TOP > ネタ・話題 > 小さな一歩のお客さまへ、これまでの経緯のご説明|株式会社小さな一歩|note

小さな一歩のお客さまへ、これまでの経緯のご説明|株式会社小さな一歩|note

23コメント 2021-04-08 10:31  note

株式会社小さな一歩です。私たちは、全国のひとり親の皆さまに、安心して養育費を受け取れる保証サービスを提供している会社です。 本日は、 ・小さな一歩のサービスにお申込みいただいたにもかかわらず、長...

ツイッターのコメント(23)

これもっと早い時期の説明にはならなかったのかな

"養育費については、債権として譲渡されたのではなく、保証人として取得した求償権を行使しているに過ぎない、という立場であると整理しました"
「新潮に記事が出まして弁護士事務所と色々もめてましたが、前澤社長もまだ関わっていますし、厳しい声もあるけど評価ももらっていて私達は頑張っています」
と、ダラダラごちゃごちゃ知らんがな。非弁活動にあたらないかどうか決めるのはあなた方じゃなくない??
誰の言ってる何が真実で、どこに本質が隠れてるかわからん。
昨日、奇しくもこのNoteとこの動画をほぼ同じタイミングで見た。

■ これまでの経緯のご説明
後で読む(読むとは言ってない)
やっとなんか話しが出てきたのか。
不履行が発生する前から保証していたのならまだしも、不履行が発生している段階で保証契約締結して、即保証債務履行して求償権行使するなら、それは事実上譲渡だろ笑
事業内容読んだけど結構面白いねぇ

養育費を
1、滞っているので元からの契約どおりに請求する
2、契約が無いので、契約して請求する

1にはすぐに2か月分を養育費をお支払いしてから
請求する
2は弁護士を紹介して~、なので時間がかかりすぎる
前澤さん養育費回収ビジネス降りたのか。
Laymenが保険会社作ったら起こりそうなことが実際起きたと
お客様への説明と銘打ってますが、実際は新潮からの取材を受けてゲラも出来上がって本日発売分への掲載確定となり、これはまずいと思って慌ててこの記事を出したように見えますがどうでしょうか?(๑╹ω╹๑ )
前澤さんの例の養育費のやつ
要は
・払われてない人の申し込み
殺到
・予想を上回る養育費払いたく
ないマン
が原因
なに悠長に任意回収目指してんねんとしかいいようがない。普通の頭持ってたら債務名義あるやつは片っ端から執行、その金で債務名義ない分も支払いをしながら調停→債務名義化って仕組みにするだろ。
まあ、そうなるよね以外の感想がない。
前澤さんが出資した養育費保証サービスのその後
安定して養育費をもらえそうな人は回収代行を頼む理由がないから、どうしても回収率が悪い人たちが集まる仕組みよねえ、これ…<
こんな事業があるのか。
養育費の保証とは。
そして案の定というか…
色々あった小さな一歩の経緯説明。
ビジネスの見切り発車がもたらした混乱であることは明白なのに言い訳に終始。MVPをつくって検証をしてから改善して拡大していくのがセオリーなのに口コミ含めたバズり+未検証モデルの顧客拡大で破綻したと考えるのが自然。
我慢して読んでいたが「想定を下回る元パートナーからの入金」の所で耐えきれず噴いた /
「感謝の声もいただきました。」とか「現在では、元パートナーとの養育費のお支払いに関する合意も、以前とは比較できないほど進み始めました。」とか,ひとり親の時間をいたずらに奪っておいてなぜここまで根拠も不明なまま自己正当化ができるのかが不思議。
小さな一歩をご利用の皆さまへ

サービス開始してから2021年3月までの経緯を、皆さまへご説明させていただきます。

ぜひご一読いただけますと幸いです。

今後も、ひとり親の皆さまにとって安心してご利用いただけますよう、スタッフ一同尽力させていただきます。
と思ったらこういうのがリリースされた
昨年5月に私が設立し、現在は事情により取締役をすでに退任している「株式会社小さな一歩」ですが、設立からこれまでの経緯について会社公式noteで発表しました。養育費未受給のひとり親の皆さまは是非ご一読いただけると幸いです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR