレストランを展開する会社が、うち一番小さいお店1つを残して2店舗閉店するとのこと。ここまでの経緯が書いてあります。
泣く。
自分はたまたま飲食ではなかっただけ。同じ判断をいつしいられるかもわからないと思い生きねば。
そして、お世話になってる飲食店に何かできることがないかは本気で考えねばと思う。
”続けるも地獄、退くも地獄です。”オフィス街レストランの窮状、胸が痛い……。
これが飲食業の実態なんだな
読んでいて辛かった
秀逸な店舗らがやられていくのを見聞きするのはこれからもっと増える可能性大。

立地(住宅地)と業態(人気の焼肉)のおかげだけで生き残れそうな強運を拝受できてる事に、それを忍びなく思う気持ちが少しあります。優秀な飲食人が失われてく。。。

fromさとう

閉店のお知らせ/
こういうタイプの人は必ず復活する日が訪れる👍
(コロナの影響で都心のレストラン3店舗のうち
       2店舗閉鎖する経営者さんの経緯)

「閉店のお知らせ」
お疲れ様でした
これも同じ。お気持ち表明する暇あるなら、融資に駆けずり回れって話で。気持ちはわかるけどなぁ
テイクアウトや感染防止対策をしてもこうなります。
私も含め、多くの経営者がいま悩んでいるのはこういう事じゃないかな。
こういうのを読むとやはり自分は恵まれているのだなと痛感する。合掌 →
閉店を決めた店長のお知らせ。
読んでいて哀しかった😢
飲食業がコロナ禍で閉店ということはその後は大家の収入が減るということ。需要減
の連鎖が続けば信用収縮まではあと一歩
私も飲食店をしていたので、身を切られる思いで読みました。
自身の実力や努力でどうにもならない部分で日々の現実に曝されてもなおこれだけの気概を持てるのは単純に凄いと思います。応援しています。
東京と言えど、場所毎に事情はかなり違う。
これも、東京の一つのリアル。

文章の最後の方に、これからの時代への大事なことが書かれていた様に思う。

足を運んだことはないけれど、これから頑張って頂きたい。
ショック!富山の魚と白ワイン好きだったのに!ボッテガイア残ってよかった😭
東銀座の3店舗のうち2つを閉鎖かあ・・・
同じ経営者として感情移入無しには読めない…。とりあえずお菓子購入しよう。
テイクアウトをすればいい。EC始めればいい。席を間引きして営業すればいい……そんなことじゃどうにもならないことがわかる。
都内の飲食店のここ数ヶ月が綴られています。次の数ヶ月どうなるのかどうするのか。正解なんかないんだろうけど、多くの人が迷っているところ。
経済規模の縮小というのはこうやって進行します。
明日コロナが終息したと仮定しても、このように縮小した経済は、もう元には戻りません。
干支が一回りする様な世代交代を経て、運が良ければ元の姿に戻るのでしょうが。
こういう銀座で人気だった店がやっていけなくなる事態を見ると世紀末感がズズーっと広がる。

ゾンビの蔓延る世界がきちゃったね、みたいな。

インバウンドっていつ戻るんだろ。
コロナが落ち着いたら残る1店舗に行ってみたい!
場所は東銀座
コロナ渦さえなければ、客筋も良く順風満帆の筈だった
自粛時も解除後も一向に戻らない客足、断腸の思いで三店舗中二店舗閉店、残りの店舗もガイドライン遵守なら満席でも越年?
現実が余りに厳しいよね
うむ。日本は欧米諸国よりもサービス産業従事者が多いために在宅勤務できないって新聞にあったが、如実だねえ。東京の産業構造もガラリと変わるかもねこのコロナ禍は。>
この投稿に巡り会えてよかった。

この数ヶ月で数えきれない終わりと
変化があって。
また、これからたくさんの始まりと
変化があると思います。

元には戻らない。

形を変えて再生か。
新しく生まれ変わるか。
読んでて辛くなった。
これが現実、、、

閉店のお知らせ|青池隆明|note
切ないな。サイトぶっ飛ばされてアフィリ事業縮小した時の事を思い出した。

あの時は、牛角さんに本当にお世話になった。1人だったら決断遅れて死んでた。本当に感謝しかない。

「事業は縮小しますが、命まで取られたわけではありません。」
最近読んだ文章の中で一番滲みた。
こうして現場で頑張りながら諦めなければならない人たちが大勢いる一方で、不誠実な連中が国の舵取りをしている。
私ごときが言うのはおこがましいのですが、文章を読むだけでも素晴らしい経営者様だなと伝わってきます。
どんなに無念だったでしょうか。
その断腸の思いは絶対に楽な方に逃げた訳ではない。

閉店のお知らせ|青池隆明|note
もっと見る (残り約234件)
 
本文を読む:閉店のお知らせ|青池隆明|note

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

PR