TOP > ネタ・話題 > いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりである「5つ」の理由 (1/3) - ねとらぼ

いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりである「5つ」の理由 (1/3) - ねとらぼ

95コメント 2020-05-31 19:06 | ねとらぼキャッシュ

“地獄めぐりエンターテインメント”として文句なしに面白く、“誰もが加害者になる恐怖”を描いた作品としても一級品の映画「許された子どもたち」を解説する。 (1/3)...

ツイッターのコメント(95)

んー、観に行くべきか悩むな。
これ、観たいんだよなぁ。
色んな意味で。
おおう…気になってしまった…
色々と考えるもんあるな、、、これ
「本作は8年の歳月をかけて製作された自主製作映画だ。」

誹謗中傷も関係あるタイムリーな内容だし観に行きたい
見てみたいが、みた後何ともいえないうわぁってなるやつかな
人は被害者である事は受け入れやすく、加害者である事を受け入れがたい。今日の私にとって超タイムリー過ぎる話。
うわぁ…複雑な心境だけど…見ないとな
これ観てみたいな
絶対に観たい!
<< 深く考えさせられる。「人は被害者であることは比較的容易に受け入れられるが、自分が加害者であるということは認めづらい。」そして「子ども“たち”」とは……。
少年法なんか無い方が良いと俺は本当に思う。
私はこの記事読んだだけでお腹いっぱいになってしまいました…。自分の子が加害者側にまわってしまわないよう、気を付けないといけませんね。
世の中的には誹謗中傷による自殺を問題視していると思うけど、その逆を主張するかのような内容。
映画「許された子どもたち」。
いじめによる死亡事件を描く。
これは観たい。そして考えたい。
すっごい気になるけど観たくない映画。
でも気になる。
コロナでこういう作品が埋もれて欲しくないなぁ
これ観たいな…こっちで観れるかな…
これ見たいな。そして学校でも全生徒見たらいいよ。
産んで育てるのが嫌になるだろう
ラブライバー舟橋な
ドローン少年ことノエルがマスコミに紛れて舟橋んちに凸って、ニコ生で家族の顔を開示してたっけ
昨日ユーロスペースで上映スタートした『許された子どもたち』記事。出町座では6/12から上映開始です。▶
見たい……
見るべき作品かもしれない。
子どもと正義の付き合い方をこの映画で見てみるの面白そう
これ絶対面白いだろ
久々に「見たい」と思った映画
観に行こ。
これは相当重いテーマ。だが、実在する現実だ。> -
法の裁きから逃れた場合、待ってるのは社会からの私刑。これは古今東西当然の流れよな。それも不特定多数の全方位から際限なく撃たれるわけで法の裁きの方がはるかに生易しい。
まーた勧善懲悪コンテンツか /
これはなかなか考えさせられる映画な予感が…🤔
面白そうこの映画。
記事読んだだけでもおっかない……
内藤瑛亮監督って先生を流産させる会の映画の監督か それっぽい感じはした
あっ!!!!これ、琴線ベタ撫で、是非見る、見たいが、時間がない、金がない、つくる!時間も金も、がはははは、見よう
この映画は未成年の子を持つ親が見るべき映画な気がする。
自分の子を叱れない親たち。

未成年のいじめも少なくなる気がする。
まだ観てないけど...
一度は観ておいた方がいい映画のなりそう。
なうぶら》 -
「死んだお子さんの名前、ご存じないんですか?」

この台詞効くわ~
親も子も先生も授業参観で上映してほしい。いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりである「5つ」の理由(ねとらぼ)
この映画めちゃめちゃ見たいぞ
罪のない人間だけが石を投げろって
それ昔から言われてるから。
いじめ死亡事件映画「許された子どもたち」が必見5つの理由
正面から予断無く綴られている感がしますね。「いじめ自殺」加害者が親族の社会地位で無罪・軽罪に逃れるは覚えある。人権擁護「人の痛み」感性無いから
※ 確認しておくが『聲の形』fiction言え絶対ありえない
すげえ気になる
もっと見る (残り約45件)
 

いま話題のニュース

PR