TOP > ネタ・話題 > ゲームブック版『ドルアーガの塔』はなぜ俺の中でドルアーガの正史なのか - ねとらぼ

ゲームブック版『ドルアーガの塔』はなぜ俺の中でドルアーガの正史なのか - ねとらぼ

75コメント 登録日時:2019-11-09 19:18 | ねとらぼキャッシュ

そこには確かに、生き生きとした冒険の世界があった。...

Twitterのコメント(75)

ぼくにとってもやはり鈴木直人版ドルアーガが正史だなぁ。ゲームより一冊の本の中に詰め込まれた世界の方が、はるかに広大だった。

この記事を読んで、とうとうAmazonでドルアーガ三部作を購入してしまった。が、スマホでサイコロアプリ使ってプレイするのもなんだかなーと思い、Vueでアドベンチャーシートを作り始めた。なおまだ冒険には出ていない。あれ?
ゲームブックは遊んだことはないけれども、
ボードゲームでTRPGの様なストーリーがあるものは大好物なので、
タイムストーリーズやマイスアンドミスティクスは評価が高くなってしまう。

マイミスの拡張の日本語版、出ないかなあー…(´・ω・`)
「正史」扱い、分かる。世界観が広いんよな。ドルアーガもワルキューレもゲームブックはめちゃくちゃ難しかった。
しんざき氏の愛の溢れたレビュー。
必読。
本当に鈴木直人先生は偉大。
ゲームブックはギルの双子だか従兄弟だかが主役の6階建てのやつしか読んだことないので、これ気になるなあ。モンスターの生活感ってワードにめっちゃ惹かれるU^q^U
Kindle版持ってるけど、PCでKindle版開きつつプリントアウトしたキャラクターシートカキカキするのやりづらくて投げてるな
激同。まさにこれ。久しぶりに本棚から出してめくってみました(ノД`) /
ゲームブック、なつかスィ --
懐かしすぎるマン。やったゲームブック中でランキング1位すわ🙌🏻
ゲームブックは中学1年の時、一人が持ってきた火吹山がもとになってクラス内で超流行った。個人的にはほぼファイティング・ファンタジー系列だけやってた。特にソーサリーシリーズ。 / -
本筋と関係ないけど「火吹山の魔法使い」の表紙が見慣れないなと思ったら、扶桑社版なのね。
そう。やっぱりドルアーガ三部作なんだよなぁ。
あー懐かしい。
内容はほとんど覚えてないけどとにかく楽しかったのはとても覚えている。
あとオリジナルのキャラも違和感なくよく立ってたなぁ。
Kindle 版で復刻されているのはいいけど、ページ移動はどうするのと思ってレビュー見たら、ちゃんとハイパーリンクになっているらしい。→
『もういい。お前の役目は終わった。』

それな!!!!
非常に熱い記事。ドラクエ3と魂斗羅のゲームブックはやっていた記憶があるな。
これ見て知らない人にどれだけ刺さるのかは気になりますが…分かる人にはたまらない記事です。個人的にもゲームブックのベストはドルアーガ三部作ですね。
アニメ化の時にメスロンやタウロスはどうしたんだ!?と錯乱するくらい、自分も好き/
素晴らしい記事
ゲームブックエディタって無いのかしら
ゲームブックはハマったっけなぁ…(;´∀`)
…これ滅茶苦茶好きだった!漢字が読めなくて積んでたけど。今もずっと根っこにある本。
ゲームブック、懐かしいなあ…!
ファミコン禁止時代にマリオのゲームブックで遊んだけど、カメ一族の甲羅で流血したり偽ルイージに殺されたりとかあったような…原作とは全然違うダークな世界観満載だった…!
ドルアーガのゲームブック三部作、面白かったよなあ……
ちょっと昔を思い出した。
最近は、kindleでなのかー。
いや本当に、ドルアーガの塔三部作は、自分にとっても公式でした。
ナムコXカプコンに、ゲームブックネタが、ちょいちょい出ていて嬉しかったり。
あー、挿絵も良いんだよね。うろ覚えだけど、リザードマンがちゃんと左利きで左手に剣持ってたような。
昨日の夜中の反省で鬱々とした気分を吹っ飛ばしてくれた良記事。
確かに、ドルアーガは電子ゲームの方も好きだったけど、ゲームブックの出来の良さで上書きされた感はある。ゲームブックの方はかなりハマったし、復刻版も買ったほどなんだけど、こんなに詳しく覚えてない。記憶力が羨ましい。
鈴木直人版のドルアーガの塔は、2巻と3巻が、良い意味で原作を裏切っているのが面白い
アドベンチャーシードの写真w
小学生の頃読んだわぁ〜懐かしいw
ゲームブックの記事を見て、懐かしいなぁと思いまして投稿。
ソーサリー(東京創元社)とドルアーガの塔はよくやりました。この2作は今やっても十分面白いと思います。自分の家にもあったはずですが、もう無いかなぁ。
これは本当に名作。私もまだ3冊持ってます。ドルアーガ好きな人なら一度見て欲しい!
Kindleでもできるの便利そう。
読んでて無性にまたやりたくなってきた
ズバリ世代。完成度が高くて心に残る作品なんだよねぇ...。
デジタルでこれをやったのがサウンドノベル『街 〜運命の交差点〜』だよね
確か今年の始め頃、Kindle版で最期まで遊んだ。面白かった(´ω`)
ゲームブックぽいゲームアプリもあるけど、ほどよく頭を使って考えながら物語を体験した気になれるのがいい→
とりあえずドルアーガの塔買って来たくなる記事。

ゲームブック版『ドルアーガの塔』はなぜ俺の中でドルアーガの正史なのか(要約)
ウチはファミコン買ってもらえない
家だったので
代りに双葉社のゲームブックを
よくやってましたよ。

ちなみにお気に入りは
ゼルダの伝説とドラクエ。

あぁ何もかも皆懐かしい。
当時夢中で読んだ記憶がよみがえる。特にドルアーガの塔は面白かった。マップも書いたなぁ。Kindle Unlimitedに入っているのでともかく購入!!
こうやって時々鈴木直人のアツい語りが出てくる。やはり名作の力はすごい
昨日掲載いただきましたー ねとらぼ:
ゲームブック版『ドルアーガの塔』は本当に名作で、小学生のとき夢中になった。すべての階のマップを書き出したりしてましたよ…笑
40歳半ば以上の方でないと馴染みが薄いと思うのですが、懐かしい!実は今も所持しています。あと各フロアのマップ作製が楽しかった!でも吊り橋フロアの作成が難しかったw
ゲームブック懐かしいwワイの記憶が確かなら、持ってたのはドラクエ3とオホーツクに消ゆとファンタシースター2とカイの冒険とワルキューレの冒険だったっけか。ゲーム機版とまた一味違う面白さがあったなぁw
|
TVアニメが真っ先に黒歴史な『ドルアーガの塔』・・・
懐かしい~♪ヽ(´▽`)/
ゲームブックとは懐かしい...
ドラクエの持ってたなあ。
割とすぐゲームオーバーになる。
おお、魔宮に魅せられし勇者の滅亡とは懐かしい……
最後の、詠唱したその場では何も起こらない呪文が衝撃的だったな……
まごうことなき名作というほかはない。ぼくがゲームブック作家を志した動機の一つなんだよなぁ… /
思い出話としてなら付き合わなくもないけど、若者に諭すかのような記事はどうにも好みでなく。この記事はちょっとそちらに針が振れてるタイプ。若者なんか知らん俺は俺の書きたいこと書くんだ、くらい古参だけを相手にした記事ならわりといけるんだけど。
(; ̄ェ ̄)懐かしいな、ゲームブック。引き出しから大学ノートに書きかけのゲームブックが何冊か出てきた事がある。どれも完成をみなかったね。(笑)
またなんちゅう懐かしいモノを!めっちゃやったよ!!!
懐かしくて倒れそうなネタですな。
ヘビメタ戦化粧をした……って、それ、今風に言えばビジュアル系な魔法使いな。

メスロンが問答無用にカッコ良かったのは間違いない😍
ドラクエ3のゲームブックは真っ黒になるまで遊んだ覚えがあるな。
4人目の仲間を遊び人にするとちゃんと賢者になるんだぜ!(転職後も顔がピエロのままなのが素敵)
@itm_nlab
「ゲームブック版ドルアーガの塔…懐かしい。確か勁文社で出てたなあ。何故かギルの弟が戦車の上の6階建て塔を冒険するっていう…」
ちょっと待ってよ。このゲームブックは「原作破壊も甚だしいが、ゲームブックとしての出来は最高峰」であって、ドルアーガの塔というゲームの良さは微塵も出てないんだが!
「自由な野良犬の店」懐かしすぎる…
あの頃のTVゲームは表現力の少なさからゲームブックの様に補完できる商売がまかり通ったからゲームブックが生き延びていたのかも知れない。でも小説は無くならないのは何故だ?
好きなものを語る記事とは何故こんなにも読者の心を躍らせるのか

ゲームブック版『ドルアーガの塔』はなぜ俺の中でドルアーガの正史なのか(要約)
@Tomoshibi0509 @kanakotukai 記事読んだらやりたくなってくるやつ
素晴らしい愛に溢れた記事!すべて、「まさに!まさに!」と言いたい!ww
すべてのTRPG冒険者、往年のゲームブックファンへ。
こんな記事を見つけました。
やっぱりドルアーガ三部作はすげえ。
メスロンとタウルス!!古い記憶が甦ったなあー!>
ゲームブック版『ドルアーガの塔』はなぜ俺の中でドルアーガの正史なのか(関連情報)
ゲームブック…懐かしなぁ…
確かに昔はファミコンとか持って無かったり、RPGソフトもあまり無かったからこういうの、すごい楽しかった…でも、ゲームブックやTVゲームだと行動や会話が画一的で、初めてTRPGに触れた時の自由度の高さに感動してハマったのはよく覚えてる。
懐かしい(笑)
ゲームブック「ドルアーガの塔」3部作は当時持っていた。ペンとノート片手にメッチャはまったよ。結構独自の世界観と謎があって面白かった。そしてその部では使わないアイテムが次の部で役立ったりとかなり練られた内容で非常に面白かった。
うわー懐かしい!:
再プレイしたくなったがKindle版か…悩むな。|
主題から完全にズレてしまうけど記事中にあったルパン三世のゲームブックは名作だったと思います
以上

記事本文: ゲームブック版『ドルアーガの塔』はなぜ俺の中でドルアーガの正史なのか - ねとらぼ

関連記事