TOP > ネタ・話題 > ローソンのPBデザインについて思うこと #ローソンPBに思う|カラスの社長の個人的なnote|note

ローソンのPBデザインについて思うこと #ローソンPBに思う|カラスの社長の個人的なnote|note

128コメント 2020-06-06 18:50 | noteキャッシュ

この件に関しては、あまり口を開かないほうがいいだろうと考えていました。どう言葉を選んでも「批判的な立場」になってしまうからです。僕だってできれば喧嘩はしたくないし、誰からだって嫌われたくもないのです。 しかしハフポストの「ハフライブ」にローソン社長の竹増さんが登場して↓のような企画をやることになったそうで、そのきっかけとなった最所さんにも↓というようなコメントをいただいたの...

ツイッターのコメント(128)

さすがにこの納豆のパッケージで種類を視認するのは酷だ..
「意」の匠。かっこいい。
歴史も範囲もずっと手前からの情報設計→今ここ、このものへの具体化。

> 僕はデザインを「意匠」と訳した人を尊敬しています。「意」の匠なのです。複雑な環境の中で「意図、意思、意味、意義」といった「意」を形にする仕事なのだと思います。
高校の美術の先生が言ってたけど、ポスターを書くときは絵よりも文字の方をしっかり描けと言ってたな。それを思い出した
この言葉に尽きる。

「デザインは美意識の追求です。それは表面的な美ではなく、思想や意思を込めた意味での美意識です。それは哲学であり、倫理であり、人間らしさの希求です。」
デザインは「意」を形にする仕事。
当たり前の事しか書いてなくてビックリした。今その当たり前の事が出来ない装飾屋(デザインを理解出来ないデザイナー)に仕事させたローソンは報いが売上となって帰ってくるだろうね。
このリンクがガッツリはまって気持ちよかった、視点が素晴らしい

ていうか「視覚障害のことまで考えたデザインは稀」とか頓珍漢なこと言ってる奴いたけど「今回は極端すぎるだろ、視覚問題なくても視認性悪いだろ」って話抜けてるから
デザイン(意匠)は“「意」の匠なのです。複雑な環境の中で「意図、意思、意味、意義」といった「意」を形にする仕事なのだと思います。逆に言えば、「意」のないところにデザインはありません”:
『「バズったんだから成功だ」という言説には、僕は断固としてNOをつきつけたいと思います。少なくとも今回の落ち着いたデザインは、こんな騒ぎは望んだものでなかったはずです』
"(日本のコンビニを)訪れる人の数は膨大であり、性年齢国籍を問わずあまりに多様です。今のコンビニは「ダイバーシティ」に対して「コンビニエンス」を提案しなければいけません。"

ローソンのPBデザインについて思うこと @MAKINO1121
「僕はデザインを「意匠」と訳した人を僕は尊敬しています。「意」の匠なのです。複雑な環境の中で「意図、意思、意味、意義」といった「意」を形にする仕事なのだと思います。逆に言えば、「意」のないところにデザインはありません。」

@MAKINO1121
ローソンの件は、これが一番わかりやすく納得できた。
とてもわかり易く共感できる内容でした.
そして,意匠とは,確かに良い言葉ですね.

【ローソンのPBデザインについて思うこと】
問題が整理されていてわかりやすい。「この国には『デザイン教育』がもっと必要だと実感します。」という意見もうなづける
|カラスの社長の個人的なnote|note

『高齢者や視力の弱い方、外国の方、働く人々への配慮がかけていると言われても仕方ないと思います』

自分も相当目が悪いので、正直、本当に読めなくて困る😢
じっさい行ってみたけどあれはダメだよ。ほんっと何がなにか分かんないよ。あれがいいと思った人コンビニとか行かないんじゃないの。確かに品出しする人も地獄だろうね。肌色も不気味
ローソンのPBパッケージデザインへの意見について
こちらのnoteに記載されている内容に全面的に賛同致します
特に、元コンビニ店員の立場から!
悪魔のおにぎりのデザインをした方のデザイン論。とても勉強になる内容→
「デザインとは、様々な事情や文脈を汲み取った結果の最適解を探すこと」
ローソンのおにぎりのパッケージは、本当に食欲に直結してきて、買おうと予定してた味があっても、パッケージがこっちも美味ぇよ?ってぶん殴ってくるからなぁ。
記事も、とても分かりやすい
デザインを考える、選択する上でとても学びになるnote。

💪デザインは意匠である。意図や意義を形にし、最適解を提案することである。
→個人の趣味ではなく、何が背景•課題であり、それに対する意図は何かを考えることが重要。
“「悪魔のおにぎり」のデザインやキャラクターをつくったり、今回話題のプライベートブランドのデザインもしていました”

“もっとも重要だった「コンビニエンス」を捨てしまったのではないか”

ローソンのPBデザインについて思うこと
自分はセンスが欠落しているのでデザイナーにはなれないけどこれはもっともだと思った
給付金の申請書でも思ったけど、ダイバーシティ×インフラにおけるデザインってまじで難しいんだなぁと。誰もが納得できるデザインは無理。

@MAKINO1121
とても腑に落ちる考え方。デザインを変えようとした意図はわかるけど、やはり今回のは失敗と言わざるを得ない。
遠くない業種の仕事をしている身として勉強になります。
カラスの社長の個人的なnote
『デザインは美意識の追求です。それは表面的な美ではなく、思想や意思を込めた意味での美意識です』この一文を読めて良かった。悪魔のおにぎり買ってくるわ。
私が言いたい事を全て言ってくれてる‼️
@MAKINO1121

言う権利と知識を持った人がぴしっと言い切ってくれた。そう、意なのだ。
筆者のデザインに対する理念が感じられて面白かった
「デザインは美意識の追求」「表面的な美ではなく、思想や意思を込めた意味での美意識」「哲学であり、倫理であり、人間らしさの希求」
 ↑
人の生き様も同じかな。

「 」(カラスの社長の個人的なnote 2020/06/06)
|カラスの社長の個人的なnote|note

すごい説得力
このnote記事はとてもいい


小売業は消費者がいないと成り立たないけど、意思表示は大事
消費者に媚びすぎないってのもたまにはいいんじゃないかな

こういうのは色々と考えるキッカケになって良いです
上部だけのデザインと、デザインをコンセプトや実利に消化する人の違いが明らか。
意匠の「匠」は伊達じゃないとわかる良文ですね。

|カラスの社長の個人的なnote|note
アタシ初めてローソンのこれ系見た時、「どれが何か全然分かんない」と言う隣の同居人に「デザイナーも通したやつも何も分かってない!」とかイラついて話すメリル・ストリープ編集長風になってました。
でも糖質減シリーズありがたいから通う〜♡
「~今回のデザインの一番の問題点は、もっとも重要だった「コンビニエンス」を捨てしまったのではないか (中略)「わかりやすさ」「親切心」は「コンビニエンス」の大事なファクターだと思います」
----
(牧野圭太氏)
ランド!(੭ᐛ )੭⁾⁾
読んだ。ここきた。

(前略)デザインを「意匠」と訳した人を僕は尊敬しています。(中略)複雑な環境の中で「意図、意思、意味、意義」といった「意」を形にする仕事なのだと思います。逆に言えば、「意」のないところにデザインはありません。

カラスの社長の個人的なnote
この国には「デザイン教育」がもっと必要だと実感します。「デザインはあらゆる事象に関わる」ものであり「よりよいものを社会に生み出す」ために不可欠な思考と技術です。

ここは本当にそう思います。
旧デザやってらっしゃる会社のご意見
ローソンのBPデザインの件、別垢のほうで書いたんだけど、私の感想は「ローソンは万人向けの店形態から特定層…特にミニマリスト向けに舵を切ったのかな」でした。この方の仰る事は、だからよくわかる。
それはそれとして、うちの大学、デザインの講座ちょっとだけありますw
|カラスの社長の個人的なnote|note

意匠という言葉について考えたことなかったので学びがあった
ローソン美術館に現代アート観に行ってるんならそれでいいのか知れんけど、コンビニであるローソンに食いもん買いに行ってるんだよなあ。
そう。これ。最初から言ってるけど、ローソンの新デザインにおける「果たしてコレはコンビニの為のデザインかい?」って所がまさに焦点なのよ。
まぁこれ、例えばローソンが「客層を若者に絞るという意思表示です」って言ってしまったら、そこまでの話でもあるんだけどね。
>「デザインはあらゆる事象に関わる」ものであり「よりよいものを社会に生み出す」ために不可欠な思考と技術です。
この件についていろんな記事を読みましたが、(著者の方が爆心地に近いこともあってか)すごく腹落ちする記事でした。コンビニならコンビニエントであることが大前提なんですよね……。『 |カラスの社長の個人的なnote』
ローソンのPB商品のデザインが一新されたけど、この分析と議論だけで2時間は飲み会できるな。

成否は、継続的な営業利益の増加につながるか否か。

普通に考えると、マスであるコンビニがニッチ戦略をとっているので営業利益は下がると思うのだが、いかに…
“正直に言えば、今回挑戦しようと思ったであろうことには共感もしています。雑然としたコンビニではなく、整理され、統合されたデザイン。欲望を訴求するのではなく、理性や知性で選ばれるデザイン。”
以前ローソンのパッケージのデザインしてた方の記事は判りやすい。
ローソンのPBパッケージ実物みたら想像以上に商品写真のところ小さくて見づらかったなぁ…
コンビニという業態の多くの売り場を占めるには適してるとはとても言えなかったですね…
あーたしかにこのサムネの納豆のバリエーションは辛みがありそう
もっと見る (残り約78件)
 

いま話題の記事

PR