TOP > ネタ・話題 > 【雑記】なぜお笑い芸人の多くは、批評を嫌う傾向があるか|伊藤聡|note

【雑記】なぜお笑い芸人の多くは、批評を嫌う傾向があるか|伊藤聡|note

16コメント 2021-01-24 16:20  note

お笑いと批評の関係性 私は以前から、お笑い芸人さんの多くが自分の漫才やコントを批評されることに拒否反応を示す傾向があるのではないか、という印象を持っていました。そのことについてSNSに投稿をしてみた...

ツイッターのコメント(16)

演芸の歴史を踏まえた批評が少ないって所は前から自分も感じていた。
「批評って楽しい。」
を僕は知らなかった。お笑いと批評について考えさせてくれた伊藤さんのブログ。僕とのやり取りも書いてくださってます。
全く根拠のない仮説ですが、面白さにはロジカルに分析できる部分と理屈ではどうしようもない部分があって、後者こそが面白さの核だと感じている芸人さんが多いんじゃないかなどと考えてみたり/
なぜお笑い芸人の多くは、批評を嫌う傾向があるか|伊藤聡|「肯定的な批評もやめてほしい」

(映画雑誌・文芸誌では、創作と批評がうまく共存できている)

歴史、無粋、構造、「生身で観客と対峙するプレッシャーについて」…

とても面白かった
「そんなこと言うんならお前がやってみろ」
「できもしないのに言ってるんじゃない」
こういうことをよく言われたなぁ。
こういうことだと思うんです。

【雑記】なぜお笑い芸人の多くは、批評を嫌う傾向があるか|伊藤聡|note
批評を嫌う傾向 ではなく 否定的な批評を嫌う傾向 だと思うよ。単に豆腐メンタルなんじゃない?

【雑記】なぜお笑い芸人の多くは、批評を嫌う傾向があるか|伊藤聡|note
とっても興味深く読んだ。

・そもそも「批評」とはなにか?
・「芸事」と「キャラ」の混在
・批評=勝手な物言いという芸人側の驕り

がポイントだろうか。M-1の審査コメントだって立派な批評。
昨日書いた文章です。「なぜお笑い芸人さんの多くは、批評を嫌う傾向があるか」という疑問について、あれこれ考えています。読んでね〜👀
あ、ちゃんと分析してる人がいる!私もインスタのやつは自分の中では「感想」のつもりで書いてるけど人によっては「批評」や「ライブレポ」に見られてるのかもね。
斜め読みしてみたけれども、翻っての「批評」とはなにかという意識が完全に欠落しているように思う。このnoteでもお笑いの構造についての分析はあるが、肝心の批評の手付きについての考察がない
メモ。帰ってからもう一度読もうと思う
なぜお笑い芸人に批評を嫌う人が多いのか?という論考。
正直創作者はお笑いに限らず批評を嫌う人が多いのでお笑い芸人に限らないような気もするが、理由はシンプルに「タネや構造がわかると全然笑えなくなる」ということかと思う。
お笑いを一番楽しめるのはまっさらな人。
多いのかは知らんけど。感想と批評の違いをする側もされる側もわかってないから〜とかあるかもしれんね_(:3」∠)_
これ、ずっと不思議に思ってたことかなー。個人的には質の低い批評が多かった(このnoteで指摘されている「演芸の歴史を踏まえた批評が少ない」が当てはまるかな)ってのと、理屈じゃなくて感覚を重視しがちってのがあるのでは
そう。お笑いってこの方の言う「肯定的な批評」までもが統制されてる気がする。褒めるにしたって、どこまで掘り下げても許されるのかがわからなくていつも当たり障りのない表現でまとめてしまう……
"なぜ芸人の多くは批評を嫌う傾向があるのか"の疑問とともに、その前提が共有されながらもなぜこれだけお笑い批評はやまないのか、ということまで考えていて、ふむふむなるほど、と面白く読みました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR