「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴 - ねとらぼ

94コメント 2021-12-21 19:21 ねとらぼ

ツイッターのコメント(94)

この前の漫画村の件も

> 漫画が無断転載されていることを認識しながら広告を提供していた

ことが決め手で賠償請求が通っている

-
またオンライン型海賊版の場合、広告収益が重要になってくるので、私のように広告代理店の方面から攻める手もある。

一方ダウンロード型海賊版だが、一昨年のリーチサイト規制で国内の運営者は激減した。今後はもっぱら海外で、しかもオンライン型が中心となろう。
やったぜ
PV稼ぐ為にクソみたいな事やってた、まとめサイトにも適用されないかな。
「広告主→グローバルネット・エムエムラボ→エール→漫画村(運営者:星野ロミ)という流れで広告を掲載していた」

| - ねとらぼ
赤松センセの功績
2次元嫁の実体化
アホ毛
絶版コミックの収益化
海賊版の追い込み
その他
もう殿堂入りじゃね?
判決確定したら、グレーゾーン金利の話やってたところが群がってマンガ家に営業掛けまくるんやろうな
あっ(察し)
利用者にはお咎め無しか
喜ばしい判決だけれども、もっと金額が盛り盛りになっていかないと・・・ねっ!。。三ヘ(´ム` )ノ
 
PR
PR