TOP > ネタ・話題 > 瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』特設note|note

瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』特設note|note

17コメント 2020-06-30 03:32 | noteキャッシュ

2019年に夭逝した瀧本哲史さんが、2012年6月30日に10代20代を集めて「君たちの力で世の中を変えよ」と檄を飛ばした〝伝説の東大講義〟。それから8年後、再結集を約束した「2020年6月30日」を記念し、このnoteを立ち上げました。講義を受けよ、そして#瀧本宿題で投稿せよ!...

ツイッターのコメント(17)

「自分の力で世界を変え、パラダイムシフトを起こせ」という一見無謀そうで熱く、ただ中身を聞くと切れ味の鋭い瀧本哲史さんの言葉。自信がない、若くない、他にやることがあるなど理由をつけ本当のHomeworkをやっていない自分に気づき背中を押された。ぜひ30代だからこそ。
およそ8年前の大学院生の時に瀧本先生の書籍「僕は君たちに武器を配りたい」に出会った。「コモディティ」への危機感やものづくりにおける「ストーリー」の大切さは今の仕事に生かされている。学生時代に受け取るメッセージとしては大きかった。
十代の頃読みたかったと思う反面十代の頃だったらどれだけ理解できてたのかなとも思うけど意外と十代ってそれなりに大人だったよなと思ったりした
2012年の段階では日本に希望を持っていたそうだけど、瀧本氏が死んでいなければどう思っていたのかな。2020年の状況は圧倒的に2012年よりも悪くなっていると思う。
瀧本哲史先生の特設ページできておる。感動。
@RINSAN1213
7/6まで全文無料公開なそうなので、一読をお勧めしますよ。
亡き瀧本哲史さんが約束した『2020年6月30日にまたここで会おう』
面白かった。チャレンジできることを放棄している自分に甘えがあるなと思ってしまった。限定公開だから暇な人はみたらいいと思うよ。
2020年6月30日はおわってしまったけど、伝説の講義、面白かった。この本を本棚に差し込んでおいて、思春期のむすこやむすめが勝手に読むっていう展開を仕込みます。そして全力で若者を応援する。
『2020年6月30日にまたここで会おう』の配信、素晴らしかったです。リベラルアーツで裏打ちされた、力強く、そしてユーモアに溢れた講演。8年前に聞きたかったけれど、今聞けてよかったとも思います。明日も頑張れそう。書籍もnoteで無料公開中なのでぜひ……😌
たまたまTLで見かけてタイトルが気になった「2020年6月30日にまたここで会おう」、noteで読めるので一気に読んだ。もっと若い時に読みたかったなー。8年前って何してたっけ。今まで「自分で考える」ことは出来てたかな?でも今からでも出来ることはあるよね。
今日読もうと思ってた本が、全文公開されている…!

瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』期間限定全文公開
なんぞやと思って調べてみたら全文Note公開されているとのこと…
すごい臨場感でのめり込んで、午前中を全部これに使ってしまった。リモートワークのいいところ。笑
たぶん当時この場にいても僕はなんのこっちゃ理解できなかっただろうな。いまから宿題探すところからやらねば。
また8年後なのか、新しい〆切をください。
若者はみんな読もう 今晩の配信を見よう!
#2020年6月30日にまたここで会おう

にて #全文掲載 されています

学生の方はこの機会にぜひ読んで欲しいなぁ~
そして何かを感じ取って欲しい
OVALでメンターついてもらった瀧本さん。
そして今日は2020年6月30日。
これ今日か。

瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』特設note|note
以上
 

いま話題の記事

PR