TOP > ネタ・話題 > 与えすぎて奪わぬように|Dai Tamesue(為末大)|note

与えすぎて奪わぬように|Dai Tamesue(為末大)|note

46コメント 2020-06-05 06:48 | noteキャッシュ

我が家には教育方針がないけれど、もし何か選ぶとしたら『与えすぎて奪わぬように』が方針だろうと思う。自分の人生の経験から、人生で最も重要で得難い力は、後天的にもたらされるものではなく、全ての子供が内側に持って生まれてきていて、大人はそれをとにかく邪魔しないようにしなければならない。 教育のパラドックスは、子供が教育が好きな人はつい子供に関わりたくなってしまうが、むしろ関わらない方が子供が成長する場面において、情...

ツイッターのコメント(46)

日本の教育システムは思考停止だからね。受け身の教育では限界があるよ。レールの上で物事を考えては意味がない。能動的な教育システムに変換していかないとダメだよね。

@daijapan
親としても、育成に携わる人間としても、とても大切なもの…

@daijapan
与えすぎて奪わぬように

人生で最も重要で得難い力は、後天的にもたらされるものではなく、全ての子供が内側に持って生まれてくる、と語る為末大さん@daijapan。答えすぎないこと、教えすぎないこと、誘導しすぎないこととは。
すばらしい教育方針。

こう育てられた子は、非認知能力も自己肯定感も高まる。自力ある人になる。

自分の教育に対する考えを再確認させられました。

@daijapan
少し前のnoteだけど。
子どもと接する人は必読ですね。
「身につけてほしい力は、生きることを面白がる力」

大人になった今の自分にも、とても響く言葉。

与えすぎて奪わぬように|Dai Tamesue(為末大) @daijapan
子育ての考え方にはっとさせられる記事でした。

「言語化」とか意識高い言葉なんで使いたくないけど、こういう心の奥底にある言葉を引っ張り出してくる力を、きっとそう言うんだなと思いました。

与えすぎて奪わぬように|為末大 @daijapan
放ちすぎて奪ってしまうこともある。
問いかけ考える(お互いに)ことも大事。
為末さんの話はいつも深くて面白い、
@daijapan
身につけて欲しい力は、生きることを面白がる力だと思っている。それさえあればどの道をいこうが、どのような着地をしようが、失敗しようが成功しようが、人生は面白い。(続)

@daijapan
いろいろ考えるべきことが頭に浮かんでくるいい記事

何より、なるほど、と自然に思えることが素晴らしい

@daijapan
この感性が為末の言葉で綴られていて胸がギュッとなりました。

教育方針って難しいものですね。正解だと思ってもすぐに答え合わせできないし、そもそも正解なんてないのかもしれません。。

@daijapan
僕は質問されたら全部答えていた。
自分で仮説を立てて考えさせることは大事なことなんですね。

自分が思いつかないような発想をする子供に魅力を感じる。

子供ほしい、、
答えを言ってしまうのではなく、
あえて言わない。
そうすると、
そこから生まれる仮説から
新しい気付きや面白い発見がある。

面白いことがあればある程、
人生めちゃくちゃ楽しい。
間違いない。

@daijapan
「多分私が重要だと思っているのは、仮説が当たっているかどうかではなく、仮説が生まれるかどうかなのだろうと思う。疑問と仮説さえあれば人生は好奇心で満たされる。」

@daijapan
「身につけて欲しい力は、生きることを面白がる力だと思っている。それさえあればどの道をいこうが、どのような着地をしようが、失敗しようが成功しようが、人生は面白い」

@daijapan
私も昔から聞いたことに対して、親はいつも「なんでだと思う?」と答えを教えてくれたことって一度もなかった。

そして、一人っ子だったにも関わらず、高校から親離れさせてくれた両親には感謝しかない。

@daijapan
「身につけてほしい力は、生きることを面白がる力」

読み終えて、この『面白がる』という表現に為末さんの想いが凝縮されていると感じました。想像する力が創造にも繋がっていくんだろうなあ。

@daijapan
@daijapan 詰まってる。
答えすぎないこと、教えすぎないこと、誘導しすぎないこと。

@daijapan
俺の友達(子ども)が言ってた「経験泥棒」って奴だな。

対子どもに限らず、待つことの出来ない大人が多いよね。

一瞬グッと待つことによって、「子どもの発見」を「発見」することが出来る。

@daijapan
@daijapan 最近子供が「わたし今から何すればいい?」って聞くことが増えているとは感じていた。
おそらくこれなんだろうと思う。放っておく愛情を意識しなければ。
同意。
大人のほうが子どもの純粋さ、興味から学ぶ事多いと感じてます

@daijapan
生きることを面白がる力
大人になっても。
大人同士であっても。

言い換えられますね。

私は親からもう少し与えて欲しかったところもあるんだけどww

そこらへんだよな。
いろいろやらかす。

@daijapan
なんで?と聞かれるとつい答えを教えてあげたくなる。
そこで親がどんな言葉を返すか。
ここの文章凄く好き。>身につけて欲しい力は、生きることを面白がる力だと思っている。それさえあればどの道をいこうが、どのような着地をしようが、失敗しようが成功しようが、人生は面白い。

@daijapan
教えるという行為をする自分にも、想像力の乏しい自分にも、両方刺さる
為末さんって常時ファイティングポーズ取ってるイメージ

@daijapan
子どもの頃から
WHYを考える癖がつくと
クリエイティブな大人になるのかなぁ
@daijapan 身につけて欲しい力は、生きることを面白がる力だと思っている。それさえあればどの道をいこうが、どのような着地をしようが、失敗しようが成功しようが、人生は面白い

まさしく。
人に聞くのが恥ずかしくて自分で考えるしかない学生時代だったけど、それが逆に良かったのかなと思った。

@daijapan
末っ子が伸びるのは多くを与えてもらえず、競争があるからかな
"身につけて欲しい力は、生きることを面白がる力"
なるほどなあ

@daijapan
相手の「今」だけでなく「将来」を想像しながら関わっていくことが出来ると、こういった考えに近い感覚を持てるんじゃないかと思っています。

@daijapan
これ読んだら、わたし与えすぎていた気がする、、

わたしの親は、奪わぬようにしてくれたと思う。
 
進路だってすべて私に決めさせてくれたし、それらはわたしの自信になってる。

@daijapan
気づきが沢山ある文章で何度も読みたくなる。

教育を共育と考えて、子が前に立ち、様々な問いと仮説を持てるような環境を作ってあげたいな

与えすぎて奪わぬように|Dai Tamesue(為末大) @daijapan
同感。

"身につけて欲しい力は、生きることを面白がる力だと思っている。(中略)そのためには、答えすぎないこと、教えすぎないこと、誘導しすぎないこと、が大事だと考えている。"

@daijapan
子育てにおいて知っててもやってしまいそうになる……関わり方は大事

@daijapan
大人は環境整備やバックアップ、サポートすることは大事ですがあくまでこどもが主役ですもんね。

本人の選択や迷う時間、意志を奪わぬよう、大人から見た効率ばかりを求めすぎないよう気を付けたい。

@daijapan
ほんとにそうだな、わたしもほどよく
放置されてたから、色んなことに好奇心もてた。疑問と仮説さえあれば人生は好奇心で満たされる。

@daijapan
うう、この発想が羨ましい。

@daijapan
ほんとにそうだな。末っ子で心から良かったと思うことは、程よく親が僕に無関心だったことだ

与えすぎて奪わぬように|Dai Tamesue(為末大) @daijapan
モノもそう。機会もそう。
子供が自分で立てるようになるためには
与えすぎてはいけない。

おもちゃの与えすぎは
考える力を奪うと思っている。

何かを与えないと遊べない子になってしまう。

@daijapan
サッカー・久保建英選手のご両親は「良い意味で放置して、次男のように育てた」そう

> むしろ関わらない方が子供が成長する場面において、情熱によって子供に関わりすぎて、子供の成長を阻害してしまうということ

@daijapan
ほんとにそうだなと思います。気軽に「教えてくれる」「与えてくれる」人は親切に感じますが、他方で元々子どもに備わっている大事なものを奪っているなと。

@daijapan
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

PR