TOP > ネタ・話題 > 新型コロナウイルス関連で初の経営破綻 西浦温泉の老舗旅館「冨士見荘」 - ねとらぼ

新型コロナウイルス関連で初の経営破綻 西浦温泉の老舗旅館「冨士見荘」 - ねとらぼ

22コメント 2020-02-25 16:34  ねとらぼ

中国人ツアーの受け入れに注力していたとのこと。

ツイッターのコメント(22)

言うほどコロナ関係なくて草
>ピークの2005年12月期に5億5000万円の売上高を計上していたものの、その後の不振で資金ショートを起こし、13年8月には行き詰まりが表面化していたとのことです。
ネットでみると良さそうな旅館だけれどね。眺めもよくて露天風呂付き客室なんかもあって。コロナの影響が直接こういったネガティブな形で出るのはやりきれない。>
人の集まる場所提供の業種なだけに他人事じゃないんだけど、防ぎようもなかなかないのよね。
一か八かで出勤する以外の方法あれば学びたい。
いやこれ、酷な言い方だけど本来ならとっくに破綻していたと思うのですが…
実際今後も終息の見込み立たないと経営破綻するところたくさんでてくるよね。コロナショック的な経済用語出てきそう🙃
えぇ~!!! まじで∑(OωO; )
西浦温泉…昔行ったなぁ…
宿泊業では、他にも、いったん従業員を全員解雇したところもあるとか。

収束する時期が見通せないのは辛いね。
これから山場を迎えるのだとしたら、氷山の一角……。 /
終わりの始まり
他人事じゃないから…
»
中国人旅行客頼みの経営が、とんだ大ダメージ。元々火の車だったそうだが、とどめを刺された。
それぐらいインバウンド頼みだったというわけか…。それも無くなったら日本どうなるんや。

事業の柱が一つというのはやっぱり不安定ね…。
近場のラオックスも休店中だし、どうなることか…。
破産で事業継続しないのであれば、政府による一括借り上げで野戦病院に転用が可能なのでは、とか言ってみるテスト。 Reading:
辛い

中国人ツアーの受け入れに注力していたとのこと。
それも経営判断の結果。需要と供給のバランスが保てず倒産なんてどの業界でもあるでしょうに🤔

>>
どこかと思ったら蒲郡市だった。影響が出てきてまだ日も浅いのに破綻とは元々自転車操業気味だったかと思ったらやはり資金ショートを起こしていたようで
ホテル業は蓄えがないと今年はキツい。政府への補助金申請も間に合わなかったのかな。> -
とうとうこういうのが出てきたか・・・
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR